プロフィール

なおぴよ4

Author:なおぴよ4
バイクと車、家族の紹介〜

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
1469位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国産車
254位
アクセスランキングを見る>>

訪問者

閲覧者数

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

検索フォーム

なおぴよのブログ
CBR250R、CBR900RR、ノア、アルテッツァのメンテナンスと家族の記録
CBR250Rのリアサス取付けとオイル交換
浜松のサスショップからCBR250R:MC19のリアサスがオーバーホール完了したので宅配便で送られて来ました。全体がとても奇麗になった状態で、ショップのシールがさりげなく貼られています。
バネの錆びはあまり目立たないのでそのままにしましたが、ロッドは再メッキされてます。シールとバンプラバーが交換されてます。再メッキ代と送料込みで26110円でした。OH不可と言われるショップも多かった中、このように奇麗になって手元に帰って来ると感動しちゃいます。
img20091230230305682.jpg

ちなみにOH出す前はこんな感じでした。これはバイクから取り外し直後ですが、この後スプリングとか手の届く範囲で埃や漏れたオイルを拭き取ってショップに送付しました。見比べると、21年放置プレイしていたのでいかに汚い状態だったのかが分かってしまいます.......ショップの方、汚い状態で送ってすみませんでした。
でも企業秘密なのかも知れませんが、どうやってロットとかばらすんでしょうかね~ガスを入れてどうやってまたフタをするんでしょうか?(圧入??) 浜松でのショップでの作業はちょうど2週間でした。前後で宅配便での送付で3日程プラスでしょうか、殆どがロッドの再メッキに時間が掛かったようです。
img20091212182620271.jpg

交換したシールとバンプラバーです。何処が痛んでいるのか良く分かりません。
img20091230230325189.jpg

早速、フレームに取り付けして復帰です。折角のショップのオレンジのシールが見えませんね~~。こんどは900のOHでも浜松のサスショップさんでお世話になりたいと思います。
img20091230230338455.jpg

ついでに前回、冷却水のリザーバーホースの経路を直しましたが、その後サービスマニュアルや昔のバラした写真を確認すると、フレームのパイプの上下の通し方が間違ってました。下は間違った経路です。
img20091230230356147.jpg

差があるか分かりませんが、本来はフレームのパイプ部の上を通すのが正のようです。
img20091230230414315.jpg

CBR900に続き、250のバッテリーも丸1日充電の為取り外ししてましたが、まとめて復帰しました。
img20091230230505447.jpg

シートカウルRHの爪が1カ所割れてましたので、最近愛用している2液混合タイプのボンドで補修しました。乾くと白くなるので、裏からしか出来ません。
この2液混合タイプは適度な硬度の為、少し撓む事が出来るので振動の激しいカウルの補修には向いてそうです。
img20091230230604421.jpg

ついなので、ビス取り付け部も補修しました。ここは力が掛かるため、普通のプラスチック用のボンドだとすぐ外れる所なんです。
img20091230230621429.jpg

エンジンヘッドOHしたのですが、すぐリアサスを外してジャッキアップしたのでオイル交換を止めてました。漸くリアサスが復帰したのでオイル交換です。オイルは慣らし用としてとりあえず余り物の旧S9と以前まとめ買いしたG2に交換です。ちょっとだけ不足したのでG3の余りも追加しちゃいまいた。部分合成油の余り物でブレンドです。
img20091230230641449.jpg

最後にレッドバロンで先月購入したオイルフィルターも一緒に交換しました。
img20091230230752543.jpg

海沿いを50km程試運転して来ましたが、オイル交換(ブレンド仕様)したので、エンジンが軽く回るとともに、シフトフィールが当然ですが軽くなりました。
エンジンの吹けは特に軽く、4000~15000rpmのトルクがエンジンOH前より格段にアップしています。私の知る限り、今までで一番トルクが出てます。速いです。
ただし、高回転がフラットに回っている感じで、以前のような16000rpm以上で更に回る感覚は消えてます。もう少し距離と、エンジンが十分暖まった後で傾向が変わるのか様子見です。
リアサスもOHしたので、普通に町乗りでもギャップを乗り越えても跳ねる事無く、しなやかにいなしてくれます。乗り心地が良くなりました。
いつもの西湘パイパス辺りを走ればその違いがはっきりしそうです。
ちなみにバッテリーをかなり長めにじっくり充電したのですが、ヘッドライトが明るくなった気がします。バッテリーの電圧が上がった??為かプラグの火花が強くなってトルクが上がったでしょうか??

後はタイヤの交換ですね。漸く年内のメンテナンスは終了です。
CBR900バッテリー充電
アルテッツァ、ノア、JOGに続き、今度はCBR900RRのバッテリー充電です。
CBR900は05年、走行25000km時にレギュレーターの故障でバッテリーを充電不良の修理時にバッテリーの交換しました。この時は、いくら走り回っても充電出来ずバッテリーが上がってしまうのはなぜ??と本人は原因が分かってませんでした。レッドバロンに持ち込むとレギュレーターの不良が見つかりました。
このときは西伊豆に行こうとしていたのでかなり焦りました、伊豆スカイラインで休憩後にセルがまともに回らず押し掛け......、900で押し掛けは初めてでした。急遽ツーリングを中止し帰ることにしたのですが、その後もスタンドでエンジン再始動もままならず、そこでも押し掛け....かなり恥ずかしい思いも....
もともと95年式SC28はレギュレーターは良くなかったようです。01年9月の車検時に18000km走行時にもバッテリーが弱っていたので新品に交換してます。その頃からレギュレーターが徐々に調子を崩し充電が弱かったのかも知れません。CBR250Rは15年以上使えましたから、4年で寿命はホンダのバイクとしては寿命が早すぎるなぁ~と。

そんなこともあり、レギュレーターとバッテリー交換後は絶好調ですが、走行キロが少ないので充電だけはマメにしてバッテリーの延命を図ります。特に、今後ろに止めているCBR250のリアサスを外したままで車2台を動かさないと900が出せなくて走れない為、真冬の前に車に続き900も充電しました。
img20091228085301346.jpg

昨日は実家のJOG:27Vの充電に活躍してたばかりですが、今度は900です。
900のバッテリーも05年11月に交換してますので丸4年経ちました。昨年もあまり走らない冬場は2回程バッテリー充電していたので、エンジンの始動は全く問題ないですが、フル充電を目指し20時間程充電してました。(単に充電器から外すのを忘れてたのですが...)

CBR250Rのリアサスは29日にメッキ工場から部品届くそうで、その日にオーバーホールが完了するとのこと。こちらに届くのは30日でしょうか?
250のレギュレーターも年式的に怪しいのでこちらも本当は交換したいのですが、予算オーバーなので、今しばらく様子見です。
ノア、ジョグのバッテリー充電
昨日、アルテッツァの続き、ノアも丁度一年前にバッテリーを上げて交換してから5万km走行しましたが、最近、セルの回り方が徐々にゆっくりになった気がするので、バッテリー充電をしました。ネットで買ったバイク兼用の出力2.5Aのパワーの無い充電器なので、いつも12時間以上かけてゆっくり充電しています。電圧をチェックまでしていないので、いつもセルの回り方だけで判断してます......
img20091227061507636.jpg

走行キロは22万7794kmです。D2ブランドのバッテリーも1年で4万7000km走行しました。一応充電済みのバッテリーでしたが、なるべくフル充電にしたかったので年明けの1月には充電をしてありました。
img20091227061526801.jpg

そろそろ充電を終わりにしようかと思った時に実家より連絡が有り、実家のJOG:27Vが最近セルの回りが弱いとのことで、急遽、バッテリー充電器を持って実家まで行き、バッテリーを確認しました。今年1月にバッテリー交換&充電を私が実施したのですが、バッテリーの液はアッパーレベルのままでした。セルは回りますが、3回位連続してエンジンを掛けると確かに段々回り方が弱くなるレベルでした。
昨日の夜からバッテリーの充電をしたので、今朝、充電を終わらせJOGに復帰させます。走行は15200km程でしたので、600km程乗ったようですが、やはり買い物などのチョイ乗りだけのようで、バッテリーもかなり弱っていたようです。マメにフル充電が長持ちの秘訣のようですが、なかなかマメに充電も出来ないので、なるべく長い距離を乗ってもらうしかないですが、それを実家の親に期待するのは無理なのでセルの回り方が弱くなったら呼んでもらうしか無さそうです。
みなとみらいホールへ
今日はみなとみらいホールに某大学の吹奏楽部の演奏会に行って来ました。場所はクイーンズスクエアの隣にあります。
img20091220233204375.jpg

車はパシフィコ横浜下のみなとみらい公共駐車場に停めました。通常1時間520円ですが、みなとみらいホールの事務所に行くと350円の割引券が購入出来ます。
img20091220233231214.jpg

周辺は観覧車もあり、イルミネーションもありクリスマス気分ですね~。
img20091220233248983.jpg

ここの大ホールは初めて....の筈なのですが、以前も小ホールで今回の吹奏楽部の演奏会を聴きに来た記憶なのですが、今イチ記憶が一致しません。このホールはでかいですね。来るのが遅いのか、幼稚園児連れだったためか2階席の奥に座席を指定されました。
img20091220233335579.jpg

こちらの吹奏楽部さんとは妻の友人が元楽団員であった縁で、最初に演奏会に来たのはもう21年も前になってしまいました。結婚してから1回だけ子供達を留守番させて聴きにきましたが、子供達と一緒に来たのは初めてです。まさか21年前に子供達と聴きに来るとは夢にも思わなかったので、とても感慨深いものがあります。
また、次回も都合がつけば演奏を聴きに来たいと思います。
アルテッツァのワイヤレスキーの電池交換
今朝、バッテリーの充電が終わり、ドアを開けようとワイヤレスキーのボタンを押しても反応がありません。よく見ると、キーに付いている作動時に赤く光るLED?がかすかに点灯するかどうか.....しばらくボタンを何回かおすと作動しましたが明らかに電池が寿命のようです。我が家にある精密ドライバで外そうとしましたが、これがまた+のビスの頭が小さい事....。
img20091220101027632.jpg

ネジをなめそうな気がしたのと電池も探すのが面倒になり、結局ネッツの開店と同時の電池交換の依頼をしました。
電池交換後は赤のLEDがしっかり点灯するようになり、今まで2m位まで近づかないと作動しませんでしたが、交換後は5m離れてもちゃんと作動するようになりました。
img20091220101051374.jpg

おそらく、新車時から11年間一度も交換してませんでした。漸く新車時のように離れた所から作動するように戻りました.......
部品代315円、工賃525円、値引き後で525円です。

こんな所は作動していればマメに電池交換は普通しないと思いますが、いざ使えなくなるとこれがとても不便なんですね。ケチる部品ではないと痛感しました。
アルテッツァのバッテリー充電
最近、寒くなって来てアルテッツァのセルの回り方が弱くなって来たので、バッテリーの延命をすべく充電を実施しました。
img20091220085422105.jpg

これはノアを買う前に交換したオートバックスブランドのMFバッテリーです。
05年に新車時のバッテリーをから交換したので、4年経っています。新車時のバッテリーは7年使ったので、もう少し頑張ってもらいたいですが、何せ普段妻の足車となっている為、走行距離が少ないのが良く有りません。今年も1月に充電しましたが、また真冬に備え充電させたました。
img20091220085527004.jpg

充電前は11.25V位です。この電圧計は本当に読み辛いです。オマケなんですがせめて目盛りは2V刻みにして欲しかったです。
img20091220085545131.jpg

12時間充電してみました。目分量ですがメーターの電圧計は11.7V位です。
img20091220085611052.jpg

エンジン始動前の電圧計ラフに読んだだけですが、明らかに針の角度は12Vに近づいたので充電の効果はありました。セルの回り方も力強くなりました。
バッテリーの値段が安ければ良いのですが、以前の安い頃を知っていると新品への交換はちょっと躊躇してしまいます
バイクもそうですが、バッテリーを充電するとプラグの火花が強い??のか気持ちトルクが増えた気がします。
CBR250Rのチョーク作動修正
今朝、冷え込んでいたのを見計らってチョークを引いてエンジンを始動しましが、やはりチョークがちゃんと作動していないようでエンジンの回転が余り上がりません。おかしいのでリアサスの取り外しの為にシートカウルを外していたので、ついでにタンクを外してチョークの作動を確認しました。
img20091219135716187.jpg

エアクリーナーBOXを外してチョークケーブルを確認しましたが、チョークケーブルはちゃんと取り付いてました。でもレバーが引ききっていません。
img20091219135134528.jpg

右側を良く観察するとキャブのチョーク機構を連動しているリンクがラジエターのリザーバー行きのホースと干渉しています。
原因がわかりました。リザーバー行きのホースの経路が正規経路のキャブの上側ではなく、下側を通っているため、ちょうどフレームとの空間が不足してチョークの作動不良になってました。
img20091219135153521.jpg

写真キャブの横の出っ張りがチョークの連動リンクです。これがフレーム側にチョーク作動時に出っ張って来ます。
img20091219135216016.jpg

私も以前キャブを清掃した際もミスしたのですが、ラジエターのリザーバーホースを外さずそのままキャブをエンジンに組むと、そのままだとキャブの下側に押され、ちょうどチョークの連動リンクの真横に来てしまいます。
img20091219135242055.jpg

正しくはキャブの後ろ側のキャブとフレームの隙の狭い部分をキャブの上を通す必要があります。キャブはしっかりエンジン側と固定されてますので横にずらせないので、リザーバー用のホーズ自体を外して通し直しました
img20091219140956835.jpg

ASSY後はチョークがキチンと作動し、エンジンの回転が上がりましたので、正常に戻りました。
img20091219135321915.jpg

先日までの埼玉で実施してもらったエンジンヘッドOHの際、ラジエターのリザーバーホースの経路を間違ったまま組まれてしまったのが原因でした。
この後、時間があればオイル交換もするつもりです。

とりあえず、タンクとエアクリーナBOXを外すのは手間でしたが、簡単に原因が判明してよかったです。

CBR250Rの作業の間、最近冷え込みが厳しくなってきてアルテッツァのバッテリーがさすがに弱って来たので充電もさせる事にしました。05年に交換したので丸4年経ちますが、距離を乗らないので放電が進んでいるような気がします......
CBR250RのリアサスOH状況、他
浜松のショップより連絡があり、CBR250Rのリアサスはオーバーホールは可能のようですが、ロッドを外してもらった所、錆びによる表面の凸凹を修正する必要があるそうでで、再メッキが必要とのことでした。
残念ながら、やはり21年経つと錆びは避けられないようです。
ロッドを研磨してメッキを剥がして再メッキが必須とのことでしたので、依頼をさせてもらいました。年内に作業終了が際どいそうです。

来週末はリアサスのOH完了まで2週程は所詮サスを外してジャッキアップしたままで走ることが出来ないので、埼玉のショップでチョークの効きが悪いと指摘されたチョークケーブルの引き代がずれていないか?確認する予定です。
先週、エンジンが冷えている時にチョークでエンジン始動しようとしましたが、確かにチョークを目一杯引っぱってやっと回転が上がるような状態でした。
昨年の10月にチョークケーブルを交換した時は、真冬でもチョークの作動には全く問題なかったため、段々チョークケーブルの付け根がずれてしまったか?もしくは前回のエンジンヘッドOH時にケーブルがずれて組まれていないか?付け根のビスがバカになっていないか等、原因を探りたいと思います。

ついでに時間があれば、エンジンオイルをG2(→慣らし用)への交換とエンジンオイルフィルターの交換もぼちぼち実施したいと思います。

さすがに丸21年のバイクはちょこちょこ部品が壊れたり、調整が必要になったり、OHが必要になったりする為、最近は乗る時間より直している時間が圧倒的に長くなってきましたが、あともう少しと行った所です。ただ、今回のエンジンヘッドOHでは想定外の部品交換やリアサスのオイル漏れが見つかった関係もあり完全に当初予算をタイヤ代分ちょうどオーバーしてしまいまいた。残念ながらタイヤ交換は家族で行くスキー資金優先の為、ちょっと後回しになりそうです.......
まあ、昨年もブレーキキャリパのOHやら錆びた部位の黒塗装などして春を待ちましたが、今年も同じかな......桜の咲く頃までにタイヤ交換まで済まして伊豆のワインディングで慣らしをしたいものです。
ノア スタッドレスへ履き替え
今度の水曜日は気温が低く、山沿いで雪が降る可能性もあると天気予報が出ているようなので、少し早めにスタッドレスに履き替える事にしました。外したタイヤは215900km時に交換したYOKOHAMAのECOSです。
img20091213132753704.jpg

右がフロントに履いていたタイヤですが、ノアに215/45の17インチを履くとやはりタイヤのショルダー部が先に角が取れて行く傾向が強いです。ノアはFFなのでフロントの減りが当然早いですが、左側のリアは減りはフロントより約1万km走行で3mm位少ないです。FFのミニバンはマメにローテーションは必須です。
img20091213132340162.jpg

昨年購入したYOKOHAMAのスタッドレス:IG20です。昨年19万kmでスタッドレスに交換し、15000km程走っております。昨年も12月末に交換してますが、今年は2週間程早めに交換しました。
さすがに、4本交換するとかなり重労働です。交換後、最後に空気圧をチェックしますが、1.8気圧位しかなく、2.4気圧狙いで少し高めに入れましたが、何せ中学時代に買った高圧タンク付きの空気入れで入れているので、100回位手で押すのが一番堪えます。コンプレッサーなどがあれば良いのですが......もう、腕がパンパンです。
img20091213133006284.jpg

現在226000kmです。今シーズンでこのスタッドレスも溝が無くなると思いますが、何回雪道を走るでしょうか?去年は5回位でしたが、95%はアスファルトを走ってますので、正に高い保険代ですね。
img20091213134547397.jpg

毎日、通勤で標高450mの峠越えがあるので、気温が低いので正に冬支度といったところでしょうか?油断すると、3月頭位まで雪が積もるのでここはまじめにスタッドレスにしますが、2シーズンしか持たないのはとても財布に厳しいです。
お陰で最近、タイヤはオークション経由でしか購入しなくなってしまいました。
CBR250Rのリアサス取り外し
先週、埼玉のショップから自走して来ましたが、リアサスのオイル漏れの修理の為、取り外しを行いました。シートカウルを外し、リアブレーキのリザーバータンクも外すとフレームとの付け根のボルトが漸く外せるスペースが生まれます。
img20091212182521448.jpg

下側も右ステップを外さないとT型のボックスレンチが入らないので外しました。ジャッキアップの前にあらかじめナットを緩めておきました。
img20091212182504115.jpg

ジャッキを何処に当てようかと場所を探しましたが、フレームも当てる所が無く、エンジンのオイルパンは凹んだら困るのでエキパイの溶接の集合部にしました。凹んだらがっくりですが....
下のリンク部のナットは特に硬くしまってました。通常のL型のラチェットでは緩められなかったかもしれません。T型のボックスレンチで両手でやっと緩められるかどうかで、かなり硬く締められてました。
img20091212182538421.jpg

外したリアサスです。思ったよりも錆は少なかったです。オイル漏れ自体は量が少なそうなので、ある程度漏れきってしまったのかも知れません。
img20091212182620271.jpg

ロッドにはぱっと見、錆びとかは見当たりませんが、ここで錆びがあるとメッキ代+8400円とオーバーホール期間が2週以上延びてしまうそうです。
img20091212182635230.jpg

ひとまず、浜松のショップに送付の了解をもらい次第、宅配便で発送です。

※週間天気予報をみると今週水曜日あたりに雪マークが出ているようです。通勤で標高450mの山越えをする為、明日あたり、ノアのスタッドレスにするべきかも知れませんね~