プロフィール

なおぴよ4

Author:なおぴよ4
バイクと車、家族の紹介〜

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
1944位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国産車
325位
アクセスランキングを見る>>

訪問者

閲覧者数

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

検索フォーム

なおぴよのブログ
CBR250R、CBR900RR、ノア、アルテッツァのメンテナンスと家族の記録
アルテッツァのバッテリー充電
走行キロが10万kmに迫ります。が、最近ちょっとバッテリーの電圧の下がり気味のアルテッツァが気になり、電圧を確認。
img20101031222503147.jpg

案の定、12.38V~?これヤバいな~。なんでこんなにバッテリー電圧がが低いんだ?うちの妻の運転ではバッテリーが充電されるよりも使う方が多いということか?
img20101031222523064.jpg

夏、エアコンをガンガンに短距離なのに使っていたのがバッテリーを弱らせたのか....
まずはいつもの充電器で8時間、補充電しました。充電後、1時間程町乗りをして来た後に電圧を測定、12.87Vでした。しばらくは電圧をマメに電圧を確認して様子を見ようと思います。もし、電圧の落ち込みが余りにも早いようなら、レギュレーター等を疑う必要があるかな~
img20101031222708749.jpg

ノアは充電してないそのままの状態で12.71Vでした。普通、毎日走っていたらこんなもんかな....
img20101031222730315.jpg
アルテッツァのバッテリーが下がり気味なのがとても気になります。11月に12ヶ月点検の時期の為、ネッツで充電系統の点検をしてもらおうと思います。
CBR250のチェーンスライダ補修
2週間振りに250に乗るついでにチェーンの給油でもしようと覗き込んだら、チェーンスライダがまた亀裂が出来て垂れ下がってしまいました。
08年8月に62000kmの時にスライダの取り付け部が破断してタイラップで応急処置しましたが、2年ちょっと、5000kmしか持ちませんでした。部品も廃盤にされている為、今回もタイラップで悪あがきです。
img20101031222543353.jpg

タイラップを連結してスイングアームの上から吊ってごまかしました。ホンダさん、部品再販して欲しいです。
img20101031222555844.jpg

走行は67370kmです。乗っていないようで08年の夏から5000km走ってました。
img20101031222609771.jpg

チェーンスライダを取り敢えず応急処置したあと、チェーンの給油と張りを調整したあと、ラフ&ロードに行って来ました。ちょうど空になりそうでしたので、デイトナのチェーンルブを買って来ました。
img20101031222632771.jpg

本当は1200円位のを探したんですが、売り切れてました。
チェーンに給油しましたが、町乗りだけでしたので燃費は19.0km/lでした。
ノアのドアトリム、ポケット交換
先週ネッツにて注文したポケットの新品を取りに行きました。右の奇麗なのが新品です。5年経つとここまで黒ずんでいたんですね
しかし、こんな部品がASSY交換しか出来ないのはトヨタも少し発注出来る部品の単位を細かくしてくれると助かるんですがね~
img20101030182542666.jpg

右の新品には黒い不織布テープは貼られていません。音止めのテープでしょうか?
img20101030182557825.jpg

肝心のロック部はパッと見、新品も形状は同じに見えます。
img20101030182612839.jpg

こちらは割れた交換前のロック部ですが、写真では分かり辛いですが、上側の爪が若干板厚が薄く見えます。
img20101030182648907.jpg

こちらは新品ですが、見た感じ僅かにロック部の板厚が上と下で同じ板厚に見えます。型の修正でも若干しているように見えます。
img20101030182719363.jpg

ポケットASSYで発注したので色が合いませんが、ドアトリム本体に復帰しました。
img20101030182737506.jpg

アルテッツァも98年式で丸12年経ちますが、やはりサンバイザーの脱着部の根元の樹脂の爪が割れて交換した事を思い出しました。
ノアはまだ5年目ですが距離が26万km走行の為、繰り返しポケットに入れっぱなしのCD5枚分の重さが爪の1mm程の樹脂部に繰り返し荷重が入るので、こういう所からどうしても壊れていくんですね......まあ、ポケット閉じる時も蹴飛ばしていたりしていたので、少し反省もしてますが.......

ロック部だけ交換したくて3900円掛かってしまいました
もう少し耐久性のある設計にしてもらうか、ロックだけで部品が発注出来るようにして欲しいものです。
自然博物館
午後、天気が悪そうだったので、子供達をつれて深田台の博物館に来ました。左の建物はS45年、右の建物でもS54年と共に70年代の雰囲気そのままですが、外観の見た目以上の展示物の濃さには少し驚きました。
img20101024183520361.jpg

2階から見て来ましたが、この辺りの地形が目で見える立体地形の為、子供達にはとても新鮮のようでしたが、この年になっても親が色々発見するところがあり、中々見応えあります。関東大震災の震源が相模湾の何処だったのか?この立体地形で謎が解けました。
img20101024183536858.jpg

三女にはまだ難しいかな~
img20101024183551505.jpg

自然全体の分野を展示してます。
img20101024183625351.jpg

その昔の漁師の家を再現して展示しており、妻はとても懐かしがっていました。
img20101024183642563.jpg

囲炉裏にもしっかり炭の明かりまで明かりが灯されるようになっており、ちょっとタイムスリップしています。
img20101024183720867.jpg

2階からは市内が見渡せます。
img20101024183735140.jpg

ちょうど京急を見下ろせます。模型のようにカーブを曲がって来ます。最近ステンレスの1000系が増えましたね。
img20101024183808167.jpg

デジカメでは快特を撮るのは至難の業です。案の定、電柱に被ってしまいました。
img20101024183824965.jpg

個人的には展示物の見応えがあり、また地域密着の内容の濃さもあり、外観が地味で場所が目立ちませんが、一見の価値があります。もう少し行政で宣伝しても良いと思うのですが....。来場者が少ないのが気になりました。
CBR900で二宮と小田原
キャブのブーストキャップを復帰してから少し長距離を走りたく、午前中走りにいってきました。午後は天気悪そうなので、少し近場のコースになる二宮の虫窪経由で足柄広域農道を目指します。いつもの休憩スポットです。箱根方面はあまりハッキリ山が見えません。
img20101024174216557.jpg

右手の丹沢の大山は良く見えます。
img20101024174301406.jpg

何度もこの場所に来ていますが、すぐ下はみかん畑だったとは気付きませんでした。ちょうど黄色に色付き始めたようです。
img20101024174324194.jpg

いつものパノラマ写真です。(↓クリックで拡大します)
最近は、ここから見える筈の富士山は殆ど見てませんね~
img20101024174335929.jpg

写真は無しですが、足柄広域農道を2~3速で流して小田原城址公園まで来ました。トイレ休憩です。
img20101024174352776.jpg

松の木の裏にはお堀がありますが、天気が怪しいのでトイレ休憩だけさせてもらい、小田原からトンボ返りです。
img20101024174406234.jpg

走行距離は31100kmを超えました。二宮の山の中を6速で1000~2000rpmでも結構粘って加速するようになりました。思えば、新車の頃は低速トルクもそこそこ有ったのを思い出しました。最近6速で1500rpm以下なんでエンジンがスムーズに回らず使ってませんでした。
img20101024174544455.jpg

150km程走行し、燃費は18.1km/l走りました。昨年の11/1に箱根に行った時は16.3lm/lほどでしたのでワインディング込みの燃費は1割近くは向上した気がします。
ノアのドアトリムポケット部ロック破損とバッテリーチェック
昨日会社の帰りにノアのドアトリムのポケットのフタのロックが馬鹿になっているのに気が付きました。
img20101023204406627.jpg

カーブになる度に中のCDがガバッと運転室側に開いてしまいます。
img20101023204531857.jpg

ポケットが足に当たって邪魔なので夕方ネッツに部品手配のお願いに行って来ました。どうやら、補給部品の出荷単位はこのポケット部ASSYしか無いようで、3900円もします。メンテナンスパックも使える可能性が低そうです。ポケット自体がドアトリムをバラさずに交換出来そうなので、手間が掛からないのが責めてもの救いです。
やむを得ず、ポケットASSYで部品の手配御願いしました。支払いはネッツと次週調整です。
img20101023210021605.jpg

フタのロック部は簡単に外れますが、部品には品番が書いてないので、単品での発注が厳しいですね~
img20101023204552738.jpg

よく見ると、ロックになる爪の板厚が1mm位しかなく、強度不足だと思います。確かにCDを入れて26万km分の振動がロック部に繰り返し入力が入ったのが直接の原因かもしれませんが、年数は5年半しか経ってないので部品の耐久性が低くはないでしょうか?
そこでネッツのメカニックの方にヴォクシーで同様な不具合が起きていないか聞いてみましたが、ロック部の破損は他にお客さんの車では聞いた事が無いとの事。やはり過走行が原因なんですかね~距離を走るとこのような樹脂部品もダメージを受けるんでしょうかね.....
img20101023204700790.jpg

ついでに、ノアはバッテリー交換後8万km、1年10ヶ月経つため、冬に備えてバッテリーチェックです。電圧は12.7Vあるので問題なさそうです。電解液は殆ど減ってませんでした。1週間で1000kmペースなのでフル充電に近そうです。
img20101023205857065.jpg

ノアの走行距離は266000kmを超えました。
img20101023204841740.jpg

ついでにアルテッツァのバッテリーは逆に走行が少ない為、こちらもバッテリーをチェックしました。今年の7月18日に電圧を測定したときは12.79Vあったのですが、逆に1週間に100km以下しか走らないので、明らかに充電不足のようで12.55Vまで電圧が下がってました。
img20101023205928068.jpg

アルテッツァは走行距離は99400kmを超え、やっと10万kmの大台に達しそうです。
img20101023210042908.jpg

近いうちに、アルテッツァはバッテリーの充電をそろそろしておこうと思います。普段は妻の市内のチョイ乗りだけなので、バッテリーのフル充電には出来ないようです。
バイクもそうですが、走行距離が少ないのでなるべくバッテリー充電器を使って補充電をするしかないでしょうか?
山手イギリス館と111番館
午後、アルテッツァで久しぶりに妻と二人で横浜の山手に散策に行って来ました。本当はバイクで行こうと誘いましたが、「寒い」の一言で車になりました。今日は港の見える丘公園の隣にあるイギリス館に来ました。
img20101017210918195.jpg

昭和12年建築の元イギリスの総領事公邸だったそうです。入り口の造りは戦前のコンクリート建築の重厚な雰囲気です。
img20101017211243169.jpg

当時の建物の特徴は天井が高いのと天井の四隅に階段状の飾りがあるのが特徴ですね。建物中央の階段の床は木で出来てました。
img20101017211331007.jpg

2階のベットルームが再現されてます。でもこの建物の窓が今時のアルミサッシに変更されていて、かなり幻滅しちゃいました。山手の保存公開させている建物の中で窓が更新されているのはこのイギリス館位かも知れません。
img20101017211454763.jpg

ベッドルームの隣は休憩室だったそうです。
img20101017211524806.jpg

窓がアルミサッシに変わってガッカリしましたが、扉自体は当時のままのようです。
img20101017211544496.jpg

港側にもベットルームと休憩室がありますが、窓からは木が茂っており、ベイブリッジは見えませんでした。
img20101017211604413.jpg

中央の階段からは港のみえる丘公園が見渡せます。う~ん、ここの窓も今時のアルミサッシに変わっており、この窓の更新はここだけ浮いて見えます。(建造物の価値が激減しちゃっていると思うのは私だけでしょうか......)
img20101017211922115.jpg

外の庭にでると、生い茂った木の先にベイブリッジが見えます。
img20101017211948336.jpg

玄関の反対からみたイギリス館です。庭園側からは建物の全容がわかります。形自体は洋風のデザインというよりは典型的な昭和初期のコンクリート建築といった感じです。
img20101017212122816.jpg

イギリス館の下に広がる庭園です。紫の花が奇麗です。
img20101017212144757.jpg

イギリス館の隣にあるのが山手111番館です。こちらも初めて来ました。外観はそれ程目立つデザインでは有りませんが、手前に奇麗に花が植えられており、良く手入れされています。
img20101017212220476.jpg

建物1階に入ると暖炉のあるホールになります。
img20101017212236495.jpg

この建物の特徴は他の山手の洋館にはないこの吹き抜けでなないでしょうか?大正15年建築でこのお洒落な吹き抜けには外観からは想像出来ない為、ちょとしたサプライズです。大変残念ながら、建物の強度の為?か2階は見学出来なくなってました。是非見てみたいですね。
img20101017212258747.jpg

ホールの隣、港側にはダイニングルームがあり、窓からは先ほどの庭園が見渡せます。
img20101017212605998.jpg

アメリカ人の住宅として建造されただけあって、当時としては大変贅沢だったと思いますが、このダイニングにも暖炉があり、当時の優雅な暮らしが想像できます。
img20101017212621604.jpg

この山手111番館の地下1階は、かつてはメイド室や倉庫、ガレージなどがあったそうですが、今は一般公開に合わせて休憩コーナーが出来てました。かなり改修されており、当時の面影はありません。
img20101017212644048.jpg

下の庭園からは隣にあるイギリス館が見えます。
img20101017212743198.jpg

イギリス館の隣はバラが見頃でした。
img20101017212807503.jpg

イギリス館と山手111番館は外人墓地とは反対側にあり、外観が少し地味な為ちょっと目立ちませんが、山手111番館は特に一見の価値ありです。
次女の陸上記録大会
次女が小学校で陸上の記録大会の選抜メンバーに選ばれたので、妻と三女を連れて見に行って来ました。市内の競技場です。
img20101017092356925.jpg

先日買ったソニーのHX5Vで次女の出番の前に試し取りしてみましたが、このようなゴールまで15秒位しか無い100m走だと連続で写真を撮るのは向かないのが良く分かりました。一度写真を撮ると次の写真を撮れるまでメモリーの保存の約1秒の間、ファインダーは現状の画面が追えないので、その間全力で走って来る娘を捉えるのは厳しいのが分かりました。ピントが合うのもじれったい所が有り、失敗しそうだった為、使い慣れたFAで撮る事にしました。FAにしてもピントはマニュアルの為、長年の経験で合わせていくしかないですが、ファインダーから大きな画面をを見れるのでピントも合わせ易いです。(金があればデジタル一眼なんでしょうかね~~)
img20101017092439015.jpg

次女の100mを走り終え、FAの後、続きはHX5Vで撮影しました。他にトラックの内側では走り高飛び、走り幅跳び、ソフトボール投げの競技が行われています。
img20101017092521675.jpg

運動会ではなく、記録会の為、100mが終わると後はスタンドで観戦です。
img20101017092539377.jpg

市内から交通の便が悪い所はバスで来ていたようです。バスも嫌いじゃない為、まじまじ見てしまいました。日野&ISUZUが最近採用している、J-BUSの車体はデザインが斬新で好きですね。手前の三菱も斬新ですが、最近のバスのデザインはお洒落ですね。
img20101017092626304.jpg

回りの建物が昭和53年に建てられているので、周囲の木も樹齢30年強でしょうか?観覧席近くまで枝が延びている為、ちょうど良く日差しが和らげられます。
img20101017092737252.jpg

最後の競技は400mリレーです。6年生の選抜メンバーが各学校から参加です。次女も来年選ばれると良いのですが.....
img20101017092756532.jpg

各競技が終わり、最後は各学校毎に記念撮影です。各学校30名強が参加しています。私も妻も小学校の6年の時に市の競技会に参加したので昔を思い出しながら懐かしく見てました。
img20101017092849232.jpg

純粋に記録会なので運動会のような盛り上がりは有りませんが、女子100m走で大会記録が出ると盛り上がっていました。中には昭和57年から破られない男子100m走の記録などがあるらしく、まさにこの観客の親世代が作った記録がまだ破られないのも凄いことだな~と関心です。
バイクのメンテナンス
田舎ライダーさん、こんばんは。コメントの文字数オーバーしてしまったのでこちらに書き込みます。
チェーンのカシメ工具は結構値段がするのかな~と思ってました。どうせ買うなら250と900の両方使えるのが良いのでしょうが、おそらくケチってすぐには換えないと思われます。以前、250のエンジンヘッドOHでお世話になった埼玉のショップの方と話しましたが、250はリアのスプロケット交換で大丈夫でしょう....とのことでしたので、リアスプロケットの交換を企て中です。純正品も4000円位で買えるのでは?とのことでした。この4000円を今どのタイミングまで粘るか?前回は41500km程走った所で交換したので、同じ位持つなら8万kmまで持つ計算なんですが....もう少し粘ろうかな~と思ってます。97年の前回も純正品に交換しましたが、耐久性重視で次回も純正品を狙ってます。

サスペンションのOH、確かに私も優先順位を落としてました。250のリアサスがオイル漏れを起こしてやむなく浜松のショップを探してOHしましたが、OH後は細かい段差を吸収するようになったので乗り心地が良くなったのと、コーナーで倒した時に路面に張り付く感じがかなりアップしました。
リアだけサスの動きが良くなるとフロントフォークの動きが渋いのが露骨に分かる様になって、仕方なく今年の正月にフロントフォークのオイル交換だけしました。(余り物のフォークオイルですが......)フロントとリアをオイル交換とかOHするととても乗り心地が良くなりました。高速コーナーでのギャップでも車体が振られる傾向も減り、メンテナンスのしがいが有りました。
900もフロントフォークのOHはオイルシールからのオイル漏れがきっかけで、本当は自分でスタンドを買ってオイル交換だけでもやろうかと色々そろばんを頭で弾いていたのですが、そもそも900の方は未だにサービスマニュアルも無いので、かなり躊躇してました。250は車重も軽いので、車用のジャッキでマフラーの下から無理矢理ジャッキアップしましたが、900は同じ作戦はやりたくなかったのでまじめにフロントスタンドを物色してました。結局スタンド買う位なら素直にショップに出そうと考えていた矢先にオイル漏れ発覚......予定外にOHした次第です。近頃は900乗る度に、リアサスの動きの渋さが気になってます。純正スプリングの赤い塗装が錆びで浮いてしまっているので、やるなら色も塗りたいな~と妄想だけは膨らましています。

田舎ライダーさんもフロントフォークのオイル交換、いかがですか?キャブの掃除よりも外す部品は少ないのでオイル交換だけなら遥かに楽だと思います。唯一のネックはフォークの頭のナットを外す工具が上手く安く見つかるか?でしょうかねぇ~
CBR900のブーストキャップ装着
先週発注した900の同調用ジョイント部のキャップが入荷したので、取り付けました。下は取り付け前の状態です。直径2mm位の穴が開いたままになってました。よく見るとジョイント周辺が汚れてますね、混合気が噴いたりしていた?!
img20101010212151243.jpg

ゴム製のキャップです。115円です。
img20101010212229708.jpg

キャップを固定するクリップです。30円です。
img20101010212247961.jpg

このクリップ装着が苦戦しました。手が入らない為、結局カウルステーを外して手探りで装着しました。
img20101010212307613.jpg

カウルステーを復帰して作業完了です。結局手が入らず苦戦し20分位掛かってしまいました。午後は長女の市内の中学の演奏会があった為、試運転は毎度ながら夜になってしまいました。
img20101010212323869.jpg

走水からの夜景スポットです。同調用のジョイント部のキャップを装着させると、アイドリングから2000rpm付近が回転のムラが減り、エンジンの極回転のトルクがかなり復活しました。
img20101010212402154.jpg

走行31053kmです。6速1500rpmでも粘って加速し易くなりました。
img20101010212414570.jpg

夜の試運転は湿気が多くヘルメットのシールドがすぐ曇るので短距離で終わらせました。エンジンを回さず2000rpm前後で走って燃費は16.5km/lでした。以前は同じように走って14km前後でしたので燃費は1割強向上してそうです。今年の2月6日から出だしたアフターファイヤーに悩まされてきましたが、やっと完全に消えました。プラグ、フューエルストレーナ、キャブのメンテナンスをする前の燃費は町乗りだと丁寧に走っても12km/l位でしたので、2割近く燃費が向上しました。燃費向上はアフターファイヤー音の消しの一連のメンテナンスの副産物でしょうか~?
ここに行き着くまで予算が溜まるまでも含め8ヶ月経ってました。吸気系、点火系、燃料供給系の一通りのメンテナンスが一先ず終了です。次のメンテナンスは順番的に900のフロントフォークOHはしたので、リアサスOHとCBR250の尖り始めたリアスプロケットが怪しいです......