プロフィール

なおぴよ4

Author:なおぴよ4
バイクと車、家族の紹介〜

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
2034位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国産車
349位
アクセスランキングを見る>>

訪問者

閲覧者数

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

検索フォーム

なおぴよのブログ
CBR250R、CBR900RR、ノア、アルテッツァのメンテナンスと家族の記録
MC19フロントフォークメンテ10
フロント周りのメンテナンスももう少し.....といきたい所ですが、現状のフロントブレーキのパッドがかなり減ってます。09年2月に走行62000kmでyamashida製に交換しましたが、やはり減りが早かったです。
(パッドの残量、2mmを切っています。1.5mm位??部分的には1mmを切っており、もう少しでローターを削る危険な状態でした。下の写真↓はオリジナルのフロントブレーキASSYです。)
09年に交換した24年前のオリジナル純正パッドを改めて確認すると、純正パッドは3~4以上の残量があり、yamashida製はあまりにも減りが早いということが分かりました。
img20120817225327885.jpg

今年の3月にネットで入手していた中古品(下↓)の方が全体的に状態が良いので、今回マスターシリンダーからキャリパー、パッドまでオーバーホールして載せ変えます。
img20120817223633472.jpg

マスターシリンダーをばらすのにスナップリングが奥で嵌っているので、さすがに専用のプライヤーを渋々購入しました。
img20120817223712980.jpg

交換前ですが、スナップリングがかなり奥まった所に嵌っており、専用のプライヤーを使っても中々外せませんでした......
img20120817223728718.jpg

10分程格闘し、漸く分解出来ました。マスターシリンダーセットは新品に交換します。
img20120817224004385.jpg

再び新品のスナップリングをセットします。
img20120817224019991.jpg

最後にブーツCOMPをセットします。これは押し込むだけです。
img20120817224138828.jpg

キャリパーも分解して清掃しました。オリジナルの74000km走行したキャリパーより錆も少なく、状態が良いです。この中古のキャリパーについていたパッド、純正のNISSIN製でパッド残量も十分です。(ただし、ローターの攻撃性が強そうなので、予備のローターも物色中です....)
img20120817224240947.jpg

キャリパー側も組み立て完了です。問題はフロントフォークの組立です......
img20120817224605141.jpg

先にシートパイプに新品の樹脂カラーをセットします。ついてにリバウンドスプリングもセットします。
img20120817224622462.jpg

フォークの再メッキしたインナーチューブにブッシュ類を新品に交換します。ブッシュは銅テフロン?がかなり剥がれている左側がオリジナルで、右側が新品です。
今回写真を忘れましたが、バックアップリングも新品に交換しています。
インナーチューブにシートパイプを通した後に、最後にオイルロックピースをセットします。
img20120817224637156.jpg

次にオイルシールを新品に打ち換えます。ここで秘密兵器がネットを参考に内径Φ40、板厚4tの水道管用の塩ビチューブです。これはホームセンターで1m買って来て、空いている時間でインナーチューブが全屈状態でチューブより長くなるように320mmの長さにカットしておきました。
img20120817225008181.jpg

この秘密兵器でオイルシールも塩ビチューブの上をハンマーでガンガンに叩く事で簡単にアウターチューブにセット出来ました。
img20120817225023551.jpg

フォークオイルを入れる前に、フォークボルトのO-リングも交換しておき、すぐに蓋を出来るように準備しておきます。
img20120817225100625.jpg

オイルシールの上にダストシールとセットしてフォークオイルをインナーチューブ上端から95mmまで入れ、エア抜きをしてASSY完了です。
img20120817225202807.jpg

この後、ステアリングステムに仮止めまでしましたが、作業途中でアウターチューブにチョコチョコ傷を付けたので、最後に塗装の手直しまで実施して、本日は日没で作業終了です。

明日は三女とプールへ行く約束がある為、プールの前後で空き時間を使い、作業を継続します。盆休みの間にフロントフォーク周りの再ASSYを完成させ、リアのホイールの再塗装までは何とか終わらせたいです。
(塗装する部品を自ら増やしてしまい、挙げ句に失敗が続き再塗装が発生してなかなかフロントフォークのメンテナンスが完成しません。ここまで来ると、フロントホイールだけ奇麗な状態では、どうも試運転するのも何なんで......
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する