プロフィール

なおぴよ4

Author:なおぴよ4
バイクと車、家族の紹介〜

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
1152位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国産車
185位
アクセスランキングを見る>>

訪問者

閲覧者数

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

検索フォーム

なおぴよのブログ
CBR250R、CBR900RR、ノア、アルテッツァのメンテナンスと家族の記録
西伊豆ツーリング
本日は朝4時起きで早朝ツーリングに行って参りました。行き先は900でGWに来た西伊豆です。
img20140726152208075.jpg

前回900で来た時より、大瀬崎、戸田、土肥と少し大きく回るルートです。自宅からちょうど往復300kmとなるコースです。
img20140726152258070.jpg

朝6時、早川です。
img20140726150818849.jpg

ここで職場のCB400SF君と合流です。
img20140726151052468.jpg

ここまで逗子から小田原まで海沿いに走って来ましたが、早朝で涼しいのでエンジンも好調です。
img20140726151106112.jpg

熱海、宇佐見、大仁を経由して大瀬崎までやって来ました。
img20140726151150326.jpg

ここまで、道が空いていたのでゆっくり走ったりメリハリを付けたりと、早朝ツーリングは気温も上がる前なので気持ち良いですね~~
img20140726151305347.jpg

大瀬崎の海、20年程前に泳いだ事がありますが、魚が泳いでいるのが直ぐに分かる程水が澄んでいます。この大瀬崎で、走行距離は78241kmです。
img20140726151327093.jpg

大瀬崎から南下して土肥の手前で休憩です。
img20140726151359461.jpg

「恋人岬」?と勘違いしましたが、「旅人岬」です。恋人岬もう少し南下した松崎の先にあるのですが、ここも眺めは良いですね~
img20140726151637360.jpg

旅人岬から見た土肥方面です。眼下の海がとても澄んでいます。
img20140726151813401.jpg

戸田方面ですが、湿度が高い為か視界がイマイチです。秋から冬場の空気が澄んでいる時にもう一度訪れたいと思います。
img20140726151844095.jpg

手前の駐車スペースは元々道路のカーブを緩く作り直して際に出来た旧道の名残でもあります。西伊豆は私の知る20年の間で、道路の改良が急ピッチで進みました。
img20140726151927418.jpg

途中修善寺で同僚と別行動となって、再び根府川まで戻って来ました。
img20140726152153758.jpg

喉も乾き、さすがにここまでで走行距離が240km程となり手首も痛くなって来たのでコーラを飲みながら休憩です。11時を過ぎ、気温が高く、さすがにバイクを下りると風が無く、暑さが堪えます。
img20140726152014640.jpg

おそらく、30度を軽く超えていたと思いますが、気温が涼しい時にアイドリングを1400rpm程で少し低めに調整していた為か、帰りの渋滞路で水温が上がり、アイドリングが下がりエンストした為、少し高めに調整しました。
img20140726151949594.jpg

キャブの調整はここまで温度が上がるとさすがにアイドリングの調整が必要なのか、もしくは前回OHしたスタータバルブの閉じ切っていないのか?もう少し温度条件が違う時など、条件を変えて継続で様子を確認するしかなさそう.......
img20140726152037345.jpg

コーラを飲みながら休憩している時に、丁度185系踊り子が来ました。
img20140726152107645.jpg

'81年に登場したので、早くも33年が経ってしまっています。先に211系が淘汰されましたが、この185系もそう長くはないのでしょうかね.....
img20140726152124837.jpg

今回、自宅から西伊豆~湯河原までで燃費は25.3km/lでした。
img20140727072130449.jpg
今回のルートの高低差を見れば一目瞭然なんですが、ガソリンを入れた湯河原までは標高差500m前後の山伏峠と船原峠を3回超えており、この峠越えとそれ以外の戸田~土肥~船原は特にエンジンブン回してワインディングを走りましたので燃費が伸びていませんでした。レッドゾーン付近もエンジン気持ち良く回り、10000rpm以下もパワフルなので、エンジン高温時のアイドリングの安定性以外はキャブのセッティング自体は問題無さそうです。

残りの湯河原~鎌倉~自宅までは真鶴で100mを超えるものの標高差が少ないので当然ですが燃費が良かったです。平坦路でエンジンの回転を10000rpmに抑えて加速し、速度も抑えたのでここ10数年で一番の好燃費となる29.5km/lを記録しました。平地で加減速を抑えて走ると燃費はかなりアップします。
29.5km/lはCBR900RRの通常の燃費の倍走る計算なので、このガソリン高時代にはとてもエコな乗り物です。当たり前ですが、エンジンは小排気量だと燃費がここまで差がでると、250ccクラスのバイクも非力ですが、とても財布に優しい乗り物ですね~
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する