FC2ブログ
プロフィール

なおぴよ4

Author:なおぴよ4
バイクと車、家族の紹介〜

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
1648位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
766位
アクセスランキングを見る>>

訪問者

閲覧者数

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

検索フォーム

なおぴよのブログ
CBR250R、CBR900RR、ノア、アルテッツァのメンテナンスと家族の記録
トルコ訪問8
今週末のホテルも先週と同じです。部屋の位置は8階と12階の差だけで同じなので間取りがそっくりです。唯一、ベッドがツインからダブルに変わっています。
180908-005.jpg

本日は、メトロのOtogar駅からエディルネを目指します。9時のバスに乗りたいので少々早起きしました。朝の6時半のレストラン開店に合わせて食べに来ました。
180908-007.jpg

土曜日の朝7時前から食事している人、ほとんどいないのでガラガラです。
180908-008.jpg

まだ日が出て間もないうちに、ホテルを後にします.....
180908-009.jpg

先週下見をしていたのでスムーズにOtogar駅に到着です。現地のスタッフの方から予約は要らないとは聞いており、またメジャーなMetro Busがお勧めとの事でしたので、Metroマークを探して窓口の方にエディルネ行きの乗り場を教えてもらいました。
180908-010.jpg

乗り場のすぐ裏がバス乗り場になってます。でもこれだけバスが並んでいると、どれに乗れば良いのか不安が募ります(;_;)
180908-012.jpg

乗り場はNo.115から118となってます。座席は指定席のようで、これでギリシャ手前にあるエディルネまで230km、3時間の旅がスタートです。230kmが50TLなので約850円、破格です。
180908-013.jpg

正面のバスが2台止まってますが、出発の20分位前にならないと行き先が表示されませんでした。この9時発のエディルネ行きが正解です。
180908-014.jpg

隣のバスは行き先が違うようです。いや〜、分かり辛いですね。
180908-015.jpg

バスの入り口にエディルネの表示が出たので、ドライバーに確認して乗り込みます。
180908-017.jpg

私の座席は1階席でした。座席の前には液晶モニターがあり、映画などが見れます。USBから電源も取れるのでiPhoneの充電をしておきます。
途中飲み物が2回サービスがありました。2回目はスナック菓子も配られました。
180908-018.jpg

イスタンブール側のOtogarとはバスターミナルの事なので、エディルネも街から離れたOtogalで下車になるようです。これも街までどうするか〜??
180908-019.jpg

15分も走ると景色が変わります。市街地はすぐ終わり、すぐ農地が続きます。
180908-025.jpg

左手はマルマラ海に通じるBüyükçekmece湖です。
180908-028.jpg

残り2時間はずっとこんな景色が続きました.......
180908-050.jpg

エディルネの入り口の最後の料金所で警備隊が入って来て、乗客全員の身分証明書やパスポートのチェックがありました。
180908-053.jpg

全員の身分証を警備隊に預け、戻って来るまで15分位掛かりました。パスポートは常に持ってましたが、国境の街であることを自覚させられました。(;_;)
180908-054.jpg

エディルネの街から10km程離れたOtogalに到着しました。さて、ここからはどうするか〜.....
ちょうどイスタンブールから3時間で到着しました。
180908-055.jpg

エディルネのOtogalは高速を降りてすぐの所にありました。でも周りに街に出るバスが何処かわからず.....
180908-056.jpg

とりあえず、帰りのイスタンブールまでのチケット売り場を確認したので、タクシーでエディルネの街に向かいます。
180908-057.jpg

現地のローカルのタクシーは英語が通じず、エディルネの街の中心までiPhoneの地図アプリを見せて何とか通じました......(。-_-。)
180908-059.jpg

エディルネで最初に訪問したのはセリミエ・モスクです。
180908-060.jpg

モスクの手前にはSelimiye Arastalariという市場がありました。
180908-062.jpg

もしや、と思って途中の階段を登ってみると、セリミエ・モスクに繋がる階段でした。市場と直結するほど生活に密着した構造なんですね〜
180908-063.jpg

1574年に完成したそうです。オスマン帝国時代の建築です。
180908-065.jpg

ミナレットと呼ばれる塔が4つ、バランスよく建っています。
180908-067.jpg

入り口から入ると広場があります。
180908-071.jpg

イスタンブールから230km離れており、さすがに観光客も見当たりません。
180908-072.jpg

中央のドームの装飾がとても細かいですね〜
180908-073.jpg

どこを見ても壁の装飾が凝っています.....
180908-074.jpg

いまから500年程前に建てられたにしては、デザインもとても凝っています。その上、補修がキチンとされているんでしょうね〜
180908-076.jpg

ここはイスタンブールのアヤソヒアと違い、地元の方の現役の信仰の地であるのを肌で感じます。建物の何処を見ても古そうですが綺麗なんです。
180908-079.jpg

このモスク周辺には色々な施設があったそうです。地形的にもエディルネの街の中央に位置しています。
180908-080.jpg

2011年にユネスコの世界遺産に登録されたのも納得です。
180908-081.jpg

今回もトルコの訪問では、iPhone7のみで撮影してますが、iPhoneのカメラではこのセリミエモスクの全景を収められません.......
180908-084.jpg

またまた、敷地の中で建物の全体をカメラに収めようと試みましたが、セリミエモスク、建物が大きく入りません......(;_;)
180908-085.jpg

モスクの敷地内にあるTurkish & Islamic Art Museumも見学しました。5TLです。
180908-088.jpg

トプカプ宮殿内の宝物の展示と同じく、オスマン帝国時代の武器から生活内容の展示まで幅広い展示でした。
180908-090.jpg

1453年にイスタンブールに首都が移されるまでの100年ほど、このエディルネが首都だったそうです。
180908-093.jpg

ロの字の博物館の中庭にも展示品があります。
180908-094.jpg

博物館を出て、セリミエモスクの建物をグルッと一周してみます。
180908-096.jpg

塔の大きさを改めて実感、iPhone7はこれが限界です......
180908-097.jpg

イスタンブールのアヤソフィアはモスクとしては使われてなくて博物館ですが、こちらは現役のモスクの落ち着いた雰囲気がします。
180908-099.jpg

エディルネに着いてから初めに立ち寄った市場の上は柵が続いています。上から見ると市場の存在には全く分かりません。
180908-101.jpg

この怪しい出入り口が下にある市場への入り口です。
180908-103.jpg

規模は大きいですが、今も地元の方が普通にお参りする場所、といった感じです。
引き続き、エディルネ市内を観光いたします。つづく.....
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する