プロフィール

なおぴよ4

Author:なおぴよ4
バイクと車、家族の紹介〜

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
886位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国産車
146位
アクセスランキングを見る>>

訪問者

閲覧者数

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

検索フォーム

なおぴよのブログ
CBR250R、CBR900RR、ノア、アルテッツァのメンテナンスと家族の記録
CBR250Rで箱根へプチツーリング
昨日は雨で延期しておりました箱根への長距離試運転(プチツーリング)に職場の同僚(CB400SF)と行って参りました。まずは国府津PAに集合です。
今回の試運転の目的は1000m級の高地でのキャブのセッティングの確認です。
img20121118181146111.jpg

国府津PA前の海岸です。天気は良いのですが、少し風が強く、波が高いです。
img20121118181203871.jpg

ちょっと箱根の頂上付近に雲が掛かっているのが気になります。
img20121118181219213.jpg

国府津PAは余りにもライダーが多く落ち着かないので、いつもの根府川駅で休憩にしました。
img20121118181237616.jpg

CBR250Rはここ迄は絶好調です。キャブの油面を上げた(→4気筒の中で高い油面に統一した)のでガソリンがちょうど良い濃さのようです。平地ではスロットル2/3以上、14000rpm付近のトルクの谷もほぼ消えました。
8000rpm~16000rpm付近は特にシャープに吹け上がります。トルクも出ているのでいい感じで加速していきます。
img20121118181257820.jpg

頂上の大観山に到着です。あいにく雲が掛かっており、景色は良くありません。湯河原から椿ラインを下から2/3は6速固定で低回転でのパワーの出方からキャプのセッティングを確認、上の残り1/3はエンジンを回して高回転のキャブセッティングを確認しました。徐々に椿ラインを上りながら、気圧の変化でキャブの状態を確認しながら登って来ました。

結論としては標高1000m付近で14000rpm付近、スロットル:2/3以上で若干カブルようですが、平地でのパワーの出方が理想的で、また1000m級の山地でも12000rpm以下はパワーも十分出ているので許容範囲と判断しました。
img20121118181321279.jpg

我が家のMC19、箱根の大観山に来たのは昨年の10/30ですので、気が付けば1年振りです。
img20121118181352756.jpg

フロントフォークやホイールが再塗装して明るい色になったので、下回りが軽快に見えます?!
img20121118181417250.jpg

走行距離は74869kmです。もうすぐ75000kmに到達です。
img20121118181430970.jpg

今回のルートは海沿いに南下して行きは湯河原まで旧道経由で椿ラインを上がります。昨日の風雨で山間部は路面に湿った落ち葉があちらこちらで残っているので、本日はコーナーは全く攻めずにノンビリ走って来ました。
大観山からは元箱根方面に下って行きましたが、箱根新道の合流地点よりかなり手前から渋滞が始まるなど、紅葉シーズンだけあって大変の混雑でした。
img20121118181500766.jpg

今回のプチツーリングではエンジンをある程度回す走り方もしましたが、燃費は25.2km/lとまずまずでした。昨年の10/30に全く同じコースを同じように走った時は23.2km/lでしたので、燃費も改善し14000rpm以上のパワー改善しているので、油面を調整したキャブセッティングは現状でベストと判断出来そうです。

アッパーカウルのインナーカバーの再塗装後の写真を取り忘れていたので、自宅に着いてから撮影です。インナーカバーは黒の退色が酷かったですが、再塗装で奇麗になりました。つや消しの黒は速乾性が強いのでわざとスプレーを荒く吹きかけ、表面がシボ風にザラついた感じを狙いました。
img20121118181445688.jpg
CBR250R:MC19の重たいメンテナンスは終了しましたので、後は少しずつ腐食した部分の錆び落とし&再塗装を実施していきます。
次週はCBR900RR:SC28のマシンコンディションの確認を兼ねて、走りに行く予定です。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する