プロフィール

なおぴよ4

Author:なおぴよ4
バイクと車、家族の紹介〜

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
1877位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国産車
314位
アクセスランキングを見る>>

訪問者

閲覧者数

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

検索フォーム

なおぴよのブログ
CBR250R、CBR900RR、ノア、アルテッツァのメンテナンスと家族の記録
CBR250Rで海辺散策
今日は寒かったですが、天気が良かったので、午前中、海を見にぶらっとCBR250Rを転がしてきました。ここは鴨居港で、対岸は房総半島です。眺めが良くてお気に入りの場所です。
img20090125141654661.jpg

季節柄、海辺で昆布を干しています。
img20090125141709892.jpg

走行は62461キロです。年明けからチョロチョロ乗ってますが、走行キロが少ない為、せっかくの新品バッテリーも心配です。
img20090125141724913.jpg

天気が良いのでそのまま三崎港まで足を伸ばしました。背後に見えるのは1960年に開通した城ヶ島大橋です。
img20090125141807166.jpg

こちらは先々週、JOGのバッテリー初期充電用に購入したバッテリー充電器です。早速、CBR900RR、アルテッツァのバッテリーの補充電に活躍しましたが、念のため、CBR250Rのバッテリーも昨年10月末に買ったばっかりですが、補充電しておく事にしました。
img20090125141849160.jpg

次回はブレーキパッドの交換予定です。
初代JOG 27Vのメンテナンス2
正月に実家の初代JOG 27Vのキャブ回り修理、プラグ交換、ギアオイル交換をした際、おおよそJOGの状態が把握出来たので、正月に引き続き、ネットオークションやバイクショップで消耗部品の手配してきました。
漸くバッテリー、タイヤ、ブレーキシューなどの消耗部品関係が揃ったので、交換作業を実施。今回も実家から我が家に自走をしようかと思いましたが、前回は国道での走行が速度が上げられず苦痛だった(←免許の心配とバイク自体スピードが出ない為、車の流れに乗れない二重苦に懲りた....)為、今回はノアに積んで我が家まで持って来ました。
まずは、下手をすると20年近く交換せず放置していたバッテリー交換を実施。
ネットオークションで長期在庫品を安く入手しました。落札したのはタイ製ですが、偶然にも元々搭載していたバッテリーもタイ製でした。前回は古川、今回はGSの在庫品です。
img20090117232518208.jpg

バッテリ、は希硫酸をあらかじめ注入し、初期充電をし、フル充電状態にしておきました。(今後の事も考慮し、充電器もオークションで落札)
JOGに搭載し、無事セルの快音が響き、早朝のエンジンの冷えた状態でセルの一瞬でエンジンがアイドリングを開始。やはり、セルは楽ですね。
img20090117232535841.jpg

次は、フロントのタイヤ、タイヤチューブ、ブレーキシューの交換に移ります。フォークのゴムシールがボロボロですが、ビニールデープで補強しておしまいにします。
img20090117232605443.jpg

フロントホイールは軸受け部のピンを抜けば簡単に外れます。タイヤは20年近く無交換というとても危険な状態でしたが、IRC製タイヤとチューブを交換。久々の交換作業は要領を忘れたため、ちょいと時間が掛かりました。
img20090117232639442.jpg

ブレーキシューだけは私が実家をいなくなってから一度純正品に交換済みでした。まだブレーキシューの残量もありましたが、ベスラのシューを前後買ってあったので、この際、手間は変わらないので交換しちゃいます。
フロントのベスラのブレーキシューを装着、交換自体は割と簡単にできます。外したついでにブレーキクリーナーで清掃しておきます。
img20090117232744629.jpg

今回、IRCのタイヤとチューブは(おそらく輸入物?)はオークションで入手。ホイールの内側もかなり錆びが回ってました、が、今回はそのままタイヤを組んで終了です。
img20090117232716538.jpg

フロント回りが終わったので、次はリヤ回りです。まずリヤホイール外しに邪魔なマフラーを外したいのですが、シリンダー側のボルトを回す工具スペースが無いのには閉口しちゃいます!メンテナンス性、ゼロの設計ですね。(ヤマハさん、このマフラー取り回しはないでしょー)
img20090117232809198.jpg

まずマフラーを外し、エンジンのファンのカバーを外します。次に、ホイールのセンターナットを外して、あとはプラスチックハンマーでホイール根元を反対側から徐々に叩くことで、ホイールを外す事が出来ました。本当は、何か専用工具を使うべきですね。
新車で買ってから一度も交換していないブレーキシューが漸く顔を出しました。下の写真は、外側から見えるインジケータで既に使用限界のレンジまで来ていただけあって、シューの厚みはかなり減ってました。
img20090117233000545.jpg

新品のベスラのブレーキシューと比べると、パッド部の厚みが半分位しかありません。
img20090117233142739.jpg

リアスイングアーム部の泥を少しだけ23年分を落としましたが、簡単には落としきれないし、時間が無いため、ここも清掃は軽くで終わりです。掃除は切りが無いため、手を抜くしかありません、.....
リヤも先ほどのベスラの新品ブレーキシューに交換です。
img20090117233231346.jpg

外したホイール、こちらもブレーキのドラム部をクリーナーで清掃を実施。タイヤもこの後、交換を行いました。
img20090117233038878.jpg

最後にヘッドライトのバルブの黄色いフィルター部が20年の振動で割れて外れており、見苦しいためこちらも分解することにしました。
....が、復帰する時にバルブを地面に落としてしまい、見事にLo側のフィラメントを切ってしまいました。
img20090117233300206.jpg

交換するつもりは無かったですが、バルブが切れてはどうにもならない為、こちらも急遽ホームセンターに行き、バルブを購入して取り付けを行いました。
img20090117233335083.jpg

フロント回り、リヤ回りとヘッドランプのバルブ交換も漸く完了しました。
img20090117233409168.jpg

最後に、切れてしまったシート表面のレザーの変わりに、こちらもホームセンターでシートカバーを購入し、早速JOGのシートに取り付けました。
img20090118003350101.jpg

試運転や、ヘッドライトバルブなどの部品の購入等していたら、夕方になってしまいました。結局朝の9時から5時まで、途中休憩3時間ぐらい入れてますが、一日仕事になってしまいました。
今回、1月に入ってからのJOG関係の部品代、充電器などの実費は18000円程でした。
img20090117233538808.jpg
走行は14500キロです。23年物ですのでショップにまともに出すと工賃、部品代が高く、もったい無いため、こんな時に、ネットオークションは強力な助っ人となりました。
インターネットが無かった頃ではこのような破格で部品の入手は無理でしたから、自分で交換作業が出来るなら、格安で一通りの消耗部品の交換が可能です。
(ただし、自己責任になります。)
ひとまず、ジョグのメンテは終了です。ここまでやれば、しばらくは放置しても?!大丈夫と予想....たまにバッテリーのメンテとタイヤの空気圧ぐらいでしょうか~
(個人的には、Vベルト交換やハイスピードプーロリー交換などしてオモチャにしてみたいですが、実家の親はスピードが出てしまうと逆に危険な為、ここは手を出すのは保留です.......)

ということで、JOGは無事実家へ退院していきました。
鎌倉 銭洗い弁財天
今日は鎌倉の銭洗い弁天に行ってきました。
散歩がてら北鎌倉から浄智寺から源氏山公園を抜けるルートで、これは私が小学校2年生の時の遠足のコースでもあります。久々に源氏山公園までのアップダウンの山道に一汗かいた所で目的地の銭洗い弁天に着きました。
道路に面した入り口は素堀りトンネルになっており、トンネルを抜けると鳥居がいくつも連なり独特の雰囲気を醸し出しています。
img20090106223225252.jpg

中の境内奥に洞窟状になっている所に入ると銭洗い場があります。
img20090106223259718.jpg

小銭だけでは寂しいので、この後諭吉先生もメンバーに加えお清めしてもらいました。
img20090106223327750.jpg

帰りは鎌倉方面に坂を下って行きます。鎌倉まで1.2kmありますが、静かな住宅街を抜けると駅に到着です。場所が分かり辛く、坂も続く為、三番目の娘には少し疲れたようですが、小町通りなどの表の鎌倉と違い昔から殆ど変わらない独特の雰囲気が鎌倉らしくて私は好きなスポットです。
駅からは遠いですが、適度に歩くのにお勧めです。
CBR250Rのメーターのウェッジ球交換
正月休みも残り僅かの為、ず~っと気になってなかなか出来なかったCBR250Rのメーターの照明が明らかに暗いため、切れていると思われるウェッジ球の交換を行いました。
特にタコメーターの右下と水温系が夜は真っ暗で見えない状態でした。
img20090105222451282.jpg

メーターを久々に外します。意外にもタコメーター下のボルト1本で固定されています。他はゴムブッシュで固定されている為、下にずらすと外れます。
近所のバイク屋で「これだよ」といってもらったウェッジ球は車やCBR900RRではよく使うサイズで大きいタイプですが、このCBR250R(’88年式、MC19)はT6.5というかなり特殊なウェッジ球1.7Wを使用しています。バイク屋には騙されました!1個だけ買ったのでとりあえずCBR900で切れた時に使う事にします。
よくよくメーターの照明に使っているウェッジ球の何処が切れているか?と確認するとスピードメーターの1個位しか点灯しません。タコメーターの上部は照明がついていた筈だったのに.....(外していたら切れた??)
img20090105222512688.jpg

どうせなら4カ所とも交換しようと近所のホームセンターやカーショップに行きましたが、普通の車で使う大きいウェッジ球しかありません。
結局幸浦のナップスまで探しに行く羽目になりました。本来はT6.5というサイズのようですが、似たようなT7というサイズ違いのウェッジ球もある為、間違えないように要注意です。(値段も高い!)
img20090105222542305.jpg

ウェッジ球を4カ所交換し、タコメーター上部だけは緑のカバーを付け替えてなるべくオリジナルのままとしました。下記写真はストロボ無しで無理に増感して撮影しましたが、CBR250Rのエメラルドグリーンのバック照明が復帰し、夜でもメーターが昔のときのようにとてもクリヤーに見えるようになりました。
やはり新品ウェッジ球は明るいですね。
img20090105222647802.jpg

ついでに、ウィンカーのスイッチも動きが渋いため、接点部にグリスを追加しました。
(スイッチASSYを外して中身を少しばらさないとダメな為、グリス追加も面倒です。
img20090105222727119.jpg

次はブレーキパッドとキャリパーのオーバーホールをGW前には行いたいと思います。
(我が家の大蔵省の予算上、4月以降になりそうです。)
初代JOG 27Vのメンテナンス
実家に初代JOG(27V、4.5PS規制後)があり、未だに親が自転車感覚で乗っているのですが、最近とてもエンジンが掛かかりにくいとのことで実家であらかじめブラグ交換がてら少し状態を確認することにしまいた。(正月休みでないと、とても時間が取れないため)

そもそも、私が高1の時に初めて原付の免許を取って初めて乗り回したのがこのスクーターです。結婚する前は私がメンテナンス担当でした。11年振りにいろいろフタを開けてみると凄い状態でした......

まず、本来はこのJOGはBP6HS-10のプラグが付いている筈.......でいきなり外してびっくり、BR6HSとやらがついている!明らかに電極の突き出しが無いタイプ。始めは私が間違って買ったかと思いましたが、私が買って来たBP6HS(1mmギャップ品の末尾10なんて近所のホームセンターには無かったから標準ギャップ品の0.8mm品で代用)をつけてやりました。当然、圧縮もちゃんと?あり、キック一発で始動です。

まず実家では学生時代のギアオイルが残っていたので、それもついでに交換(100cc)。で、ついでにエアクリーナーボックスを開けると、予想通りエアクリーナーのスポンジは殆どぼろぼろになって消滅してました!みんなエンジンに吸い込まれたのか~??
とりあえずクリーナーをガンガンに吹き捲くり、エアクリレスにして近くのスタンドに直行し、ガソリン補充とタイヤの空気も補充。我が家まで27kmの無謀な試運転を実施しました。まず、アクセル全開で1分位走るとエンジンが止まることが発覚!(うちの親はそんな運転しなかったのか、症状に気付かず....)
焼き付きではなく、エンジンがすぐ掛かる為、どうもキャブにガソリンがちゃんと来ていないと予測。なんとか騙し騙し我が家まで走り切り、夜になったので玄関でピット作業開始!
img20090104105050769.jpg

走行キロは多分一回りしているので14500kmか?10年で4000kmペース?まさか24500km??タイヤの減り具合をみると14500kmかな?おれが学生時代に変えたフロントタイヤがまだそのまま.....恐ろしい!
img20090104105130179.jpg

こちらが今回怪しいと思われるキャブ。高3位にオートチョークの配線が切れて私が交換して以来、20年ぶり?の再会。
ガンガンにいつもの安物ブレーキクリーナー!を吹き捲くり、埃、泥、油を落として行くと何から中央の黒いホーズに明らかな亀裂を発見!
img20090104105202470.jpg

これだな~、よく見ると、ガソリンタンクから伸びる右側の負圧コックに繋がっている。普通に走る程度ならガソリンが騙し騙し供給出来たのかもしれないけど、亀裂のためキャブからの負圧が不十分でアクセル全開だとガソリン供給が不十分でガス欠状態になったと推測。っで、亀裂の入ったホースを純正部品を手配するのも面倒なので、ブレーキフルードのエア抜き用に買ってあった透明のフューエルホースが代用出来そうなのでぶった切って装着。ちょっと内径が大きそうなのでタイラップで根元を固定しました。(ついでにエアクリレス仕様が長かったのでキャブが汚かったですが、手抜きで入り口だけ掃除しました)
img20090104105408563.jpg

JOG如きに負圧コックなんで何の為についているのでしょうか?昔はサービスニュアルを持っていたのですが、実家のどこかに埋もれて見つけ出せないので感で修理して行きます。
img20090104105322625.jpg

この後、試運転で全開走行を続けましたが、ガス欠によるエンジンストップもなく、長い直線があればスピードはそこそこでる事を確認。エンジンはかなり復活、ほぼ私の知っているJOGのスピードレベルまで復帰。
img20090104105559749.jpg

翌朝、早朝にエンジンの始動性も確認。ヘナヘナとゆっくりキックすると一発でアイドリング開始しました。やはり負圧コックからの燃料供給もあやしい状態でしたが、プラブも交換したので直ったようです。アイドリングも高回転になっているので、オートチョークもちゃんと作動してそうです。
(なつかしい、ピレリーのステッカー。このJOG、OEMタイやはピレリー履いている限定仕様だったので、私が高校1年の時に貼った物)
img20090104105633070.jpg

とりあえず、今回は切りが無いので、ぼろぼろになって消滅したエアクリーナーを復活させるまでにしました。といっても、メーカーは正月休みだし、部品があるかもしれないが、まとまった時間はもう無いため、近所のナップスに駆け込み、キタコの補修用のエアクリーナーの長方形品を買い、エアクリBOXに現物合わせでカットして間に合わすことにしました。ちょっと純正より厚みが5割増し?って感じですが、本来はエンジンオイルを染み込ませて使うのでそれなりの吸気抵抗があると思いますが、今回はスポンジのみに省略したので(面倒なので)、いいとこ勝負かな?
img20090104105716378.jpg

ワンオフエアクリ装着後実家に戻りがてら試運転をしましたが、それほど高回転でのパワーダウンは無さそうです。さすがにエアクリレスで昨晩走り回った時よりは高回転のパンチがないですが、ゴミの混入の方が心配な為、エアクリは復活は必須と思います。
最後に燃費を計測しましたが、リッター29kmも走るんですね、久々の原付の燃費にビックリしました。