プロフィール

なおぴよ4

Author:なおぴよ4
バイクと車、家族の紹介〜

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
1944位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国産車
325位
アクセスランキングを見る>>

訪問者

閲覧者数

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

検索フォーム

なおぴよのブログ
CBR250R、CBR900RR、ノア、アルテッツァのメンテナンスと家族の記録
ノアとアルテッツァの点検
水曜日に通勤時にノアのエンジン警告灯が点灯したり消えたりを繰り返すようになってしまった為、急遽、木曜、金曜でノアをネッツ店に緊急ピットインさせる事になりました。走行距離が344857kmですので、いつ、何が起きてもしょうがない距離ですが.....(下の写真はエンジンが始動した後でも警告灯が点灯したままです)
img20121027192625505.jpg

点検の結果、エキマニについているO2センサーの異常が原因でした。
img20121027192706845.jpg

このセンサー、9000円もします。工賃も7000円掛かりました。
常に高温にさらされる為、ある程度消耗品と考えないとまずいそうです。23万km時のエンジン載せ換え時もセンサーは流用したようなので、34万km持ったと思えば優秀なんでしょうか?
img20121027192655112.jpg

ネッツでの点検でバッテリーが弱っていると指摘があったので、充電系統を調べてもらいました。電圧自体は12.9Vある為、ディーラーのテスターがどのような理屈でバッテリーの容量をチェックしているか分かりませんが、充電系に異常は見つからず、また今年の1月に31万kmでバッテリーを交換したばかりですので、今回は豆に電圧をチェックしつつエンジンの始動状態も気にしながらしばらく様子見とします。
img20121027192639040.jpg

エンジン始動後のアイドリングで14.0Vですが、ちょっと充電電圧が低いのが気になります。
img20121027192724632.jpg

ついでに、先週木曜、金曜とノアの代わりに通勤のロングランを久々にこなしてもらったアルテッツァのバッテリーの電圧をチェックしました。
img20121027192810294.jpg

電圧は12.54Vでやや低めですが、走行距離は少ないですが、YUASAのバッテリーは電圧が2年経っても12.5V前後で安定しているようです。
img20121027192842148.jpg
走行距離は108781kmです。久々のアルテッツァのロングラン、やはりノアより運転が段違いに楽しい車です。
img20121027192823365.jpg

今週末は色々忙しく、車の点検で終わってしまいそうです。
CBR250Rのメンテナンスの続きは来週以降となりそうです。
MC19のフロントフォーク再組付け完
昨日から少しずつ、クリアー塗装や再塗装を進めて来たCBR250R:MC19のフロント周りの再組付けを開始します。フォークのアウタチューブですが、クリアーを吹いたら若干色むらが出てしまいました。元々アウタチューブの再塗装は腐食防止が本来の目的ですので、このレベルの仕上がりで妥協します。
img20121021210612621.jpg

先月組付け作業をしていますので、大分要領は得て来ました。始めにシートパイプとリバウンドスプリングをインナーチューブにセットします。
img20121021210626593.jpg

バックアップリングとブッシュ類をインナーチューブ下端にセットします。
img20121021210655556.jpg

アウターチューブに組付け、下端のソケットボルトを締め付けた後、バックアップリングをアウターチューブに押し込みます。
img20121021210937727.jpg

次にオイルシールを嵌め込みます。ここが一番固いのでお手製の塩ビパイプカット品を使い勘合させます。フォークオイルは少量塗布させてあります。
この後に、Cリングのセット出来るように奥まで押込みます。
img20121021211145837.jpg

次にダストシールと取り付けます。これもしっかり上から押しつけで組付けします。
img20121021211402055.jpg

この後フォークオイルを注入してスプリングとカラーを取り付け、フォークボルトを最後に締め付けてフォークASSYの再組付けが完了しました。今回の再々メッキされたインナーチューブは、メッキ剥がれが再発しないか豆にチェック要です。
img20121021211732186.jpg

9月のブレーキOH時にキャリパーのブラケットのアルミが腐食し始めたので、ついでにシルバーで再塗装しました。
img20121021211420777.jpg

外していたピンとブーツ、スプリングを再セットします。
img20121021211546341.jpg

アルミも腐食が早いので、塗装が剥げてきた部品は早めに再塗装が懸命ですね~
img20121021211641175.jpg

ブレーキロータ部も清掃性の向上とピンの錆び防止でクリアーを追加しました。
img20121021211716123.jpg

1ヶ月半振りにフロント周りが復帰です。フロントホイールだけクリアを追加した状態で、リアホイールは時間切れでクリアは追加出来てません。改めて比べると、クリアーを追加した方が色が濃くなり、より純正色に近づきました。
img20121021211759752.jpg

今回はブレーキキャリパーのブラケット部のシルバーを再塗装したので、ちょっとしたアクセント?になりました。
img20121021211929455.jpg

左側はこんな感じです。スピードメータのギアASSYは24年前のままです。ホイール色が純正色に近づいたのが分かります。大分すっきりしましたね~
img20121021211959346.jpg

試運転も兼ねて、立石海岸までやって来ましたが、すっかり夜になってしまいました。
img20121021212019196.jpg

こちらは江ノ島が見える方角ですが、距離が離れているので良く分かりません......
img20121021212037170.jpg

走行距離は74720kmです。1ヶ月以上走っていなかったので、燃費も伸びず13km/l台です。(燃費悪すぎ.....)試運転なのでエンジンをかなりぶん回して走り回ったので止む無し.....?
img20121021212055757.jpg

1ヶ月以上走っていないと、さすがにエンジンが暖まるまではかなりかぶってしまいましたが、エンジンが暖まってからは明らかに9月のキャブの油面調整後はトルクが3000rpm以上でかなり改善しました。14000rpm以上のパンチも改善されました。
エンジン冷間時の4000rpm以下のトルクと14000rpm以上の高回転のパンチとの両立はさすがに厳しいです。エンジンが暖まれば1500rpm~14000rpmの中低回転域はトルクも十分出ており、現状でベストセッティングです。

肝心のインナーチューブのメッキの状態は今の所剥がれなどは再発していません。次は来週以降で、リアホイールのクリア塗装をぼちぼち進めて行く予定です。
カメラ修理とCBR250Rメンテ再開
運動会専用レンズに近いNikonの70~300mmのAF-Dレンズですが、娘の運動会で落下させて以来、代替中古レンズを漸く入手しました。下は落下させて修理を諦めたDレンズですが、今回は上のEDレンズにグレードアップさせました。EDレンズはピントも黄色と白の2色表示になっていたり、ズームリングの70と300も色が分かれているなど、多少お金が掛けられています。
オマケでフードも付いていた(程度は良くなかったですが....)ので元々持っていたフードも合わせて全く同じ物が2個になってしまいました。今度は落とさない(落とされない)様に万全を期します。
img20121020184947521.jpg

続けて、海外出張時に「このバッテリーは使えません」メッセージが出て電源が入らなくなったソニーのデジカメDSC-HX5Vが、漸く修理が完了したので引き取りに行って来ました。今回はメインの基盤とバッテリーとの接続端子とフレキシブル基盤の3つが交換されて帰って来ました。メイン基盤は再利用するとかで部品は戻って来ませんでしたが、共に腐食が怪しいということで交換です。パッと見、異常は分かりませんね~
3月の修理の時も、その理由に全く納得いかずに直接ソニー担当者と交渉し、修理代の負担を減らしてもらいましたが、今回もK電気→ソニーに再交渉してもらいました。3月のストロボ部の修理から半年で腐食したというソニーからの故障診断結果は、結果的にソニーとしても自分で修理対応のまずさを認めたのか修理代請求は無しの対応となりました。(結果的に、真因は不明のままで、基盤丸ごと交換しておいた、っというさえない対応です)
img20121020184933846.jpg
カメラの故障対応が1段落ついたので、少しずつバイク:CBR250Rのフォーク周り再組立に向けて準備中です。
こちらは私が海外出張中に再々メッキが完了して送付されてきたインナーチューブです。今回はフォーク下端のカラー類を削って外し、全面メッキを剥がして再メッキしたとの事です。メッキ後にアルゴン溶接で点付けされてカラーが戻されています。
今度は200km位の試運転でメッキが剥がれない事を祈ります。(また剥がれたら何度でも再メッキしてもらいますよ~~>)
img20121020184922273.jpg

クリアーを吹かずに再塗装したホイールやブレーキローター、フォークのアウターチューブ(写真撮り忘れ)も一部再塗装とクリアー塗装を追加して汚れに対して塗装の保護を少しでもレベルアップさせました。安物クリアースプレーだったので、塗装ダレがしやすく、明日以降、追加補修が必要になってしまいました。(大物部品の塗装は速乾性の良い値段の高い塗料にしないとダメですね......)
ついでに、新品のボルトだった筈なのに、こちらもたった1回の真鶴への試運転で見事に腐食が始まったので、ボルトの頭にクリアー塗装を追加しました。ホイールのアクスルシャフト関係もクリアーを追加しています。
ホンダは補給部品のメッキ、手抜きではないでしょうか?たった1日海沿いを走っただけで腐食してしまうのは、新品ボルトとして落第だと思うのですが......
img20121020184902079.jpg

予想はしていましたが、クリアー塗装を追加するとホイールの色が濃く見える様になりました。かなり純正のホイール色に近づいたと思います。

CBR250R:MC19は部品の再塗装に手こずっているため、フロントフォークの再組立はもう少し時間が掛かりそうです。本日、念の為1ヶ月振りにエンジンを掛けましたが、3秒程エンジンをクランキングさせたら割とすんなり再始動して、少しホットしました。
早い所、再組立を完了して走り回りたい心境です。
2代目 Nikon FA
先月の中学の運動会での落下事件のダメージで修理を断念したNikon FAです。(右)中学時代からず~と使って来ましたが、アルミのフレームが変形してしまい、さすがに強制的に引退となりました。代替機といってもデジカメの一眼レフは手が出ず、中古ですごく程度の良さそうなFAを再度入手致しました。(左)
img20121014172358934.jpg

思い入れがとても強すぎるカメラなので、全く同じ色です。この入手した2代目FA、まともに使わずにずっと飾ってあったかの様にとても奇麗です。一応点検済みとのことで、カメラ店からの入手です。唯一気になるのは、ファインダー内のシャッタースピードモードのシャッター速度表示がちょっと斜めになっている点ですが、また何か修理が発生した時に西大井の専門店にでも相談するしかないかな~......
img20121014173442701.jpg

早速モータードライブ:MD-15やスピードライト:SB-15の連動までは確認しました。本日は夕方にカメラが届き、天気も悪い為試し撮りまでは出来ません。
img20121014172430100.jpg

初代FAは28年程酷使してきた間に何度か落下させている事もあり、ボデーのカバーのビス取り付け部に亀裂が入ってます。
img20121014172441755.jpg

ファインダー部も一部カバーに亀裂が入るなど、正直外観はかなりくたびれていました。中学、高校~独身時代、新婚旅行のお伴から子供達の成長の記録まで、大変長く活躍してくれました。(修理も5回程してますが.....)
このまま、初代FAは隠居生活ですね~。2代目FAの部品取り位にはなるかな?
img20121014172455165.jpg

こちらはFAと一緒に落としてしまった70-300のAFレンズです。2008年に子供の運動会前に入手して以来、4年程活躍してもらいましたが、さすがに落としてはダメージが厳しかったようです。
img20121014172511135.jpg

軽量化された樹脂?のレンズ筐体にFA+MD-15の重量がダイレクトにレンズに根元に入り、見事に割れています。(触るとグラグラ根元が動きます)
こちらも代替の中古レンズを物色中です。4年使って漸くズームとピントのリングを使いこなせる様になって来たので、こちらも同形のレンズ(今度はEDレンズ版)を狙っています。
img20121014172523597.jpg

我が家に残るフィルムカメラの2代目FAとNew FM2です。FM2は実家からの借り物で予備機です。フィルムカメラは正月、実家への帰省、家族のイベント(入学式や運動会)など、ここぞという時は未だにデジカメとフィルム一眼レフを併用しております。(普段のちょっとした写真は100%SONYのデジカメ&iPhoneですが......)

今年に入りSONYのデジカメDSC-HX5Vはストロボ部から煙が出る&バッテリーの認識不良など、とても2年しか使っていないカメラと思えない故障っぷりに信頼度0です。それに比べるとまだ20年以上昔のカメラの方が、ちょっとした不具合があっても撮影出来ないモードには未だに一度も経験していません。(今回の運動会でのFAは落下後も撮影を継続出来ました。ピントも殆ど問題無かったのはちょっと驚き......)

最近はSONYのデジカメDSC-HX5Vは信頼性無いので必ずiPhone4Sと併用するか、家族のイベント時は必ずFAも持って行きます。←これは必須です。
img20121014172534498.jpg

最近のSONYのデジカメを使い始めてつくづく思うのですが、どうもデジカメの類いはすぐに壊れる気がする為、大金叩いてまで買う気がしません。(正しくはお金もないです。今更レンズ一式など買い替えられる財政もありません.......)

また、私自身が気に入った物は長く使いたい性分なのもあり、懲りもせず同じカメラを入手しました。FA用にMD-15も4年前に入手し、レンズだけ70-300を追加で入手してまだまだFAは現役のつもりでした。MFレンズも20年以上使い続けていますが、まだまだ使えそうですので、FA用に揃えた周辺機器をガラリと別のカメラ用にする気にはなれませんでした。またSONYのデジカメDSC-HX5Vは望遠も光学10倍ではアップも足りず、またシャッターのレスポンスが極悪&連写が出来ず運動会ではスナップ位にしか使えません。未だに我が家では、FAは運動会では現役マシンです。

本当は最新デジタル一眼レフが奇麗に決まっていると思いますが、FAだとフィルム+MFレンズの組み合わせをどうするか?露出をどうするか、絞りは....と色々考えながら写真を撮るのが好きなので、今しばらくはフィルム一眼レフを使って行こうと思います。
900で田浦
先週のネタですが、土曜日にNikonのFAと70~300のレンズの修理の引き取りに西大井のニコンの修理専門店まで引き取りに行って参りました。今回、FAはフレームの変形とレンズ自体も部品が無い為に修理不能との見積もりだった為、引き取りのみで西大井に行くのはつまらないので、久々にCBR900RR:SC28で都内の往復をして参りました。

CBR250R:MC19はフォークの再々メッキも完了して部品が揃っていますが、アウターチューブ&ブレーキローター等の再塗装が終わっていない為、再組立が出来ていません。

ただの西大井までの国道ばかりでは飽きてしまったので、帰りに田浦の倉庫街に寄り道です。
img20121013204246282.jpg

もう廃線状態と思いますが、こちら側のレールはまだ残っています。トンネルの先にはベイスターズの2軍グランドがあります。線路はトンネル内まで伸び、おそらくその昔はトンネルを通りベースまで線路伸びていたものと思われます。写真の反対側は、河川改修?&道路の改修の為かレールが所々剥がされています。
img20121013204302705.jpg

この反対側に平面クロスがまだ奇跡的に残ってました。(人が立っている付近です)
img20121013204314533.jpg

写真を撮るのに人が邪魔なので、平面クロスの写真は次回にします。
img20121013204327028.jpg

この辺りは10年位前までは、入れ換え用のディーゼルが残ってましたが、さすがに今は何も残ってません。線路だけはそのまま残っています。
img20121013204425771.jpg

900に乗るのも出張で不在が続きましたので1ヶ月ぶりです。走行距離は33229kmで、燃費は14.6km/lでした。
img20121013204445774.jpg
900は快調です。シフトのリンクもグリスアップの効果もあり、スコスコギアが入ります。アイドリングも安定しており、キャブの調子も問題無さそうです。
ただし、都内の900での走行、さすがにストレスが溜まりますね.....
東京帰還
2週連続の宮城出張も漸く終わり、東京に戻って参りました。
img20121011203120962.jpg

疲れてブレブレの写真で申し訳有りません。これから山の手線、京急を使い帰路に着きます。

仙台は朝方は気温も下がり、秋まっしぐらといった感じです。
暫くは出張三昧の生活から抜け出せそうです。
こまちで出張
本日は先週に引き続き宮城に出張です。東京駅では隣のホームに古参の200系がまだ現役です。上越新幹線ではまだ走っているようです。
img20121010094943192.jpg

さらに隣のホームでは、ハヤブサが発車して行きます。(iPhoneでシャッターチャンスは狙うのは厳しいですね~、これも失敗)
このはやぶさの車両、まだ乗る機会がありません。
img20121013112707585.jpg

今日乗るのは、速くて指定の取りやすいこまちです。後ろにぶら下がる「はやて」は「はやぶさ」と同じ車両でした。
知っていたら、「はやて」で指定席取りたかったなぁー
img20121010095022156.jpg

初代こまちの車両、やはり窓際は足元が狭いし、パソコンの電源ないからイマイチてす。
img20121010095545391.jpg
帰りは何時になるか時間が読めず、まだ指定席は取ってないので、出来れば「はやぶる」車両に乗ってみたいものです。
SONYのデジカメ修理
先月の海外出張にSONYのデジカメDSC-HX5Vを持って行ったのですが、新品のバッテリーを用意したにもかかわらず、「このバッテリーは使えません」のメッセージが出て勝手に電源が落ちる症状が出て使い物になりませんでした。
img20120327225155618.jpg

3月にストロボの発光時に煙が出て基板を一部直しましたが、たった半年で再び故障してくれました。購入した電気屋経由で延長保証で修理対応をお願いしましたが、1度目のSONYの回答は電源不具合が再現せずとのふざけた回答しか来ないので、再確認を依頼すると、今度は基板の腐食が有ったから交換で12000円掛かるとの回答がきました。

そもそも買って2年で腐食が原因と言うのも、設計の悪さが露呈しているだけで、さらに半年前の修理に異常がなく、半年で腐食が発生する事自体があり得ない状況なのに、メーカー1年保証を武器に品質を無視した企業精神に飽きれるばかりです。
SONYのデジカメ、買ってはいけませんね。

このSONYの品質の無さに裏で手を結ぶかの様な、腐食が原因だと延長保証は認めないと言い張るKジマ電気のシステムも、客に不十分な説明で保証システムに加入させるのも問題です。何の為の延長保証何ですかね?

恐らく、家電製品の故障原因の半分以上は腐食などの接触不良や基板へのダメージだと分かっているから「腐食」が原因と言われた瞬間から保証の範囲外と言い張るシステムのようです。通常の使用状況でたった2年で腐食はあり得ないですし、家電量販店の保証もただの客寄せの為だけの詐欺に近いですね。

いくら価格競争が厳しくてモデルライフが短いデジカメ業界も品質確保とお客様本位の考え方を0から見直して欲しいものです。


と、言う事で出張から帰ってきても、SONYのデジカメ修理の対応と、海外出張前に発生していたNikon FAと70-300の落下の為の修理対応が発生し、CBR250Rのフォークの再組付の時間が全く取れず、こちらは未だにジャッキアップ中です。
Nikonの一眼レフの落下は、本体、レンズ共に修理不能になり、現在中古品を物色中です。
(運動会の最中に、荷物の移動時に誤って子供が落としてしまいました。長いレンズ付きで腰の高さから落としたようで、レンズの根元の絞りのリングが割れ、FAのダイキャストボデーまで変形してしまい、ついに修理を断念しました。証拠にも無く、また同じカメラとレンズを中古で入手予定です。)

最近、物が次々に壊れるのでやな感じを残したまま海外出張に行った為、トラブルに見舞われ無いか心配でしたが、無事に帰って来れただけでも良かったです。

これから東京駅から「こまち」で2週連続ですが宮城に出張です。
はやての最高速
仙台で乗り込んだ「はやて」はE2系でした。最高速度は275km/hの筈、という事でいつものカーメイトのアプリで速度計測です。
福島の手前で前を走る「やまびこ」が退避する前は一旦110km/hまで減速しましたが、福島駅通過後、ジワジワ速度を回復し、福島駅過ぎのトンネル群に到達する頃には275km/hまで速度復帰し、大宮まで大きな減速無しで到達しました。
img20121005200125237.jpg

E2系は設計が古くコンセントがないので、パソコンなどの電源は確保出来ないのは残念ですが、この速達タイプのはやては金曜日の夜は早めに指定席を取らないと座れません。今回も19時代の「はやて」は30分前には満席になる為、モバイルSuicaを駆使して駅に到着する前に、帰れる時間が分かった時点でいつも早めに押さえて乗っています。
この辺りは、のぞみがひっきり無しに来る東海道新幹線との大きな違いですね~
宮城出張
日曜日にパリから帰国して時差ボケの治らない状態で、昨日から宮城に出張に来ておりました。漸く、仙台駅からはやてに乗り、帰宅出来ます。
img20121005191533927.jpg

今週は会社に2日しか出社出来ていません。
その2日間も海外出張の精算手続きで山のような領収書の伝票処理で終わってしまいました。
また、来週も宮城に来る予定ですが.....