プロフィール

なおぴよ4

Author:なおぴよ4
バイクと車、家族の紹介〜

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
1170位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国産車
188位
アクセスランキングを見る>>

訪問者

閲覧者数

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

検索フォーム

なおぴよのブログ
CBR250R、CBR900RR、ノア、アルテッツァのメンテナンスと家族の記録
CBR250のレギュレーター交換
昨日注文したCBR250:MC19のレギュレーターが届きましたので、早速交換です。右シートカウルの中にレギュレーターが取り付いてます。フレーム側のコネクターが硬化しており、なかなか外れませんでした。面倒なのでパーツクリーナーをコネクター部に一拭きしたらすぐにコネクターが外れました。(↓オリジナルの新車時から使用している旧品です)
img20110123190509439.jpg

左が品番も外観も別物の新品です。これはかなりの車種で共通?なんでしょうね~。フィンが付く位高温になるんでしょうか?走行中触る事もないのでイメージ湧きませんが、旧品は逆にこれで大丈夫??と思う位密閉されています。
img20110123190956197.jpg

シートレールに熱を伝える為かステンレス?板が一体になってますが、こちらも大型化されています。
img20110123191012126.jpg

総厚みは変わらずなので、中身の電子回路が半分以下に小型化されているんですかね~
img20110123191054234.jpg

コネクターの色は異なります。元々右は白だった筈ですが、23年の年月で黄ばんでいます。黒の方が引き締まって?!見えますね
img20110123191313540.jpg

レギュレーターの取り付け、コネクタの結線が終わったので、早速電圧チェックです。イグニッションOFFで12.91V有ります。
img20110123191512213.jpg

エンジン始動直後、チョークを引いているので2000~3000rpmまで回転数が上昇しますが、オリジナルのレギュレーター旧品のように16Vを超える事は無く、15V以下で安定しています。(写真は14.86V)
img20110123191705658.jpg

面白かったのが、チョークを戻してエンジン回転が1100rpmまで落ちると、逆に電圧が15.1Vまで若干上昇しました。アイドリングの方が電圧が高い......どのような回路なんでしょうか?
img20110123191616178.jpg

走行は67917km、7万kmまであと2000km程です。大体、壊れそうな部品は交換した気がします。あと2000kmはノントラブルで行きたいです。
img20110123191734512.jpg

いつもの東京湾側の試運転コースです。鴨居港まで来ました。対岸の房総半島がとても近くに見えます。
img20110123191745591.jpg

この時期、三浦半島では佐島でもそうでしたが、あちこちで昆布を干しています。(黄色と赤の船の後ろで昆布を干しています)
img20110123191800360.jpg

走行中のバッテリーへの充電電圧がいくつか?分かりませんが、夜にヘッドライトが一瞬明るくなる現象が治まったか確認するには、やはり夜走ってヘッドライトの明るさを確認するしかないかも.....次週以降、夜間にヘッドライトを付けて走ってみます......でもこの時期、夜は寒すぎます。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する