プロフィール

なおぴよ4

Author:なおぴよ4
バイクと車、家族の紹介〜

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
1279位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国産車
216位
アクセスランキングを見る>>

訪問者

閲覧者数

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

検索フォーム

なおぴよのブログ
CBR250R、CBR900RR、ノア、アルテッツァのメンテナンスと家族の記録
鉄道博物館3
引き続き鉄道博物館Part3です。クハ181の隣りは20系寝台車です。以前大船工場に保管されていたようですが、懐かしいですね~。小学校時代は急行銀河、学生時代は急行だいせんなど現役時代は既に急行寝台末期でしたが、最後に乗車したのは急行だいせんの座席車(京都→豊岡間)と臨時急行男鹿の寝台車(確か八郎潟→秋田間のチョイのり....)位しかありません
img20111217192735102.jpg

この最後尾の車掌室、独特の丸みの帯びた形が何とも言えません。
img20111217192829101.jpg

ここ、車掌さん用にしては格別の展望だったことでしょう....
img20111217192849117.jpg

その昔、走るビジネスホテルとしてビジネスマンが利用したのでしょうが、今となっては数分毎に来るのぞみ号での移動が当たり前となり、長時間を寝台に揺られて東海道、山陽線を移動するなんで遠い昔のスタイルになっちゃいましたね~。
img20111217192919574.jpg

20系の後ろにはDT23の台車が置かれており、交通博物館時代のそのまま?移設された感じです。昔と変わらず、ノッチ操作で車輪が回る、止まるまでの仕組みが操作出来るようになっています。ちなみに、何キロ出るかやってみましたが、粘って50km/hでした。モーター音が懐かしい~MT46かな?ギア比は4.21??
img20111217192941147.jpg

このエリアは昭和30年代の車両が並んでます。こちらも今では秩父鉄道で奇跡的に残っている101系です。
img20111217192958799.jpg

一斉を風靡したこの運転室とデザイン、西武などデザインを真似する私鉄がかなりありましたね。さすがに通勤用なのでスピードメーターは120km/hスケールです。
img20111217193021002.jpg

通勤電車と言えば、みんな首都圏はこの手の車両ばかりでしたが、今では博物館でないと見れない存在に.....
img20111217193038562.jpg

この天井の広告と路線案内図まで当時物?(復刻版?)を再現して、現役時代のムードを演出しております。
img20111217193056969.jpg

側面の銘版に「昭和32年」の文字が、この車両が101系:新性能電車のパイオニアの証です。
img20111217193126178.jpg

隣りのC51は急に時代が戦前にタイムスリップします。
img20111217193317087.jpg

C51ともなると設計が大正なのか運転室のボイラーの出代が大きいなど、C57とは大分異なります。
img20111217193403310.jpg

このED40、碓井峠用ですが、アプト式時代、50年近く昔に廃止されたシステムですね。
img20111217201059441.jpg

大井川鉄道にあるかも知れませんが、いかにもこの沢山ある歯車、メンテナンスが大変だったのでは.......?
img20111217201124903.jpg

レール下から覗けるのは大正解かも。歯車の構造が良く分かります。
img20111217201147054.jpg
さすがに鉄道博物館は展示車両も多く、ボリュームがあります。Part4に続きます。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する