プロフィール

なおぴよ4

Author:なおぴよ4
バイクと車、家族の紹介〜

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
1998位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国産車
335位
アクセスランキングを見る>>

訪問者

閲覧者数

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

検索フォーム

なおぴよのブログ
CBR250R、CBR900RR、ノア、アルテッツァのメンテナンスと家族の記録
箱根へCBR900でツーリング
今日は暑かったのですが、午後は少し雲が出て来たので気温が下がるかな?と思い3時過ぎに家を出て箱根の東側の足柄峠経由御殿場で休憩してから長尾峠を越えて箱根湯本に向かってひとっ走りして来ました。下は御殿場でのコンビニで休憩の一コマです。(日立のおまけデジカメの為、ピンぼけです)
img20080719235550977.jpg

あっ、タイヤ交換を先延ばししてましたが、気がつくと思いっきりスリップサインが......さすがに、交換しなければ......我が家の大蔵省様と交渉せねば?!
img20080719235645068.jpg

フロントのヘッドライトは以前分解して接点磨きとグリスアップしておいたので、点灯不良も無くいたって好調です。
img20080719235621687.jpg

いままではFRタイヤが先にショルダー部がスリップサインが出る場合が多かったですが、最近は町乗り比率が高いのかRRタイヤからスリップサインが出てしまいました。
FRタイヤはもう少し大丈夫ですが、もう時間の問題......
img20080719235709519.jpg

連休初日だったため、箱根の宮ノ下から元箱根に掛けてもPM7時を過ぎていたため渋滞も無く無事帰れました。次回は250の出番かな?
フィルムの現像は店次第でした.....
6月の運動会で近所のスーパーの同時プリント750円に出して以来、どうもアンダー気味に仕上がる場合が多く、色々現像所を変えてみました。

どうも最近の安い所はドラックストアやコンビニにしてもISO400のフィルムを出すと色がでません。全体的にアンダー気味なんです。ドラックストア(窓口なだけですが...)が一番たちが悪く、直接現像会社に文句を言ってプリントし直してもらったら甘かったピントもシャープになってました。プリンターのメンテナンス?位ちゃんとやって欲しいです。最近デジタルカメラ全盛期なので今更フィルムの現像にコストを掛けれないのかも知れませんが、ISO100とISO400で明るさが違う(現像での手抜きとしか思えない)とか、プリント時のピントの甘さを気にせず客に出すのは、いくら安くても、もう新たに現像を出す気になれません。(私は24年物のFA本体の露出が狂ったものと思い、16000円出して点検にも出した位です.....)

カメラの修理をお願いした西大井の修理店は試し撮りフィルムを55プリントに同時プリントを出されてましたが、ISO200でとても奇麗にプリントされてました。

では今後、昨晩の花火の写真も含め地元でどこに同時プリントをお願いしようかと色々DPE店を探しましたが、55プリントは少し値が張る為、近所のフジカラープラザと称する個人のカメラ屋さんに持ち込みました。結果はフィルムはフジカラーのISO400でしたが、全体的に明るく色も出ており、奇麗にプリントされていました。個人の写真店なので、プリント時に色補正をしているかも知れませんが、プリント時のピントが甘い感じも無くこれが一昔前は当たり前だったな~といったレベルで申し分なかったです。この店は品質優秀店にも選ばれたようなので、まじめに仕事をしている感じで好感がもてました。ただし、36枚をプリントして現像代込み1500円強で近所の格安店の倍ですが、ポケットアルバムをサービスしてくれるなど、努力はしているようです。仕上がりも30分ちょっとで出来る為、便利です。

デジタルカメラ全盛期の為、フィルムカメラの現像&プリントは値段ではなく、まじめに奇麗な写真を出そうと努力してくれる店でないと存在価値がないですね。今回は現像所を疑う前に24年物のカメラを当然のように疑ったため、修理のハシゴ(銀座のSSと西大井)までしたので、いい教訓になりました。通常の同時プリントの格安店はフィルム現像は適当でデジタル写真しか眼中にないのかも.....いや~ますますフィルムカメラは肩身が狭くなっていく気がします。今回出したフジカラープラザは良い仕事をしてくれるそうですが、店は暇そうでしたので長続きするのか心配です。
MD-15の仲間入りと花火大会
ずっと中学の頃から欲しいと思っていたFA専用のモータドライブがオークションで美品が出ていた為、思わず落札していまいました。FA専用のMD-15は装着するとカメラの電源も供給してくれるのが意外なメリットです。FAにMD-12を装着していると一番電池が無くなるのが早いのがストロボのSB-15、そしてカメラ本体のボタン電池、次にMD-12の順番です。といっても、MD-12はいつ電池を交換したか忘れる位電池が長持ちします。
意外にFA本体のボタン電池がすぐ無くなります。一年持たないかも?値段が高いし最近ではカメラ屋でないと置いてない為不便を感じていた為、単3電池を使うMD-15でカメラの電源をまかなえるのは非常に助かります。
MD-12は普通のアルカリ単3電池8本を入れてましたが、思い切ってMD-15には三洋のエネループを入れてみます。(すでにSB-15も電池が無くなるのが早すぎる為エネループにしてます)
img20080713003016205.jpg

真横からMD-12とMD-15を比べるとモータドライブ本体の高さがほぼ同じですが、グリップのシャッター部の高さが10mm位違います。中学の頃、カメラ店で何度か触った記憶がありますが、すっかり忘れてました、こんなにグリップ形状も高さも違ったんですね。
シャッターを押してみると、MD-12の重低音のメカニカルの重々しい音に対し、MD-15だと音質に差があり、若干軽やかな作動音がします。’77年登場のMD-11がベースのMD-12に比べれば'83年登場のMD-15とでは設計が新しい?ので所々設計思想が変わっています。
img20080713003040804.jpg

MD-15だとFAにピッタリフィットするようにグリップ形状がデザインされています。この形状の差と、グリップ部のシボから縦ジマのグリップが見た目以上にフィットすることが判りました。丸いグリップ+革シボのMD-12に比べるとL型グリップは手にフィットし、滑りにくいです。
MD-15のシャッターボタンのダイヤルにロックボタン「L」があるのが特徴です。
img20080713003102334.jpg

その代わり、モータードライブ背面にはMD-12で存在した電源スイッチがありません。電源スイッチ部は電池の残量チェックボタンがあります。
img20080713003145117.jpg

フィルム巻き戻しのスライダー部がかなり出っ張っているのが判ります。デザイン的に斜めにした弊害なのでしょうか?
MD-15を付けたFAの試し取りに近所の花火大会に行って来ました。
img20080713003126188.jpg

当然、これらの写真はデジカメで撮ったものですが、同時にFAでも撮影してきましたので現像が楽しみです。
img20080713003244700.jpg

ただし今度はスーパーの安い同時ブリントを止め、カメラ屋さんに持ち込むつもりです。(スーパーだとアンダーの確率があまりにも高いため.....)
img20080713003329618.jpg

今年は1時間前に会場に着いたので、ゆっくり場所を確保でき、花火の見やすい場所を確保出来ました。