プロフィール

なおぴよ4

Author:なおぴよ4
バイクと車、家族の紹介〜

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
1188位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国産車
192位
アクセスランキングを見る>>

訪問者

閲覧者数

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

検索フォーム

なおぴよのブログ
CBR250R、CBR900RR、ノア、アルテッツァのメンテナンスと家族の記録
MC19 キャブ復帰
Web!keで頼んでいたインシュレーターが届きましたので、キャブを復帰します。CBR250Rに仮置きしていたタンク、エアクリBOX、キャブを下ろします。7年前にキャブOH時に交換したインシュレーターですが、キャブの脱着が多すぎたのが、シール部が切れて持ちませんでした。
160504-01.jpg

新品のインシュレーター、Web!ke価格で1個972円します。3000円以上の純正部品手配の時は送料無料なので、最近Web!keにしちゃってます.....(。-_-。)
160504-03.jpg

キャブとの勘合はシールがダメになっていたので簡単に取れましたが、エンジン側はやや固着して外し難かったです。
160504-04.jpg

7年振りのインシュレーター交換です。上は旧品、下は今回購入した新品です。バンドを移植しました。
160504-05.jpg

インシュレーターのシール部にオイルを塗布して滑りを良くしてから、エンジン側に勘合させました。こちらはエンジンのインテーク側と隙が無くなるように組み付ければOKです。
160504-06.jpg

同じようにキャブとインシュレーターとの勘合をさせるのに一苦労........。予想通り、なかなか入りません。体重を掛けてもシール部が入りきらず浮いてしまい左右で、インシュレーターとキャブとの隙が違います。
160504-07.jpg

まだキャブにぐらつきがある為、キャブの上から更に体重を掛けて押し込み、ぐらつきが無くなった状態でキャブとインシュレーターとの隙を確認、奥まで入っていることを確認しました。やはり新品はゴムの弾力があり、オイルを塗布しても入りにくいです......
160504-08.jpg

キャブのスロットルケーブル、チョークケーブルを復帰、さらに燃料チューブも取り付けます。
160504-09.jpg

エアクリBOXも復帰します。インシュレーターとキャブの組み付け位置がちゃんと出ているのか、フレームとの締結ボルトセンターが一致しています。
160504-10.jpg

ついでにエアクリーナーも軽く掃除です......
160504-11.jpg

タンクを復帰してエンジン始動確認です。セルを20秒位回してエンジンが掛かりました。
160504-13.jpg

エンジン暖機前で1000rpmでアイドリングしております。まあ、ひとまずキャブとプラグの組み付けは問題無しのようです。
160504-12.jpg

いつもの観音崎〜久里浜港まで試運転です。
160504a-03.jpg

今回は
 1. インシュレーターからのエアの吸い込みの可能性→新品へ交換
 2. パイロットスクリューの1/8回転の不足(1、4番)
 3. 油面の修正(8→7.5mm狙い)
 4. フロートバルブ点検(そのまま、清掃のみ)
 5. プラグ清掃
を実施しました。どれが要因かまとめて行ったので絞れませんが、1〜3が複合的に効いていたのでは予測しております。
160504a-04.jpg

油面を調整した為か、アイドリングが下がったので調整しました。30分エンジン回し気味に走った後で、信号待ちでもアイドリングが1500rpmをピタッとキープしています。暖機後のアイドリング、かなり改善しました。今の所ふらつきほとんど無しです。
もう少し長距離を走って更に油温、水温が高い状態でアイドリングに問題ないか、継続確認をして行きます。
また、メインジェットやバキュームSPなどは変更していない為、10000rpm以上の高回転のフィーリングも特に変化なさそうです。

走行距離は82306kmです。小排気量の4気筒エンジンは、キャブの調整が900に比べるとシビアなのかもしれません。最近、1年毎ぐらいのペースでキャブを外して点検するペースです。このまま、好調をキープして行きたいですね〜〜(´・_・`)
160504a-05.jpg

最後にスロットルケーブルの遊びが多すぎたので、ホルダー部で調整しました。今更タンク外すのも面倒なので.......(;_;)
160504a-02.jpg

本日は風も強く、車も多いので試運転は短時間で打ち切りました。明日以降で、少し距離を走ってキャブの様子を見たいと思います。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する