プロフィール

なおぴよ4

Author:なおぴよ4
バイクと車、家族の紹介〜

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
2700位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国産車
454位
アクセスランキングを見る>>

訪問者

閲覧者数

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

検索フォーム

なおぴよのブログ
CBR250R、CBR900RR、ノア、アルテッツァのメンテナンスと家族の記録
900で江奈湾へ散策
先週のヘッドライトの配線修理をしたので、試運転をかねて三崎方面へ走りに来ました。途中、前から気になっていた江奈湾の横で小休止です。
img20090426125555742.jpg

湾の奥はススキ?が一面に広がっており、三浦半島でもバイクで来れる所でここまでのどかな所はなかなか無いと思います。
img20090426125628862.jpg

時間的に丁度干潮時だったようで、潮干狩りの方がいます。
img20090426125654711.jpg

この先、三崎口に向かって高台を走しましたが、本日は余りにも横風が強くバランスを取るのに気疲れするので、試運転を終了~。
img20090426125718920.jpg

天気はいいのですが、バイクは風が強い時はちょっと厳しいですね。海が大荒れでした。
肝心のヘッドライトの配線は問題無しでした。走り足りないので、夕方には風が治まるといいのですが......
CBR900RRのヘッドランプハーネス修理
夕方、昨日のRH側のバルブ交換したにも関わらすLOが点灯しない為、バルブが切れたかと思い、またバルブを外して確認するとどうもフィラメントが切れた気配がない為、新車時のパルブに付け替えてみると点灯しません。
もしやと思いLH側のLO側配線の分岐コネクターをグリグリ回してみると点灯したりしなかったり......。
この分岐コネクターの接触不良が犯人でした。
我が家のCBR900は元々欧州の左側通行向けのLO側が片側の仕様で、当時の車検に通すためイギリスの2灯式用ヘッドランプに交換が必要だった為、新車の時からこの分岐コネクターが付いてました。
img20090419235523804.jpg

さすがに、距離による振動?のせいか接触不良を起こしやすいはず、この手の分岐コネクターは信用ならないので半田で固定することにしました。
でも、これが想像以上に苦戦しました。まずハーネスを外すのは大変なため、車載のまま半田付けしようとしましたが、極悪の作業スペースと、半田ごても20年物で先端に万遍なく熱が伝わらないものしかなく悪銭苦闘。2時間掛かってしまいました。
img20090419235543077.jpg

漸く、左手がしびれまくりましたが、テーピングも完了して作業終了。
img20090419235608666.jpg

14年目、2万8000キロ走行すると、マイナートラブルが増えて来ました。
img20090419235642528.jpg

バルブの交換が不要で良かったです。無駄にまた新品バルブを買う所でした。
教訓は、「バイクで分岐コネクターは禁物」ということでしょうか?
走水の夕日
昨日、マフラーとヘッドライトのバルブ交換をしたので、夕方試運転がてら走水の夕日を見に来ました。
img20090419202928043.jpg

昨日、交換したヘッドライトのバルブは好調でいた......、がこの後、ものの1時間後には交換したばかりのバルブがもう切れてしまいました。
う~ん、いくら980円の中国製とは言え、寿命が1時間とは.....
バイクが悪いのか~~~、こんどは名の知れたメーカーにしてみます。
電圧の異常があるなら、左のバルブも切れても良い筈なのに(同じ980円)こちらは切れない。バルブの交換作業が非常に手間なので、バルブの代金もさることながら、久々にへこみました.....。
img20090419202947612.jpg

三浦半島で東京湾側から海と夕日が見えるのは私も走水以外では知りません。ちょっとした穴場です。空気が澄んだ冬場なら、富士山が見えたはず。
img20090419203006706.jpg

来週末は、パイク屋にヘッドライトのバルブと睨めっこしてそうです。
バイク屋に行くと、ホームセンターと違って、種類があって選べるのが魅力なのですが、逆に値段がそれなりに高価なため、どれにするか悩んじゃうんですよね~~
CBR900RRマフラーとヘッドランプメンテ
今日は天気が良いので、久々にCBR900RRの洗車をしていた所、マフラーの付け根のリベットカシメ部にガタが発生しているのを発見しちゃいました。このままでは車検も怪しいが、この症状、2年前の車検前にも発生し、再発してしまいました。サイレンサー部を6カ所のリベットだけてカーボンパネルを挟んで固定してますが、カーボンがどうしても振動で削れてガタが出てしまうようです。
img20090418220546680.jpg

再発した為、対策として0.8mmの樹脂ワッシャーを追加し、リベットの頭よりワッシャー外径を大きくして面圧を下げてリベット部の荷重集中の緩和を狙います。
img20090418220618649.jpg

折角サイレンサーを外してバラしたので、アルミのパイプとの付け根部がかなり錆びて腐食していた為、ついでに磨きました。リベットのワッシャー追加でどれだけガタに対して効果があるかしばらく様子を見ます。
img20090418220646383.jpg

マフラーをバラしたので、いつものように試運転に出掛けると、最近はどうもついてないのか右のヘッドランプが切れているじゃないですか.....夕方でやけに暗いなと思ったら切れてました。まだ去年3700k位の安物に交換していたのですが、左は大丈夫でしたが、右のヘッドライトのバルブは青い部分が変色し、白い筈の光がだんだん黄色くなってきた為、嫌な予感がしてたら、予感的中です。
やはり中国製はバラツキが大きく、ハズレを買うとかなり早めにバルブが切れてのでしょうか?今回も懲りずに近所のホームセンターで買ったH4バルブのバイク用を購入しました。980円のやはり安物です。
img20090418220735604.jpg

CBR250Rもそうですが、この頃のバイクは本当にバルブ交換が大変し辛いです。
バルブとコネクターは非常に外しにくいし、バルブとヘッドライトユニットの固定もバネを使った固定で、非常にメンテナンス性が悪いです。
img20090418220805911.jpg

明日、再度試運転を行う予定です。
三渓園散策
今日は会社が休みなので三渓園に行って来ました。
ここは明治39年から一般に開放された日本庭園と重要文化財のいくつかの古い建築物が移築、展示されています。今回は国道側の南門から入ります。南門付近は昭和30年代まで海だったそうです。
img20090413161640940.jpg

三渓園は外苑と内苑に別れており、外苑は明治から一般公開されていたエリアで内苑は昭和33年まで原家の私邸として使われていたそうです。回りは工業地帯、住宅街に景色が激変してますが、三渓園の敷地内は山がそのまま残っているようです。まずは南門から反時計回りに園内を散策します。
img20090413160136083.jpg

松風閣という名の展望台に向かいました。その昔は関東大震災まではレンガ造りの建物があったとのこと。良く見渡すと展望台麓にレンガの遺構?らしきものがありました。
昔は展望台の下は海岸だったそうですが、今は首都高の車の音がとてもうるさいです。京浜工業地帯の煙突も近代化の象徴に見えます。
img20090413155725348.jpg

尾根づたいに京都の旧燈明寺の三重塔を横目に下って行くと白川郷から移築した合掌造りの巨大な古民家が姿を表します。丁度茅葺きの屋根の補修作業中で、建物に近づくことは出来ませんでした。
img20090413155755051.jpg

大池の中央から三重塔がきれいに見る事が出来ます。三重塔のすぐ下ではそのスケールがよくわかりませんでしたが、少し離れて下から見上げると丘の上に建っている為、より大きく見えます。この旧燈明寺の本堂も池の反対側に移築されています。
img20090413160022988.jpg

池の中央部にある木で出来た橋を渡ります。欄干の木がかなり痛んでいたのが気になりました。
img20090413160045981.jpg

途中、正門の近くに枝垂れ桜?がまだ咲いておりました。
img20090413160108240.jpg

正門側から大池越しに三重塔が良く見えます。この池、何か大きな石?!がゴロゴロあるのが気になってよーく見ると....
img20090413160231863.jpg

甲羅干しをしている亀たちでした......
img20090413160416372.jpg

こちらは原家の旧宅の鶴翔閣といわれる原家の旧宅とのこと。このような旧宅が内苑にはいくつもあります。どの建物も数百年前の物ばかりで、通常は建物内には入れないようですが、時間や期間限定で見る事が出来るようです。今回は時間がなくて内部公開時間(14時~)まで待つ事は出来ませんでした。
img20090413160303320.jpg

内苑も奥に入ると月華殿という建物があります。周りに新緑のモミジがあり、秋はとてもきれいだろうと思います。なぜか赤いモミジ?がありました。この建物、規模は小さいですが1603年建築で当然重要文化財です。
img20090413160440556.jpg

さらに奥に進むと聴秋閣という京都二条城から移築された春日局ゆかりの楼閣だそうです。こちらも江戸時代の1651年建築です。このスポットが三渓園で一番日本元来の侘び寂びを感じる景色だな~と気に入ってしまいました。同じく京都から移築された三重塔との景色が、タイムスリップした空間を醸し出しています。
img20090413160529027.jpg

三渓園は小学校の遠足でも来た所ですが、それから30年余経ってから見て回ると、改めてスケールの大きさに驚いてしまいました。いくら生糸で財を得たとはいえ、京都や鎌倉からこれだけの建物を移築して、明治から一般に開放していたというのにも次元の違いを実感しました。
ある意味、これだけの日本庭園に京都や鎌倉の建物が凝縮されていると考えると、紅葉シーズンは尚、趣きあっていいでしょうね~。また秋に来ようと思います。
CBR250Rで西伊豆スカイラインへ
今日も天気が良かったので、CBR250Rで西伊豆まで行って来ました。土日は箱根周辺や伊豆スカイラインなど、神奈川県側、伊豆半島なら相模湾側が何処も混んでいてあまり行きません。もっぱら伊豆に行く時は西伊豆の方が富士山も見え、眺めも良いので戸田、土肥周辺を走り回るのが私の定番コースになってます。
img20090412212308349.jpg

こちらは以前は有料だった西伊豆スカイラインです。前方は駿河湾です。標高は900m近いです。
img20090412212437921.jpg

ちょっとしたパーキングは土肥側に2カ所あります。ここの下界は土肥の町になります。以前は西伊豆に来た時は海沿いに大瀬崎、戸田村を通りに戸田峠経由で西伊豆スカイラインに着ていましたが、最近は西浦からショートカットして真城峠を通るルートが道がかなり改良されて走りやすくなった為、密かな定番コースとなりつつあります。
img20090412212501038.jpg

下の土肥周辺は海沿いに富士山も見え眺めが良いのですが、土日は特に車も多く思うように走れないので、ゆっくり景色を見たい時は海沿いへ、短時間でコーナーを満足いくまで走りたいときは山の上を走ります。
景色も見て一服できたので、修善寺に向かい帰路に付きます。
img20090412212519303.jpg

さすがに桜はどこも葉桜状態でした。先週でしたら桜が満開できれいだったでしょうね~
CBR250Rのメーターメンテナンスと葉山
2月に中旬にふとタコメータのリング部の錆びと硬化してシワシワのスポンジをどうにかしたくて、メーターの集中メンテナンスを開始しました。下はメンテナンス前です。
img20090411202127319.jpg

タコメーターのスポンジやメーターの黒いリング部は既に補給部品は欠品状態なので、仕方なくスポンジはホームセンターで10mmの黒いスポンジと2mmのゴムシートを接着して元の板厚を再現しました。一番苦戦したのは穴開け作業で、追加したゴムシートはスポンジだけでは弱いので剛性アップで追加したのが仇となり、とてもハンドメイドでは加工しづらくて苦戦しました。外形も修正を繰り返しているうちに、予定より小さくなってしまう部分が出たりと、出来は70点でしょうか....
img20090411202147924.jpg

どうせタコメーターをばらしたならついでに、メーターの板金のリング部を外して塗装を剥離してラッカースプレーで再塗装しました。固定している黒クリップも灰色に劣化していたので、こちらは部品がまだ手配できたので新品に交換しました。
ここまでで気が付けば、塗装の失敗続きで2ヶ月掛かってしまいました。最初は錆びを落として洗剤で水荒いしてから直にスプレーで塗ろうとしたら、垂れるははじくは、あげくに乾燥中に落としたりと悲しい位失敗の連続で、スプレーでの塗装の難しさを今更ながら勉強してしまいました。試行錯誤の上、200円の安物ラッカースプレーから、メーター部はつや消し黒、ステーは速乾性のツヤあり黒のラッカースプレーにグレードアップさせるとともに、キチンと塗装の剥離とサーフェーサ、脱脂材も使うようにしたりと、気がつけば補給部品がまだあれば買った方が間違いなく安くなった筈.....
img20090411202214173.jpg

軽い気持ちで同じ黒ならとミラー固定部のステーも錆びていたので、一緒にスプレーで再塗装を始めてしまったのが、更に失敗に拍車を掛けてしまいました。
最終的に、自分で妥協出来るレベルにするのに、たかがステーでこちらも2ヶ月掛かってしまいました。こちらも本日まとめてバイクに取り付けして復帰しました。スピード、タコともメーター内をバラしたついでに掃除しました。樹脂カバーも内側がかなり汚れが付着していたので、一緒に掃除済みです。
今回のメンテナンスで改めて教訓となったのが、ステーのようなツヤを出したい部品は一気に厚塗りは禁物であること、これは嫌という程体験することに....。2月の寒い時期は、バイクは走るよりメンテナンスの時期と決めたものの、塗装はなかなか乾燥しない時期なので向いてません。速乾性のスプレーで薄く数回掛けて塗り、後は単純なステー部のみコンパウンドで磨くのが正攻法でした。
img20090411202229853.jpg

タンクを外したりとバラした部品が多いので、いつものように夕方になってしまいましたが、試運転がてら葉山の森戸海岸までCBR250Rを転がしてきました。ここは学生のころから眺めがよいので、バイクでちょいと海を見たくなった時に来る定番スポットです。森戸海岸からは鎌倉の稲村ケ崎と江ノ島、天気がよければ富士山が見えたはす、今日は夕方ですので江ノ島までは確認できます。
img20090411202251550.jpg

2ヶ月まともに走ってませんでしたが、エンジンはちょくちょく掛けていた為、エンジン等も絶好調です。
img20090411202311887.jpg

葉山周辺で海辺にすぐ面した所を走れるのはこの森戸海岸付近だけでしょうか?
img20090411202328106.jpg

本当は、夕日をバックにCBR250Rの写真を撮るつもりが、走行中エンジン回すとフレームと共振音がするため、よく見るとタンクとフレームの緩衝材のゴムが外れているし....。仕方なく家に引き返して復帰作業をした為、日没に間に合いませんでした。逆にもっと遅くだと鎌倉から稲村ケ崎までの夜景が奇麗なスポットでもあります。江ノ島の灯台の明かりがアクセントになります。
img20090411202344646.jpg

う~ん、簡単な作業ですが、外した部品が多い時はやはり試運転が必要ですね。いきなり長距離のツーリングはやはり危険ですね。
野毛山動物園
昨日、天気が良かったので野毛山動物園に行って来ました。
img20090401222305491.jpg

キリンはやはり背が高いですね~
img20090401222344796.jpg

色々動物を見ましたが、やはり動物との触れ合いコーナーが子供達にはお目当てでした。ハツカネズミは小さいですが、人に慣れているのか??逃げたりしません。
img20090401222422499.jpg

でも油断すると、高い所が好きなのか?!人の肩によじ登ったりします。
img20090401222504345.jpg

ハツカネズミは自由に柱と柱の間を張り巡らしたロープのを行き来していいます。途中で寝ているネヅミもいます.....
img20090401222627161.jpg

触れ合いコーナーの入り口に大黒ネズミがロープの上に載せられました。
img20090401222655659.jpg

しばらくはロープの上で仲良く寝ていましたが、次第に、1匹、2匹と家路に向かうため、ロープの上を上手に渡って行きます。
img20090401222740091.jpg

大黒ネズミは、大きな体をユサユサ揺さぶりながら一気にねぐらに向かいます。
img20090401222803288.jpg

園内には桜も多数あり、まだ3~4分咲き位でしょうか?今週末には丁度満開になりそうですね。