FC2ブログ
プロフィール

なおぴよ4

Author:なおぴよ4
バイクと車、家族の紹介〜

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
1648位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
766位
アクセスランキングを見る>>

訪問者

閲覧者数

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

検索フォーム

なおぴよのブログ
CBR250R、CBR900RR、ノア、アルテッツァのメンテナンスと家族の記録
トルコ訪問6
Uskudarの駅から乙女の塔まで歩いて来ました。
180624-251.jpg

乙女の塔は船に乗らないと渡れないのですね......
180624-252.jpg

ボスポラス海峡沿いは、道も歩道も大変な混雑でした。
180624-254.jpg

海沿いは日陰が無く、なかなか暑くて堪えます。レストランなどの飲食店は思ったより少ないイメージです。即席屋台が警察の取り締まりをかいくぐりながら、営業する姿が逞しくも感じました.......
180624-255.jpg

乙女の塔まで20TLです。午前中のAdalarからKadikoyまでのフェリーが7.5TLなのに比べ、入場料込みとしてもぼったくり感が強くて今回パスしました。今でさえトルコ通貨の価値が昨年から下がったとは言え、2015年頃は1TLが50円位でしたので、20TLだと地元の方からすると1000円位な感覚でしょうか〜?
180624-256.jpg

海沿いは混雑するので、Uskudarの街中を散策します。
180624-257.jpg

海沿いのレストランの横を抜けて、市街地を通ります。
180624-258.jpg

Uskudarも海から陸に入ると直ぐに坂道になります。出窓が伝統的な住居が続きます。
180624-259.jpg

少し歩くと、明らかに築後100年以上経ってそうな木造建築が、ポツンと残っております。
180624-260.jpg

朽ち果てるに任せているのが残念なところ.......
180624-263.jpg

近所には似たような木造建築がいくつか残っておりました。
180624-264.jpg

木造建築はどこの国も同じですが、手入れ次第でどれだけ長く住めるか全く異なるんでしょうね。どこの国でも古い物を維持するのは大変だと思います。
180624-265.jpg

ボスポラス海峡に掛かる橋を眺めながら、Uskudarの市街地散策は終了です。
180624-267.jpg

帰りはMarmaray線に乗り、ホテルに戻ります。ボスポラス海峡の地下トンネルは、トルコにとって100年以上前からの悲願だったそうです。
180624-268.jpg

Uskudar駅は出来て数年の為、とても近代的です。若い方の利用客が多かったです。
180624-269.jpg

夕飯はホテルの近くで食べました。日曜日も2万歩歩いたので、夕飯はたっぷり肉を頂きました。これで1人35TL程です。
180624-270.jpg

翌週末に業務を終え、空港に向かいます。
180624-281.jpg

帰りの海峡に掛かる橋が綺麗にライトアップされてます。
180624-284.jpg

アタチュルク空港に到着です。ここはいつても混んでます。
180624-285.jpg

搭乗ゲートが決まるまで1時間以上待ちになる為、案内表示が見えて座れる所を30分程掛けてやっと探しました。
180624-287.jpg

荷物を預けて飛行機に乗るまで2時間半掛かり、漸く乗り込みました。
今回は残念ながら通路側が取れず、成田までの拷問の12時間がスタートです。
180624-289.jpg

やっと成田に到着です。
帰りは、洋画を2本見てなるべく日本時間の昼間の間は起きるように頑張りました。まぁ、何しても疲れますね........
180624-291.jpg

お陰でヘトヘトですが、強制的に体内時計をなるべく最短で戻せるように頑張ります〜〜(;_;)
以上、出張レポ、終了です。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する