プロフィール

なおぴよ4

Author:なおぴよ4
バイクと車、家族の紹介〜

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
850位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国産車
128位
アクセスランキングを見る>>

訪問者

閲覧者数

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

検索フォーム

なおぴよのブログ
CBR250R、CBR900RR、ノア、アルテッツァのメンテナンスと家族の記録
250のキャブ4 OH後再調整
木曜日に追加手配したOリングがやっと入荷しました。さっそくCBR250Rの後期形キャブ:VG05ABへの移植、再開です。キャブ本体は再清掃まで完了です。
img20111001221548021.jpg

各ジョイント部のOリングを交換し、エンジンオイルを薄く塗りました。
img20111001221838483.jpg

1と2番、3と4番の間にスラストスプリングがありますので、このキャブ同士を連結する際に忘れないようしないといけません。(私は何処についていたか記憶が怪しい所はオリジナルのキャブを見て確認しながら作業を進めました。サービスマニュアルを見るより現物見る方が早いです)
img20111001221902642.jpg

キャブ単体で油面を合わせたつもりでしたが、連結させるとバラバラでした。
img20111001221913703.jpg

よく比べると、4番キャブのフロートの動きが渋いです。良く良く確認すると、フロートのピン部のキャブ本体側にバリが出てました。他にも2番キャブも少しバリがありましたので、他にキャブのバリも無いか確認しておきました。
img20111001221934051.jpg

油面を8mmになるよう再調整しました。フロートチャンバーの合わせを垂直にしてからそーっと傾けて測定するやり方がサービスマニュアルに指示されていたので、同じようにして1~4番キャブを根気よく油面を再調整しました。
img20111001222005256.jpg

チョーク機構部も組上げ、キャブASSYは取り敢えず完成です。
ひとまず、
 ・油面8mm狙い
 ・メインジェット#85→#95のまま
 ・パイロットスクリュー戻し量 1と5/8回転
(・エアクリBOXは穴追加のまま)
の状態で車両に組み付けました。
img20111001222044443.jpg

エンジンは30秒程で目覚めました。チョークを引くとエンジンの回転が4000rpmを軽く超えるので、チョークも正常に作動出来てそうです。(でも、何気にチョーク引いた時かぶるのでは無く、吹け上がりが良いのが気になってました.....)
そのまますぐに同調調整出来るように、エンジン再始動前に同調用アダプタを取り付け、バキュームゲージ見ながら調整しました。同調アジャスタは、キャブ間を外した際にアジャストスクリュ部のスプリングも外したので、かなりずれてました。
img20111001222114626.jpg

エンジンの同調調整後、アイドリングを確認すると、どうもアクセル戻した時に回転の戻りが大変悪いです。パイロットスクリューの再調整が必要かも.....
img20111001222135126.jpg

15分位の同調調整中もガソリンの漏れなどは無く、やっと少し安心しました。
img20111001222352760.jpg

チャンバーの下部からのガソリン漏れは無さそうです。
img20111001222408077.jpg

またアイドリング付近しか確認出来ていないため、辺りはすっかり暗くなってしまいましたが、試運転に行って来ました。(下記は同調調整終わり、1500rpm以下でもとりあえずアイドリングしている写真です)
img20111001222427225.jpg
2000rpm以下のトルクが薄くなりました。中古で手に入れた後期形キャブはフロート一位置が入手時6~7mmでしたので、かなり油面が高くなると思い、まずはマニュアル通り「8mm」(←測り方、間違っているかも.....)にしたので全域でガソリンが薄めの可能性がありそうです。感じとしては、燃料ポンプやフューエルカットリレーを交換する前の「油面が低くてガソリンが薄い」症状の傾向を強くしたイメージです。パイロットスクリューの戻し量はオリジナルキャブと全く同じ(個体のバラツキはありますが....)なので、違いと言えば油面位置なので、オリジナルキャブの油面位置(たぶんフロート位置で7mm前後)を今回と同じように確認し、8→7mmに再調整しようと思います。

現状、アクセルを開けるとハーフスロットルでの加速は、オリジナルキャブより加速がかなり鋭くなっているようです。15000rpmから上はシュンッと回るようになりました。ただしアクセルをさらに大きく開けるとガソリンが薄い?のか15000rpm前後で加速に息継ぎが出ます。また、アクセルを閉じた後のアフターファイヤーも悪化しているので、全体的にやはりガソリンが薄そうです。

フロート位置をマニュアル通りの8mmだと薄いのか、パイロットスクリューの戻し量が足りないのか?明日、再度調整をするつもりです。オリジナルキャブの設定はアイドリング~低、中回転でのフィーリングは問題無かったので、オリジナルキャブの油面位置に戻してみます。バキュームピストンの動きが良くなった為か、ハーフスロットルで15000rpm~レッドゾーンの吹け上がりは明らかに改善しているので、もう一踏ん張りキャブセッティングをして行こうと思います。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する