プロフィール

なおぴよ4

Author:なおぴよ4
バイクと車、家族の紹介〜

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
1279位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国産車
216位
アクセスランキングを見る>>

訪問者

閲覧者数

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

検索フォーム

なおぴよのブログ
CBR250R、CBR900RR、ノア、アルテッツァのメンテナンスと家族の記録
250のキャブ11 スプリング変更 他
昨日、CBR250Rのメインジェット:MJを#90→92に変更しましたが、#92以上だと今の後期型キャブは14000rpmでカブル症状が出てしまいます。#90では16000rpm以上が逆にパンチ不足になってしまい、MJだけのチューニングは限界な為、バキュームピストンのスプリングをいじる事にしました。
前期型のキャブにはΦ0.8の25巻き、135mmのスプリング(上)が付いていましたが、後期型キャブは24巻き、130mmのスプリングが付いています。(下)
img20111023210144683.jpg

すでに、前期型を後期型のスプリングにする事で、5mm短いのですが、それ以上に短くする為に、前期型のスプリングをカットし、スプリングだけ交換します。後期型キャブのスプリングは失敗した時の為に、そのままで残します。
カット量は1山半程の8mm狙いで、全長は127mmです。端末をカットしたままなので、実際は全長の差3mm以上の差が出るものと予測し、まずはカット量は少なめにしました。(一番上は後期型キャブに付いていた全長130mmのスプリングです。)
img20111023210200251.jpg

スプリング交換だけならガソリンを抜かずに作業が出来ます。
でもここまでバラすのでMJ交換と手間は殆ど同じですね.....スプリングカット後、なるべく4本の長さを揃えた為、ちょっと時間掛かりました。
img20111023210213670.jpg

早速いつもの三崎口経由荒崎までの試運転コースです。MJは#92のままでしたが、ガソリンが14000rpmより上で濃い傾向が少し強まりました。4000~14000rpmまではハーフスロットル位までは鋭く加速します。バキュームピストンは多少開度は広がったのかもしれません。ただ、カブル傾向が予測と逆となり、また悩ましい結果となりました。
バックに江ノ島が見えますが、なかなか江ノ島まではキャブのセッティングが納得行かないと距離もある為、行けませんね。
img20111023210229907.jpg

ここは天気が良ければ伊豆半島や、富士山、箱根などが見渡せるのですが、今日は曇りが多く見えません。
img20111023210327090.jpg

帰りもアクセルを色々開けて見ましたが、低速トルクはそこそこあるのですが、どうも高回転がちょっと濃いようなので、午後の合間を縫って、再びキャブのMJを#92→90へ下げる事にしました。
img20111023210344463.jpg

試運転終了後、再びキャブレターを外しました。
img20111023210358380.jpg

#90をセットします。
img20111023210413808.jpg

買い物の後しか試運転の時間が取れなかったので、再試運転後には周りは真っ暗です。先週#90で箱根に行ってますが、その時の後期型オリジナルキャブより4000rpm以上でトルクが若干アップした気がします。
特に8000~14000rpm位まではパワフルです。ただ、15000rpm付近に若干濃いのか引っ掛かる傾向が少し残っていますが、今まででハーフスロットルでの4000rpm~18000rpmでのフォーリングが一番良いかも知れません。ハーフスロットル以上のフィーリングは、もう少し走り込まないと現状がベストなのか中々判断付きにくいです。
img20111023210440212.jpg

走行は72423kmです。
250のキャブは、やはりバキュームピストン自体のゴム硬化、そしてエアクリBOXの吸入量アップのバランスを取るには、スプリングカットは効果ありそうです。
6速で低速トルクも確認しながら走りましたが、低速でカブらず、粘って走ります。ただし、最近、気温が低くなって来ましたが、前期型キャブの時は低速でガソリンが濃かったのか始動直後も普通に走ってました。後期型キャブに載せ換え後はチョークでの始動は問題ないですが、エンジンが暖まるまで2ストのようにボコボコいって吹け上がりが悪いです。本来これが当たり前なのか、エンジン暖まれば低速トルクもあるのでこちらもしばらく様子を見ていこうと思います。前期型が低速で相当ガソリンが濃かった....という事のようです。
次週はもう少し、距離を走り、キャブの設定を確認したいと思います。
ちなみに燃費は21.4km/lでした。スプリングカットした方が燃費アップしている?燃費も継続でウォッチします。
img20111023210511511.jpg

最近、250のキャブ設定で苦戦している為CBR900RRに乗れていなかったので、久しぶりに走って来ました。こいつは何もしなくても速すぎます......
img20111023210532508.jpg

900はの走行距離は32054kmです。250の半分以下ですが、燃費も短距離のみで10.1km/lしか走りませんでした。車検の時にアイドリングとかやたらショップでしてくれたんですかね~。それにしても、燃費250の半分以下なんて......
おそらく、こちらもバキュームピストンのゴム硬化でピストンの動きが悪く、ガソリンが少し濃くなっているかもしれません。低速トルクが900としてはちょっと落ちている気がします。
国内専用のCBR250Rは補給部品はバッサリ切り捨てられていますが、こちらは輸出モデルなので、パキュームピストンがまだ発注できるとよいのですが........
あっても高額なんだろうでしょうけど.....
img20111023210546856.jpg

CBR250Rに比べると、900はハイギヤードなので、エンジンも回せません。250のように町乗り6速巡航は回転が落ち過ぎます。4速位で丁度よい?......
このバイクは本当に、町乗りは向いてませんね~
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する