プロフィール

なおぴよ4

Author:なおぴよ4
バイクと車、家族の紹介〜

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
1239位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国産車
203位
アクセスランキングを見る>>

訪問者

閲覧者数

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

検索フォーム

なおぴよのブログ
CBR250R、CBR900RR、ノア、アルテッツァのメンテナンスと家族の記録
アルテッツァのバッテリー充電とナビ点検
昨日、バッテリーの充電を14.5Vで5時間程実施し、一晩おいて朝バッテリを装着しました。充電直後は12.9V位を示してましたが、朝車両に装着すると12.79Vです。
この後、20km程走りましたが、走行後は12.65V付近まで低下してました。やはり12.6V位がこのバッテリーの現状の目一杯の充電状態のようです。5年目は電気容量の低下は避けきれないようです。しばらく電圧の計測を継続してバッテリーの交換判断をしようと思います。
img20100124113744280.jpg

試運転中、インパネのナビ付近から樹脂系の軋む音が頻発する為、外して点検しました。インパネR/Fに取り付いている左側のブラケットのボルトが見事に緩んでましたので増締めしました。
img20100124113816292.jpg

インパネ本体の取り付けボルトも確認し問題なかったですが、肝心のナビ本体のビスの取り付け状態を確認すると、殆どのビスで大幅に緩んでいました。
img20100124113854816.jpg

左側もポップアップするメカ周辺のビスがことごとく緩んでいるのにはビックリしました。 
img20100124113911620.jpg

背面のハーネス取り付け部はあまり緩みは無かったです。
img20100124113932789.jpg

ナビのユニットのビスの増締め後、近所を試運転して見ましたが、明らかにナビ付近の樹脂の軋み音が激減しました。ナビのディスプレイの開け閉めと車両の振動などが12年、走行93700km分蓄積すると、さすがに樹脂の締結部は緩みが発生してしまうようです。
img20100124113949071.jpg

アルテッツァもマメに点検しないと異音が出たり調子を崩すような1世代前の車となってしました。車もバイクも古くなると維持が大変ですね.....
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する