プロフィール

なおぴよ4

Author:なおぴよ4
バイクと車、家族の紹介〜

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
1271位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国産車
209位
アクセスランキングを見る>>

訪問者

閲覧者数

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

検索フォーム

なおぴよのブログ
CBR250R、CBR900RR、ノア、アルテッツァのメンテナンスと家族の記録
MC19のフロントフォーク再組付け完
昨日から少しずつ、クリアー塗装や再塗装を進めて来たCBR250R:MC19のフロント周りの再組付けを開始します。フォークのアウタチューブですが、クリアーを吹いたら若干色むらが出てしまいました。元々アウタチューブの再塗装は腐食防止が本来の目的ですので、このレベルの仕上がりで妥協します。
img20121021210612621.jpg

先月組付け作業をしていますので、大分要領は得て来ました。始めにシートパイプとリバウンドスプリングをインナーチューブにセットします。
img20121021210626593.jpg

バックアップリングとブッシュ類をインナーチューブ下端にセットします。
img20121021210655556.jpg

アウターチューブに組付け、下端のソケットボルトを締め付けた後、バックアップリングをアウターチューブに押し込みます。
img20121021210937727.jpg

次にオイルシールを嵌め込みます。ここが一番固いのでお手製の塩ビパイプカット品を使い勘合させます。フォークオイルは少量塗布させてあります。
この後に、Cリングのセット出来るように奥まで押込みます。
img20121021211145837.jpg

次にダストシールと取り付けます。これもしっかり上から押しつけで組付けします。
img20121021211402055.jpg

この後フォークオイルを注入してスプリングとカラーを取り付け、フォークボルトを最後に締め付けてフォークASSYの再組付けが完了しました。今回の再々メッキされたインナーチューブは、メッキ剥がれが再発しないか豆にチェック要です。
img20121021211732186.jpg

9月のブレーキOH時にキャリパーのブラケットのアルミが腐食し始めたので、ついでにシルバーで再塗装しました。
img20121021211420777.jpg

外していたピンとブーツ、スプリングを再セットします。
img20121021211546341.jpg

アルミも腐食が早いので、塗装が剥げてきた部品は早めに再塗装が懸命ですね~
img20121021211641175.jpg

ブレーキロータ部も清掃性の向上とピンの錆び防止でクリアーを追加しました。
img20121021211716123.jpg

1ヶ月半振りにフロント周りが復帰です。フロントホイールだけクリアを追加した状態で、リアホイールは時間切れでクリアは追加出来てません。改めて比べると、クリアーを追加した方が色が濃くなり、より純正色に近づきました。
img20121021211759752.jpg

今回はブレーキキャリパーのブラケット部のシルバーを再塗装したので、ちょっとしたアクセント?になりました。
img20121021211929455.jpg

左側はこんな感じです。スピードメータのギアASSYは24年前のままです。ホイール色が純正色に近づいたのが分かります。大分すっきりしましたね~
img20121021211959346.jpg

試運転も兼ねて、立石海岸までやって来ましたが、すっかり夜になってしまいました。
img20121021212019196.jpg

こちらは江ノ島が見える方角ですが、距離が離れているので良く分かりません......
img20121021212037170.jpg

走行距離は74720kmです。1ヶ月以上走っていなかったので、燃費も伸びず13km/l台です。(燃費悪すぎ.....)試運転なのでエンジンをかなりぶん回して走り回ったので止む無し.....?
img20121021212055757.jpg

1ヶ月以上走っていないと、さすがにエンジンが暖まるまではかなりかぶってしまいましたが、エンジンが暖まってからは明らかに9月のキャブの油面調整後はトルクが3000rpm以上でかなり改善しました。14000rpm以上のパンチも改善されました。
エンジン冷間時の4000rpm以下のトルクと14000rpm以上の高回転のパンチとの両立はさすがに厳しいです。エンジンが暖まれば1500rpm~14000rpmの中低回転域はトルクも十分出ており、現状でベストセッティングです。

肝心のインナーチューブのメッキの状態は今の所剥がれなどは再発していません。次は来週以降で、リアホイールのクリア塗装をぼちぼち進めて行く予定です。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する