プロフィール

なおぴよ4

Author:なおぴよ4
バイクと車、家族の紹介〜

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
1271位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国産車
209位
アクセスランキングを見る>>

訪問者

閲覧者数

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

検索フォーム

なおぴよのブログ
CBR250R、CBR900RR、ノア、アルテッツァのメンテナンスと家族の記録
CBR250Rのメーターメンテナンスと葉山
2月に中旬にふとタコメータのリング部の錆びと硬化してシワシワのスポンジをどうにかしたくて、メーターの集中メンテナンスを開始しました。下はメンテナンス前です。
img20090411202127319.jpg

タコメーターのスポンジやメーターの黒いリング部は既に補給部品は欠品状態なので、仕方なくスポンジはホームセンターで10mmの黒いスポンジと2mmのゴムシートを接着して元の板厚を再現しました。一番苦戦したのは穴開け作業で、追加したゴムシートはスポンジだけでは弱いので剛性アップで追加したのが仇となり、とてもハンドメイドでは加工しづらくて苦戦しました。外形も修正を繰り返しているうちに、予定より小さくなってしまう部分が出たりと、出来は70点でしょうか....
img20090411202147924.jpg

どうせタコメーターをばらしたならついでに、メーターの板金のリング部を外して塗装を剥離してラッカースプレーで再塗装しました。固定している黒クリップも灰色に劣化していたので、こちらは部品がまだ手配できたので新品に交換しました。
ここまでで気が付けば、塗装の失敗続きで2ヶ月掛かってしまいました。最初は錆びを落として洗剤で水荒いしてから直にスプレーで塗ろうとしたら、垂れるははじくは、あげくに乾燥中に落としたりと悲しい位失敗の連続で、スプレーでの塗装の難しさを今更ながら勉強してしまいました。試行錯誤の上、200円の安物ラッカースプレーから、メーター部はつや消し黒、ステーは速乾性のツヤあり黒のラッカースプレーにグレードアップさせるとともに、キチンと塗装の剥離とサーフェーサ、脱脂材も使うようにしたりと、気がつけば補給部品がまだあれば買った方が間違いなく安くなった筈.....
img20090411202214173.jpg

軽い気持ちで同じ黒ならとミラー固定部のステーも錆びていたので、一緒にスプレーで再塗装を始めてしまったのが、更に失敗に拍車を掛けてしまいました。
最終的に、自分で妥協出来るレベルにするのに、たかがステーでこちらも2ヶ月掛かってしまいました。こちらも本日まとめてバイクに取り付けして復帰しました。スピード、タコともメーター内をバラしたついでに掃除しました。樹脂カバーも内側がかなり汚れが付着していたので、一緒に掃除済みです。
今回のメンテナンスで改めて教訓となったのが、ステーのようなツヤを出したい部品は一気に厚塗りは禁物であること、これは嫌という程体験することに....。2月の寒い時期は、バイクは走るよりメンテナンスの時期と決めたものの、塗装はなかなか乾燥しない時期なので向いてません。速乾性のスプレーで薄く数回掛けて塗り、後は単純なステー部のみコンパウンドで磨くのが正攻法でした。
img20090411202229853.jpg

タンクを外したりとバラした部品が多いので、いつものように夕方になってしまいましたが、試運転がてら葉山の森戸海岸までCBR250Rを転がしてきました。ここは学生のころから眺めがよいので、バイクでちょいと海を見たくなった時に来る定番スポットです。森戸海岸からは鎌倉の稲村ケ崎と江ノ島、天気がよければ富士山が見えたはす、今日は夕方ですので江ノ島までは確認できます。
img20090411202251550.jpg

2ヶ月まともに走ってませんでしたが、エンジンはちょくちょく掛けていた為、エンジン等も絶好調です。
img20090411202311887.jpg

葉山周辺で海辺にすぐ面した所を走れるのはこの森戸海岸付近だけでしょうか?
img20090411202328106.jpg

本当は、夕日をバックにCBR250Rの写真を撮るつもりが、走行中エンジン回すとフレームと共振音がするため、よく見るとタンクとフレームの緩衝材のゴムが外れているし....。仕方なく家に引き返して復帰作業をした為、日没に間に合いませんでした。逆にもっと遅くだと鎌倉から稲村ケ崎までの夜景が奇麗なスポットでもあります。江ノ島の灯台の明かりがアクセントになります。
img20090411202344646.jpg

う~ん、簡単な作業ですが、外した部品が多い時はやはり試運転が必要ですね。いきなり長距離のツーリングはやはり危険ですね。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する