FC2ブログ
プロフィール

なおぴよ4

Author:なおぴよ4
バイクと車、家族の紹介〜

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
1648位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
766位
アクセスランキングを見る>>

訪問者

閲覧者数

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

検索フォーム

なおぴよのブログ
CBR250R、CBR900RR、ノア、アルテッツァのメンテナンスと家族の記録
トルコ訪問9
セリミエモスクの後は、お昼を食べる所を探す為に市場を後にして旧市街地を散策します。
180908-104.jpg

イスタンブールに比べるとこのエディルネは街の中心の筈ですが圧倒的に人は少ないです。
180908-107.jpg

歩いて数分の所にエスキモスクがあります。このモスクは1414年完成のエディルネで最古のモスクとの事。
こちらは昼食後に見学します。
180908-110.jpg

ここでもガイドブックとiPhoneの地図を頼りに、食事できる場所を探します。お店、分からないのでガイドブックに載っているお店を目指しているのですが、エディルネの旧市街は道が斜めに交差している場所が多く、若干迷っております.....(;_;)
180908-111.jpg

迷いながら歩いていると、この古そうな建物が気になります.......
180908-113.jpg

これ、ホテルなんですね〜。泊まって見たいですね。
ただ、Kervansarayで検索しても英語版のホームページを見つけられず、トルコ語しか通じないかも.....
180908-115.jpg

ガイドブックに載っているEdirne Ciğercisi Kemal Ustaというお店ですが、この微妙にカーブした旧市街に悪戦苦闘です(´・_・`)
180908-114.jpg

トルコの伝統建築の出窓のお店が結構残っています。
180908-117.jpg

旧市街は古い商店が多く、また活気があります。日本の昭和の頃の駅前の商店街のようです。
180908-120.jpg

30分程地図とiPhoneのGPSを頼りに睨めっこして、やっとガイドブックに載っているEdirne Ciğercisi Kemal Ustaというお店に到着です。(#^.^#)
180908-122.jpg

地元客で賑わっている中、相席をお願いし席についたもののメニューが出てこないので、仕方なく日本のガイドブックを見せて同じ料理を頼んだのがこれです。エディルネは牛のレバーの唐揚げが有名で、このお店は地元でも有名店のようです。
ちゃんと注文してから揚げているようで、揚げたてのレバーの唐揚げはとても美味しかったです。これでコーラをつけて26TL、レート換算して440円程。トルコリラのレートが下がっているので安過ぎますが、現地のタクシーを10分、10km乗って30TLなので、日本の物価からすると現地では1000円近い感覚と思います。
180908-123.jpg

再びエディルネ最古のエスキモスクへ移動します。旧市街のメインストリートを横切ります。
180908-124.jpg

エスキモスクのすぐ手前に少し古そうな建物があります。
180908-127.jpg

こちら、外側には飲食店が入ってますが、中に入るとバザールとなっていて、衣料品などのお店が入ってました。
180908-128.jpg

エスキモスクの正面側です。入り口は横からのようで、グルッと回ります。
180908-129.jpg

写真では小さいですが、ここでも観光用らしき馬車が止まってました。トルコは観光地では馬車が定番なんですかね〜?
Prince Islandsでは馬車だらけでしたが、こちらはこのエスキモスクの前だけ1台だけでした.......
180908-131.jpg

エスキモスクの中に入ります。日本のお寺にお邪魔したかのような、静かさです。
180908-132.jpg

基本的に建物としてはシンプルな四角い敷地に同じ形のRのついた柱が続きます。
180908-138.jpg

天井のドームの飾りがとても細かく、綺麗ですね。
180908-145.jpg

中2階に上がって見ましたが、階段も床も木で出来ており、軋みながらの見物させていただきました。古さを感じましたね〜。
180908-141.jpg

モスク見物を終え、バザール側から見るエスキモスクです。このモスクはあまり大きさも無く、高さもないので目立ちませんが、本来の礼拝の目的で建てられた頃はこのようなシンプルな建物から始まったのでしょうか........、色々勉強になりました。
180908-147.jpg

お次は、再び旧市街を抜けてMeric Bridgeという石橋まで散策してみます。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する