プロフィール

なおぴよ4

Author:なおぴよ4
バイクと車、家族の紹介〜

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
1131位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国産車
178位
アクセスランキングを見る>>

訪問者

閲覧者数

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

検索フォーム

なおぴよのブログ
CBR250R、CBR900RR、ノア、アルテッツァのメンテナンスと家族の記録
CBR900のヘッドライトスイッチメンテ
前回GWのCBR900での伊豆ツーリングでヘッドライトのスイッチのLoが接触不良を起こしていたので分解をすることにしました。(トンネルが多く、かなり焦りました....)
img20080518232142477.jpg

HIとLOの切り替えスイッチをいじるとLO側が点灯したり消えたりする為、まずはHI&LO接点を分解し原因を探ってみました。
img20080518232212519.jpg

分解にかなり手こずりましたが、やはり画面上がLO側の可動接点ですがバネが仕込まれているのに動きがかなり渋くなっていました。まずは気持ち接点を手前に引き出すとともに裏側のバネ側にグリスを追加。
img20080518232232693.jpg

反対側の固定側接点は火花でも出ていたのか?多少黒ずんでいたので接点を磨いてやりました。
ついでにHI&LOの可動スイッチ部にもグリスを追加、ターンSWにもグリスをたっぷり追加しました。
分解を終え、HI&LOスイッチの部品の復帰がとてもやりづらく20分位苦戦しましたが、組み付け後はHI&LOスイッチは見事復帰し、LO側のヘッドライトの接触不良は解消されました。

元々我が家のCBR900は欧州仕様で片目がそれぞれHIとLOの別々で点灯する仕様の為、リレーがない?とすると電流値が大きく(60/55Wの2灯にしている)接点が細いため抵抗が大きく無理があるのかもしれません。(Ⅰ型と同じはずなのでⅠ型もトラブル出やすい??)

外観が同じスイッチを使っているCBR250の方は20年間ノントラブルですが、ヘッドライトは60/35Wの2灯なのでLOの電流値は約2/3なので本来の設計の限界値?なのかも知れません。ひとまず様子見をしてみます。
二十歳になったCBR250Rとノアの車検
5月で目出たく二十歳となった我が家のCBR250Rのプチメンテナンス実施しました。
5月時点で61800kmを走行しました。
img20080511225953761.jpg

ネットオークションで落札したタンデムシートです。(右はオリジナル、左は落札したタンデムシート)
程度が良くてよかったです。早速装着~!
img20080511225841240.jpg

ついでに、テールランプ部のカウルの爪が割れていたりブッシュが無くなっていたりしていたので、17年程ストックして置いた新品テールカウルを交換しました。
img20080511225919831.jpg

オイル交換、ブレーキフルード交換、その他、二十歳を迎え、多少リフレッシュが出来て良かったです。

また、本日はノアの車検もカローラ店でお願いしました。
走行14万キロちょいでプラグ、ATF、フロントのワイパーゴム、エアクリーアー、エアコンのフィルター等を交換して15万円弱でした。

エンジンのアイドリングが少し冷間時息つきするような症状が出るので、エンジン内を薬剤でカーボンを落とす作業を無料で追加してもらいました。薬剤を使ったため、エンジンオイルとフィルタも無料で追加交換、昨年実施したエンジンのサービスキャンペーンの保証範囲で対応してもらったため、追加費用はありませんでした。

心配していたアルテッツァの17インチホイールもYOKOHAMAのエコスに交換済みでしたが、フェンダーからの張り出しも問題なくそのまま車検を通せました。

月曜からの通勤でエンジンの調子が問題ないか確認しながら走る事になりそうです。
伊豆ツーリング
久々にG.W.の4/28に伊豆に900でツーリングに行って来ました。
ルートは熱海から宇佐見、伊東、城ヶ崎海岸の海沿いの道を通り、伊豆高原過ぎから旧道に入りました。赤沢の別荘地付近にあるループ橋の横で休憩しました。
img20080506092718360.jpg

昭和50年代にはある程度工事が進んでいたようですが、昭和53年の地震?で崩壊したまま放置されているようです。伊豆には旧道があちこちにあります。
img20080506092741347.jpg

その後、河津から下田街道を通り松崎に抜け土肥経由で戸田に行く途中で眺めの良い所で休憩です。
img20080506092808284.jpg

土肥方面と駿河湾です。伊豆の特徴は海岸沿いが険しい急傾斜地を避け、少し標高の高い所に道が造られていることでしょうか?そのお陰で眺めが良く、アップダウンのあるワインディングが多い感じがします。三浦半島、房総半島とは明らかに険しさが違います。
img20080506092848685.jpg

そろそろ疲れが出て来ましたので、修善寺を通り宇佐見を経て帰路に着きました。