プロフィール

なおぴよ4

Author:なおぴよ4
バイクと車、家族の紹介〜

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
1411位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国産車
226位
アクセスランキングを見る>>

訪問者

閲覧者数

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

検索フォーム

なおぴよのブログ
CBR250R、CBR900RR、ノア、アルテッツァのメンテナンスと家族の記録
MC19のパイロットスクリュー
先日、CBR250Rのキャブの同調調整を取る前にパイロットスクリューを調整しようとしましたが、4番が固着してびくともぜず、頭をなめてしまいました。
3番のキャブもパイロットスクリューがどうなっているか未確認の為、3、4番の分のパイロットスクリューを手配することにしました。
パーツリストを見ると6番がパイロットスクリューのようですが、....
img20110729125032154.jpg

品番を見るとMC19のRJは台辺り1本ってなってます。どう考えても87年式のRHが4本/台なので、この7版のパーツリストは誤記かな~?ひとまず、近所のバイク屋にてこのパイロットをオーダーしてみることに.....
残念ながら、在庫は無くバックオーダーとなりました。ホンダもこの手の真鍮の部品は固着等で部品のニーズがあることを考慮してくれているのか、オーダーが掛けれるだけでも良しとしなければ.....。
パイロットスクリューは早ければ1週間、遅ければ1ヶ月位待たされるかもしれない、とのこと。1本1300円でした。やはり20年前の倍の値段になってますね。
img20110729125056197.jpg

色々ネットで調べると、この固着して頭を舐めてしまったネジには「エキストラクタ」っていう逆ネジを切りながら外す逆タップという方法があるのが分かりましたので、早速近所のホームセンターで入手しました。
img20110729125009641.jpg

エキストラクタは300円程、ついでにタップを切るハンドルを持っていない為、一緒に購入しました。
まだパイロットスクリューがいつ入荷するか不明ですが、入り次第、パイロットスクリューの戻し量をを確認して再度同調調整を取ろうと思います。
900で佐島マリーナ
昨日は献血に午前中行ってましたが、天気の悪さと献血後の体の怠さでバイクには乗りませんでした。天気が今イチでしたが、昨日も天気が良くなかった為、今日こそはと走りに来ました。
本来は江ノ島、二宮方面を目指そうと思いましたが、走り出して15分でポツリポツリと雨が降り出しました。やむを得ず、行き先を佐島マリーナに変更です。
img20110729124733563.jpg

金曜なので辺りは静かですが、ウィンドサーフィンをやっている人がいます。
img20110729124936939.jpg

今日は風が無い為、ウィンドサーフィンは厳しいと思いますが......
img20110729124838071.jpg

来る前に天気予報を見て、西には雲が無さそうなので天気は何とかなるかと思いましたが、今日は当てに出来ませんでした。走行距離は31907kmです。
img20110729124854457.jpg

いや~、燃費悪かったです。11.9km/lでした。町乗りだけでしたので、900だと車並みの燃費です.......
長女の吹奏楽コンクール
本日、長女の中学の吹奏楽のコンクールがありました。
県の南部の地区大会でしたが、見事金賞を受賞し、次の上位の大会に
進めることになりました。

私は会社を早退し、会場に演奏1分前に滑り込み、なんとか聴く事が出来、冷や汗物でしたが.....久々に駐車場から会場までダッシュしました。駐車場についたのは演奏開始の9分前でしたので、さすがに焦りました。

次回は県の大会になりますが、1週間程部活は休みとのこと。ピアノの発表会の3日後が吹奏楽のコンクールと親が見ても超ハードスケジュールを良くこなしたなぁ~と、ここ数日で何やら娘の成長を改めて感じました。

と、言うものの折角のチャンスなので、まずは次の県大会に向けてもうひと頑張りですね。
ピアノの発表会
本日は娘達のピアノの発表会がありました。
三女が初めての発表会でしたので、三姉妹揃って初めて参加になります。
始めに三女の演奏はイイヌマ作曲のロンディーノです。
img20110724221333034.jpg

続いて次女はショパンのノクターン第20番 遺作です。
img20110724221333145.jpg

最後に長女はシューベルトのImpromtu Op.90-2です。
img20110724221333170.jpg

三女は初めての発表会ですが、まじめに練習をしていたので上がる事も無く上手に演奏出来ていました。
次女はしっかり練習していたので、かなり上がっていたようですが無事に演奏を終えました。次女は安心して最後まで聴くことが出来ました。
最後の長女の演奏は、次女に次いで曲が長く、テンポが早いため心配していました。でもちゃんと、学校の吹奏楽部の練習の合間を縫って密かに休み時間に練習していたようで、親の前では一度もまともに最後まで聴かせなかったですが、本番では最初から最後まで一気に止まる事無く無事に弾き切りました。
なんだ~、もったいぶって親の前では事前に弾いてくれませんでしたが、やれば出来るんだ....とちょっと関心いたしました。
三姉妹で発表会に出ていたのは我が家だけでしたが、大勢の観客の前で恥ずかしい演奏する事も無く、3人とも悔いの残らない堂々とした演奏が出来たようで良かったです。
250で三浦半島
先週、キャブの同調を取ったので、少し距離を走りに来ました。野比海岸です。昨日の台風が遠ざかり、強風で空気がだいぶ澄んでいます。
img20110722123232961.jpg

浦賀水道の対岸に房総半島の館山が見えます。三浦の海岸の先は剣崎方面です。
(↓クリックして拡大します)
img20110722123308502.jpg

そのまま三崎口経由で諸磯湾まで来ました。
img20110722123411236.jpg

三浦半島は浅瀬の湾が多いです。水が結構澄んでいます。
img20110722123349808.jpg

定番の試運転コースですが、最後は佐島までやって来ました。
img20110722124141376.jpg

アップの写真は取ってませんが、江ノ島が見えます。
img20110722123450377.jpg

一応、かすかに富士山の頂上付近が見えています。(ほとんど分かりませんが.....)
img20110722123643524.jpg

走行はもうすぐ70900kmです。
img20110722124112820.jpg

キャブ同調直後ですが燃費は22.8km/lでした。
アイドリング付近から6000rpm位まで、エンジンの回転が多少滑らかになったようです。6000rpmから上のトルクの谷は、メインジェット交換後は大分改善しており、高回転のパワーもそこそこあり走り易いです。
ノア 30万km到達!
ノアが本日、走行距離が30万kmを突破しました。
img20110717225810594.jpg

我が家のノアは2005年式で6月に納車されたので、まる6年経っています。
普段は会社への通勤に使い、時には出張でロングランもこなします。(通勤自体もロングランですが....)

2年前の走行23万km時にはエンジン載せ換えなど苦難がありましたが、その後は少しペースダウンしつつ、無事に30万kmの大台を超える事が出来ました。

エンジンとエンジンマウント、ステアリングギアBOX、タイヤなどを除き主要部品は納車時のままですので、これから先、何万kmまで走れるか今後もトライして行きます。

バイクに比べるとノアクラスのトヨタ車は壊れないですね~。関心しちゃいます。
次の目標は、取り敢えず40万kmに向けて頑張りたいと思います。
キャブの同調調整
先日、CBR250Rで伊豆ツーリングに行った際、帰りの134号での信号待ちの時に、アイドリングが少しばらつくな~と思ったら大変久しぶりにエンストした為、同調がじわりじわり狂ってきたようです。すでに2000年の4月にキャブの同調調整をしてから11年、33000km走行してました。今回は自分で同調を取るべく、ストレート製のバキュームゲージを入手してトライすることにしました。
同調取るには、エアクリーナーBOXはやはり外さないと調整出来ない為、キャブが見えるまでバラします。ここで同調プラグをシリンダにねじ込む所で、ボルトの紛失(セルモーターの下へ入り込み、救出に苦戦....)と同調プラグ自体が差し込みにくく、これまた時間を取られました。
img20110715184637606.jpg

本来、パイロットスクリューの戻し量を確認したかったのですが、4番のキャブは固着して回せず、3番のキャブはとてもじゃないですが、キャブを外さないと全く普通のドライバでは届きませんし、見えません。1番、2番のキャブだけは1と5/8回転の戻し量にほぼ合わせましたが、これはキャブを外してオーバーホール時にきちんと確認しておかないとダメですね。3番と4番のパイロットスクリューは次回取り外しする前に色々外し方を研究せねば.....
img20110715184530679.jpg

現状よりは少しでもレベルアップをしたいので、取り敢えず同調調整をすることにしました。現状は10cmHg~15cmHgでばらついでました。
img20110715184550219.jpg

3番に合わせるようにして、キャブのアジャストスクリューを根気よく調整。炎天下でやるもんじゃないですね.....キャブの内側のアジャストスクリュウが目が順応せず場所が探しにくくそれだけで苦戦しました。同調自体は20分位で±1cmHgぐらいまで調整は出来たので、ここは切りがないので妥協しました。このあと、同調穴部のボルトの復帰するのにまた2番、3番シリンダ分をボルトをセルモーター下に落とし、再び余計な時間を取りました。炎天下の為、暑さで作業が雑です。
img20110715184620988.jpg

エンジンが冷えてから部品を組み付け、三浦海岸まで試運転して来ました。短距離でしたが、アイドリングのバラツキはかなり改善出来ました。低回転のエンジンレスポンスも気持ち改善しています。
img20110715184728568.jpg

本日は平日の為、海岸はガラガラです。これだけ広い海岸にパラソルが1つだけ.....なんと贅沢な.....
img20110715184748420.jpg

改めて海岸を見渡すと、さすがに学生もいません。まだ夏休み前ですからね~当然ですが....(↓クリックして拡大します)
img20110715184830574.jpg

走行は70846kmです。
img20110715184814754.jpg

時間の関係でガソリンを入れていない為、燃費は次回計測します。
ひとまず、手抜きの同調ですが、やならいよりはレベルアップしているので良しとしたいと思います。
新幹線で大阪へ
本日は仕事で大阪まで行ってきました。「のぞみ」はN700系です。写真では分かりにくいですが、荷物の棚との隙間からエアコンの吹き出しがあるんですね~。出張ではあまり「のぞみ」を使わない為、このダクト、気付きませんでした。この座席の番号のシール、やたらデカイです。出入り口の電光掲示板もデカイですが、最近、大きい字が流行なんでしょうか?
そのくせ、窓は飛行機並みに開口が小さいです。700系よりもかなり開口を狭めているはず。軽量化が狙いなのかも知れませんが、これだけはいただけませんね。JR東日本の新幹線の「はやぶさ」の車両もこの傾向があるようですが、明らかなサービス低下だと思います。
img20110714222048235.jpg

このN700系、カーブで傾斜させるシステムがあるようで、普段乗る「ひかり」などの700系よりカーブの速度が確かに気持ち早い気がします。愛知地区を疾走します。(普段バイクや車でノンビリ走っている為、この270km/h近い速度は今更ながら、たまに乗ると早いですね~)
img20110714222103919.jpg

大阪駅で関西本線の快速に乗り換えましたが、大阪駅に新しい駅ビルが出来きて雰囲気が大分変わっていました。(写真は撮り損ないました)関西本線で快速に使われている221系は、学生時代は東海道線の新快速として第一線で走っていましたが、今はかつての疾走を思い出す程の速度は達することなく下車しました。
その昔、中学、高校時代に113系やら101系やら走っていた頃に、奈良から天王寺まで乗った記憶がありますが、遠い昔となってしまいました。でも関東では見なくなった201系などを見るとちょっと懐かしいですね。
img20110714222119021.jpg

お仕事を終え、新大阪に戻って来ました。大阪市内と微妙に外れた所にあるんですよね。
img20110714222209468.jpg

大阪はそうそう来る事も無いと思い、町並みをパチり.....(↓クリックすると拡大します)
img20110714222238035.jpg

駅舎、これは新幹線開業当時のままなのかな~?なにやら1960年代の建物のデザインがプンプンします。最近は新幹線の駅舎も改装されている所も増えてきたので、何か懐かしさも感じてしまうのは歳のせいか......
img20110714222255716.jpg

普段、関東地区で見ないJR西日本限定の新幹線を見ると、関西に来たな~と実感しちゃいますね
特にこの500系は懐かしかったです。デビューしたての頃に仕事で広島まで「のぞみ」で乗りました。山陽新幹線の区間に入ると車内の出入り口にある電光掲示板でしきりに300km/h近い速度だと「ただいまの時速.....」といった表示が出ていた気がします。
img20110714222321132.jpg

時間も余り無く、大阪らしさを感じる食事も無いまま帰宅となりました。次回があれば、お好み焼きとか、たこ焼きを食べて帰りたいと思います。
葉山から見る江ノ島
先週金曜日は伊豆半島にCBR250Rで一周ツーリングに行って来ましたが、さすがに1日で400km近く走る事は普段無い為、アクセルを握る右腕の筋の痛みがなかなか取れません。若い頃は400km近く走っても疲労は2、3日で取れたのに、近頃は歳のせいか未だに後遺症が.....
折角の休みでしたので、腕が少し痛みますが夕方になり漸く時間が取れたので葉山へ夕日を見に来ました。
img20110708204419804.jpg

ここに来ると、江ノ島と沖合の岩場にある鳥居が一直線に並びます。
(でも、この鳥居、名前が分かってません.....)
img20110708204442321.jpg

今日はこの所あまり走っていないCBR900RRでやって来ました。
img20110708204456024.jpg

江ノ島の少し左手には富士山が見えています
img20110708204512491.jpg

ここは今年の1月にも900で夕日を見に来ましたが、この季節は奇麗な夕日はなかなか見れませんね~。平日なので釣り客も居ません。
img20110708204527104.jpg

走行は31875kmです。CBR250Rの半分も走ってません.....
img20110708204728706.jpg

夕方の渋滞を抜けて走った為、燃費は13.9km/lしか走りませんでした。エンジン自体は低回転でも粘って走り調子は悪くありませんが、町乗りだけなら900の燃費はこんなもんかな.....
山手111番館
今日は妻と一緒にアルテッツァで山手に散策にやって来ました。さすがに、平日は港の見える丘公園のそばの駐車場はガラガラです。
img20110707151521247.jpg

始めに港の見える丘公園に立ち寄りました。目の前のマンションが目立ちますが、少し先に横浜ベイブリッジが見渡せます。
img20110707151552117.jpg

左手はみなとみらい方面です。
img20110707151726248.jpg

右手に進むと大佛次郎記念館があります。こちらの建物は昭和53年建築ですが外観はお洒落な佇まいとなってます。
img20110707151743912.jpg

更に奥に進むと山手111番館が見えてきます。
img20110707151808789.jpg

山手111番館の手前はイギリス館です。こちらは昭和12年の建築です。
img20110707151857952.jpg

山手111番館の正面入り口です。大正15年建築でJHモーガン設計です。
img20110707151914659.jpg

ここは建物周辺が芝やバラなどが良く手入れされており、隣りのイギリス館や公園とともに周辺の景色に溶け込んでいます。
img20110707151928842.jpg

7月12日と8月9日であれが、普段公開されていない2階が時間制限で見学出来るようです。(う~ん、私も見てみたい.......でも火曜日なんですよね~)
img20110707152101388.jpg

この建物は地下はカフェとなって改装されていますが、1階はオリジナルを良く留めており、この窓にしても当時の木の窓のままのようです。
img20110707152123217.jpg

場所によっては、窓自体を木で復元しているようです。通常の洋館は窓の外に鎧戸があるのが一般的ですが、この洋館は日本の夏の虫の多い環境を考慮して内側に鎧戸が設定されているとのこと。
img20110707152154650.jpg

この窓は復元されている為、内側に鎧戸が再現されており、内側に引き戸で閉まるようになっています。
img20110707152235046.jpg

JHモーガンが設計した昭和初期の建物は、他にも同じ山手の洋館として公開されているベーリックホールや外人墓地の正門、そして根岸の森林公園の旧競馬場の馬見所の建物などがあるそうです。
img20110707152253993.jpg

この山手111番館は周りが公園になっているので、窓からの周囲の眺めが奇麗ですね。
img20110707152412301.jpg

昭和初期の建物では多いですが、玄関から一番近い所に応接間があります。
img20110707152431041.jpg

建物を出るとすぐ隣りのイギリス館との間には、噴水が設けられております。
img20110707152534080.jpg

平日の山手は観光客も少なく、本来の静かな佇まいを堪能する事が出来ます。
本日は雲が多かったですが、ちょうど日が差していたので散策にはちょうど良かったです。