プロフィール

なおぴよ4

Author:なおぴよ4
バイクと車、家族の紹介〜

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
1469位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国産車
254位
アクセスランキングを見る>>

訪問者

閲覧者数

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

検索フォーム

なおぴよのブログ
CBR250R、CBR900RR、ノア、アルテッツァのメンテナンスと家族の記録
250のメインジェット交換2
先週、燃料ポンプを交換したCBR250Rですが、高速での16000rpmから先のひと伸びが出来ず、ガスがまだ薄いようでスロットルを開けられなかった為、最後の手段でメインジェットの交換をしました。まずはキャブを外します。(最近、毎週CBR250のタンク外してます.....)
img20110521144920303.jpg

上が今回調達したミクニ用90番のメインジェットで、下はオリジナルの85番のメインジェットが付いた状態です。1個ネット経由で315円でした。
img20110521144938493.jpg

キャブは2年前にバラして掃除した際、チャンバー部もガスケットを交換済みなので、今回は状態を確認して再利用としました。(ガスケットのゴムも弾性が十分有ったため.....)
スロットルケーブルの取り外しが面倒なので、車載のまま、新聞紙を引いてエンジンのシリンダ側に物が入らないようにして作業しました。(手抜きですね)
img20110521144949940.jpg

チャンバー室は殆どゴミも無く、奇麗でした。
img20110521145002759.jpg

GW中に加工したエアクリBOXです。高回転の伸びを狙い穴開け加工を追加していたので、15000rpmから先、燃料が薄くなっていたようです。(燃料ポンプ交換後も症状は変わらず、でした。)
img20110501163633526.jpg

交換後、2年前のキャブOH時はエンジン再始動まで10分以上掛かりましたが、燃料ポンプを新品に交換直後の為か、セルを10秒程回すとあっけなくエンジンが再始動しました。今回はメインジェットのみ交換なので中低速は殆ど影響ありませんでした。
小田原往復の試運転を実施。トンボ帰りをした為、写真撮り忘れました。
16000rpmから先、スロットルを開けた時の伸びは狙い通り復活しました。低速、中速も悪化無く、気持ち吹けが良くなりました。色々部品を換えて来ましたが、費用対効果が一番優れていたのは、今回のメインジェットでした。(手間はかなり掛かってますが.....)
走行は69731kmです。もう直ぐ7万kmです。
img20110521144909599.jpg

エンジンをブン回した為、燃費は21.7km/lでした。丁寧に走ればもっと走れたと思います。エアクリBOXを加工した為、6500rpm付近の谷は消せなくなったかも知れませんが、高回転は気持ちよく回るように成りました。しばらくはこの仕様で様子を見る予定です。

今回、燃料ポンプ交換後のキャブのガソリンを抜いた後の始動がすぐ出来ましたが、2年前にキャブをOHした際はエンジンがなかなか再始動しませんでした。もしかすると、2年前の時点ですでに燃料ポンブの排出量が規定値よりかなり減っていた為、キャブのフロートチャンバーの液面も高速では低めだったのかも知れません。燃料ポンプは馬鹿に出来ない事を今回も痛感いたしました。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する