プロフィール

なおぴよ4

Author:なおぴよ4
バイクと車、家族の紹介〜

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
1453位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国産車
239位
アクセスランキングを見る>>

訪問者

閲覧者数

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

検索フォーム

なおぴよのブログ
CBR250R、CBR900RR、ノア、アルテッツァのメンテナンスと家族の記録
900 ハンドルバーメンテ1
GW後半に入り今日、明日と時間が取れたので、前から気になっていたCBR900RRのハンドルバーの錆を落として再塗装致します。ただ、CBR250Rの時と違い、トップブリッジの下にハンドルが付いてますので、フロントフォークを抜く必要があります。かなり大掛かりになりますね~~。
右はキルスイッチ付近に錆が出てます。
img20140504185021714.jpg

左もアルミ部に若干腐食が見られます。そろそろ20年になるバイクは、部品交換ばかりしてられませんので、ある程度部分的な再塗装は必要ですね......。
img20140504185034964.jpg

右ハンドルバーに付いているブレーキレバー、スロットル、キルスイッチを外し、フォークとの固定ボルトを緩めておきます。
img20140504185044919.jpg

左側はチョークレバーも外します。
img20140504185108254.jpg

ジャッキアップしましたが、フロントタイヤやブレーキホースが付いたのままでは、フォークが下に抜ける量が限られているので、更にブレーキキャリパー&ホースのクランプを外し、フロントタイヤも外しました。
img20140504185127887.jpg

やっと右ハンドルバーが外せました。
900に比べて250はハンドルバーを外すのはとても簡単でした。900はとっても大掛かりです。20年前、レプリカが一斉にトップブリッジの下にハンドルバーを付け始めた時は、ポジションがキツくなるな~~.....位にしか思ってませんでしたが、ハンドルバーをいざ外すとなると、とても面倒です。
img20140504185225133.jpg

左もハンドルバー外しました。ジャッキアップが安定感無いので、タイヤを仮組すべく、フォークも元の位置まで戻して仮固定しておきます。
img20140504185237650.jpg

キャリパーは外したままですが、フロントタイヤを仮復帰してジャッキを下げておきます。
img20140504185210005.jpg

今回再塗装予定のハンドル回りの部品です。表側はバー本体に錆が出てましたが、クラッチとブレーキのホルダーも若干腐食していたので一緒につや消し黒で塗ってしまいます。ついでにチョークレバーの取り付けBKTも錆が出ていたので、つや消し黒で塗装します。
img20140504185142380.jpg

CBR250Rは25年経ってからハンドルバーを再塗装しましたが、アルミの腐食がかなり進んでいました。900は19年目ですが、アルミ部はウェイト部の腐食が進んでますが、ハンドルバーの裏側は軽い腐食で済んでます。
img20140504185154857.jpg

いつものグラインダー+真鍮ブラシで錆を落とします。塗装が剥がれ易い所も一緒に剥離しておきます。
img20140504185303112.jpg

表側です。腐食がなく塗装がしっかりしている所は、サンドペーバーで表面を整える程度にしました。アルミのウェイト部は腐食も進んでましたので、念入りに表面を磨いておきました。
img20140504185313760.jpg

裏側も直接見えませんが、ハンドルバーのアルミ部は腐食も殆ど無いので、元の黒塗装の表面を整える程度にしました。
img20140504185346271.jpg

CBR250RもCBR900RRもハンドルバーの本体部は鉄パイプ+黒塗装の為、どうして年数が経つと赤錆で発生してしまうようです。

明日は午前中に再塗装を終わらせ、塗装が乾き次第復帰したいと思います。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する