プロフィール

なおぴよ4

Author:なおぴよ4
バイクと車、家族の紹介〜

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
886位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国産車
146位
アクセスランキングを見る>>

訪問者

閲覧者数

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

検索フォーム

なおぴよのブログ
CBR250R、CBR900RR、ノア、アルテッツァのメンテナンスと家族の記録
MC19 リアホイールメンテ4
今週末も休みは土曜だけで明日は仕事に行くため、時間の許す限りCBR250Rのリア周りのメンテナンスを実施しました。
先週追加注文したボルト類が揃いましたので、リアホイールの組付けを開始します。今回は、補給品のスプロケットの塗装が磨いただけで剥げて来たのでつや消し黒で再塗装します。スプロケ固定のハブもアルミで腐食しやすいのでクリアで塗装追加し、ボルトとナットも新品ですが、純正品でも腐食が早いのでこちらもねじ部を除いてクリアを追加します。
img20121110211351947.jpg

アジャスター部のアルミのブラケットは腐食しやすいので、今回はついでにクリア塗装を追加します、
img20121110211710165.jpg

今回、アッパーカウルのカバーの退色が酷いので、黒で塗装することにします。樹脂なのでプライマーを下地として先に塗っておきます。(写真は塗装前です)
img20121110211627325.jpg

純正のスプロケもつや消しで再塗装したので、リアホイール周りも7月のメンテナンス前の状態に比べるとホイールのアルミの腐食やボルトの錆が無くなりましたので、漸く納得出来るレベルまでになりました。フロントホイール&フォークを再塗装したので、やっとリア周りもバランスが取れた形です。
img20121110211831583.jpg

ブレーキローターは前回黒に再塗装したので、今回はボルトの新品交換のみです。ボルトの頭はクリアをこちらも追加しておきました。
img20121110211941458.jpg

リアホイールのアクスルシャフトの組付けは広い所でやらないと作業効率悪いです。写真のように狭い所でで作業すると穴位置が探りにくいので、案の定芯出しに苦戦しました。
img20121110212405856.jpg

右側のブレーキキャリパーも組付けはクリアランスが少ないので、コツが要ります。ホイールはクリアーを追加したので表面の艶が断然違いますね~(自己満足モード突入です.....)
img20121110212153322.jpg

チェーンのたるみの調整に時間を取られましたが、すっかり暗くなった所で何とかいつもの佐島まで試運転が出来るまで漕ぎ着けました。(じつはアッパーカウルの内側のインナーカウルは再塗装が間に合わず外したままです......)
img20121110213615032.jpg

フロント周りのメンテナンスの試運転から3週間振りの走行でしたので、エンジンが暖まるまでカブル傾向がかなり強いです。キャブの油面を上げたので、暖まるまでは下のトルクが出ず走りにくいですが、水温が上がり始めれば、全域でエンジンレスポンスは絶好調です。
img20121110214707421.jpg

メインジェットがノーマル#85に対し#88ですが、エンジンが暖まればベストセッティングです。2000rpm付近でも6速で粘って加速していき、また8000rpmからの吹け上がりも今までで一番鋭いです。
img20121110215618684.jpg

エンジンが暖まるまでは2ストのように下がスカスカですが、6000rpm以上はパ~~ンと吹け上がって行くので、かなり高回転にパワーを振ったセッティングになりました。ノーマルは冷間時と暖気後の高回転の両立を狙ってキャブの設定がされていたのでは.....と最近思っており、冷間時でもかなり下のトルクが出ていた前期型のキャブは、高回転は現状に比べるとパンチ力が半分位のイメージでとても弱かったです。
キャブを後期型に載せ変え、バキュームピストンのスプリングを1山半カット(前期用の8mmカット)の組み合わせは、88年式のエンジンの封印を解いたかの様に高回転のパワーの出方が別物になりました。キャブの設定がパワーの出方のカギを握っている事を痛感しました。

この中、高回転に振った味付け、本来のMC19のエンジンの持つ底力なんでしょうかね~
img20121110215658858.jpg

フロントブレーキは、9月に交換したパッドの当たりが漸く出て来たのか、スパッと止まる様になって来ました。また、今日は走行50km未満でしたがフロントフォークのインアーチューブの再々メッキの状態も念の為確認しておきます。
img20121110220321611.jpg

現状、インナーチューブのメッキ剥がれも無く、オイル漏れも無く問題なしです。
img20121110220201253.jpg

走行距離は74758kmです。燃費は短距離でエンジンを色々回したので19.4km/lでした。
img20121110220016184.jpg
キャブの油面調整&同調後長距離を走っていないので、本格的に寒くなる前に箱根や伊豆の1000m級の高地での試運転をしたいと思います。ツーリングを考えると1000m前後での気圧の変化も考慮したキャブのセッティングが重要なので、なるべく早く行いたいと思います。(油面の調整が効いて、高回転でかぶってしまわないか、正直心配です......
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する