プロフィール

なおぴよ4

Author:なおぴよ4
バイクと車、家族の紹介〜

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
957位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国産車
148位
アクセスランキングを見る>>

訪問者

閲覧者数

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

検索フォーム

なおぴよのブログ
CBR250R、CBR900RR、ノア、アルテッツァのメンテナンスと家族の記録
佐島へプチツー
先日ヤフーショッピング経由でアルテッツァのキーを頼んだ際、今月期限で500Tポイントがあるのを忘れておりました。このポイントを使い、CBR250R用のオイルをヤフーショッピング経由で頼みました。その時の他のポイントを加え、大方、送料650円を賄えた感じです。(#^.^#)

エンジン始動前でオイルの量がHとLの中間です。前回走行から3000kmですが、前回は同じくエンジン始動前でHギリギリ狙いでオイルを入れたので、やはり8万5000km超えのエンジン、オイルの消費が早いです。オイル喰いはヘッドのOHしかしてないのでオイル上がりしていると思います。このMC19だとシリンダ部とミッション部が一体なので、ピストン周りに手を出す=エンジンフルOHとなる為、諦めてます。3000km〜5000km目安で交換としています。

前回、16年8月に交換しており、走行距離が少ないとは言え、シフトフィーリングも少々渋くなってきたので、来週オイル届き次第、交換します。
180520-08.jpg

前回はオイル交換のみだったので、オイルフィルターをレッドバロンで入手、910円でした。
180520-09.jpg

天気も良いのでそのまま佐島まで走ってきました。富士山が見えます。
180520-02.jpg

天気が良いので、海沿いの道はどこも混んでいて走りにくいのですが、佐島は来る人少ないのでお気に入りです。
180520-07.jpg

富士山の雪もだいぶ溶けましたね〜
180520-03.jpg

天気良いので、このまま葉山方面に走ると気持ち良さそうですが、時間切れで本日はここでUターンです。
180520-12.jpg

走行距離86302kmです。エンジン好調ですが、来週時間が取れればオイル交換を行います。
180520-13.jpg

オイル交換の次はプラグ交換ですかね〜〜(。-_-。)
9万km到達前に消耗部品のメンテナンスをボチボチ実施していきます。
アルテッツァ 水温センサー交換
ネッツ店で夕方、水温センサー:EFIウォータテンパラチャセンサーを交換してもらいました。
交換前の写真です。場所はシリンダーヘッドからラジエターに行く分岐部に取り付けられています。
180519-01.jpg

車両後方から見ると、真鍮だった所が見事に酸化した色になってます。
180519-02.jpg

ついでにシリンダヘッド周りを確認すると、後ろのクランクポジションセンサーのオイル染み出し?か汚れが気になります。
180519-03.jpg

インマニ側には、ノックセンサーやインジェクタなどがありますが、特に染み出しなど無しです。
180519-04.jpg

ネッツ店で交換お願いしました。センサーで2400円、工賃7200円でした。ラジエターキャップの高さとあまり変わらない為か、クーラントは補充とエア抜きだけで済むようです。
180519-05.jpg

水温センサーを交換しました。交換後、水温が上がった状態でエンジンの再起動はクランキングも短く、掛かりは改善しました。引き続き、明日も色々な条件でエンジンの始動性を確認していきます。
180519-06.jpg

走行距離は4年目のノアが15万kmで、20年物のアルテッツァは136234kmです。あっさり走行距離はノアに抜かされてます。
180519-07.jpg

今回、3月頃から冷間時&暖気後の始動性がイマイチだったのからスタートし、まずはエアフロセンサーを新品交換しました。
しかし、エアフロ交換後は暖気後のみ始動性がイマイチとなり、最終的に水温センサーの両方を交換しました。
エンジンのセンサー類は調子を崩さない限りネッツ店でも定期的に交換を勧めませんので、20年経っても交換することは少ないかもしれません。プラグやバッテリーが交換済みであれば、この頃の3S-GE等のエンジンの始動性が悪い時は、エアフロと水温センサーが要因となっている場合がありそうですね〜.......(;_;)
アルテッツァ 水温センサー
先週のアルテッツァの冷却水回りの部品交換してもらいましたが、街中をエンジンが完全に暖気するまで走り回ると、相変わらず始動性が悪化してきます。先週、ラジエター&ウォーターポンプ回りと同時交換したラジエター下のテンパラチャディテクトスイッチを交換してますが、所謂サーモスタットスイッチですね。
180513-02.jpg

修理書を見ると83℃と90℃で閾値をもってOn-Offとなり、リレーを介してクーリングファンを回す回路になってました。これはエンジンの暖気後の始動性には無関係ですね。
180513-05.jpg

と、言う事で現状の冷間時は短いクランキングでエンジン始動するのに対し、10分走行後と完全暖気後の30分走行後で徐々にエンジンの温まり度合いに比例してクランキング時間が長くなり始動性が悪化するので、冷却水の温度に依存していると推測中です。
修理書を確認すると、3S-GEにはEFIウォータテンパラチャセンサなるものがエンジンのシリンダー内の水温を直接測っているようです。
180513-03.jpg

水温に反比例して抵抗値が連続的に変化するようです。個人的には症状からしてこの部品が規格値から外れた抵抗値を出しているとしか思えません........(;_;)
エアフロセンサーを新品交換済みですので、次にエンジン温度に依存するセンサーと言えば、この水温センサーしかなさそうです。
このセンサー、ネットで探すと純正で3000円もしないようなので、先週水回りの交換の時にリクエストして決め打ちでネッツで同時交換してもらえば良かったです。失敗しました.......、これって交換時に冷却水漏れる筈なので、抜いたりしないとダメなのでは.......(°_°)
ネッツ店では明らかに液漏れや部品の異常が確認出来ないと作業してくれません。暖気後だけ始動性が悪くなるから一緒に見て欲しいとお願いしましたが、予定の時間内では追加で頼んだオイル交換すらやってもらってなかったので、余程時間に余裕が無かったのか〜?
180513-04.jpg

現状だと、暖気後のクランキング後の初爆がかぶり気味なので、始動時の水温センサーの温度がまだ十分温まっていないとエンジンECUにズレた抵抗値を出して、ガソリンが少し濃いような気がします。(まだまだ推測です)
来週、土曜日に暖気後で始動性の良くない状態をネッツ店で再現して、現認してもらう予定です。水温センサーの異常が見つからなくても、可能性を排除する為に交換必須と考えてます。

先週オイル交換時にオイルの消費が早くなっていると言われたので、エンジン始動前のオイル量をチェック。オイルが完全に落ちきっていたと思いますが、Hiのちょい上位ですね。走行3000kmを目安にオイルの減少量をチェックしていきます。
180513-00.jpg

昨年5月に長女が免許を取得してから、アルテッツァの走行距離が倍になっており、私が運転するときはエンジンをぶん回してシフトダウン時の回転を合わしてエンブレを掛けており、減速時のエンジン内の負圧によりオイルが吸い出されるのも要因と言われているようです。
週末、アルテッツァを運転する時は、MTのシフトアップとシフトダウン時のエンジンフィーリング、ミッションの状態を確認する為、エンジンかなり回します。短距離でエンジン始動も多く、試運転的にブン回す事も多いので13万km超えのエンジンなのでオイルの消費にも悪い方向だったと思います。こればかりは20年物の古いエンジンとなりましたので諦めて、排ガスの状態とオイル量をチェックしながら騙し騙し乗って参ります。(。-_-。)

まずは、エンジンの暖気後の始動性悪化の要因を早く潰したいものです。
日曜午後は天気が悪化しそうなので、今週はバイクはお休みになりそうです......
観音崎 散策
天気が良いので、観音崎周辺を散策して来ました。スタートは馬堀海岸からです。
180512-05.jpg

護岸工事された区間が終わると走水です。
180512-06.jpg

破崎緑地の展望デッキで休憩です。
180512-08.jpg

空気が澄んでいれば富士山は見えますが、今日は良く見えません。
180512-02.jpg

薄っすらと富士山のシルエットだけは見えます。
180512-01.jpg

走水を後にして観音崎の京急ホテルまで移動して来ました。ここでUターンです。
180512-09.jpg

走水の漁港です。対岸は房総半島の富津です。
180512-13.jpg

馬堀に戻って来ました。富士山がかろうじて見えます......
180512-16.jpg

馬堀から往復7km程、11500歩のウォーギングでした。この季節は軽く汗を掻く程度で、良い運動になりました(。-_-。)
アルテッツァ 水回り交換
4月に判明したアルテッツァの冷却水回りの染み出しを直すべく、金曜日からネッツ店に預けておりました。
180507-01.jpg

作業が終わったとの事で引き取りに行って参りました。
180507-06.jpg

冷却水の滲み痕のあったラジエター回りを交換しました。作業中に水温センサーの腐食レベルが良くなく、追加交換となりました。
180507-02.jpg

ラジエター本体で33700円、いい値段します。ホース類、サーモスタットも交換。
180507-03.jpg

ボロボロで朽ち果てていたウレタンも新品です。
180507-05.jpg

今回、ウォーターポンプでの冷却水の滲みがあったので、交換と同時にタイミングベルトも10年振りに交換しました。前回から5万km走行してます。水回りの交換で12万8000円、オイル交換で3300円でした。
っで新たな問題として、前回8月のオイル交換から4000km走行してますが、オイルレベルゲージでHiとLoの間位まで減少していたそうです。距離が13万km、20年物なので、いよいよオイルの量を気にしながら走る事になりそうです。
しばらくはマメにオイルの量をチェックして行きます。オイル上がりが下がりか、バルブシールのゴムあたりの交換は最低必要かも。エンジンのヘッド周りのOHでもネッツ店ではすぐに50万円コースのようです。
180507-04.jpg

走行距離は135935kmです。エアフロセンサー交換後もエンジンの掛かりは暖気後がクランキングが長い時があり、しばらくは様子を見て行きます。いよいよエンジン本体が要因かもしれません。またネッツ店に時間を取ってもらって調査してもらわないとダメかも.....
180507-07.jpg

ただのセダンだったらここまで直して乗ってないでしょうね〜〜、さっさと適当な中古車に乗り換えてます(;_;)

今時、4枚ドアの車で6MTもありませんが、我が家のアルテッツァの軽量フライホイール+TRDクロス+4.5ファイナルの組み合わせは3SGの古臭いエンジンとはいえ、運転が楽しい車です。今売っている86などで同じような仕様に部品交換してまで乗るお金もありませんので、しばらくは我が家のアルテッツァには、土日に私がオイル量を確認しながら平日の妻の足車として頑張ってもらいます。(;_;)
テラスモール
本日、1日子供達の買い物で辻堂のテラスモールに行って参りました。
180505-1w.jpg

同じような10代の娘さん&親で買い物に来られている方が多かったですね〜。我が家は3人分でしたので開店と同時にお店を見て回り、昼食に1時間半掛けた後、試着して納得後に買うまでは午後3時半になっておりました。(;_;)
娘たちは納得の買い物が出来たようで、運転手としては渋滞の中移動した甲斐が有りました。(。-_-。)
西伊豆ツーリング
本日、昨日からの強風は収まってませんが天気が良いので西伊豆までCBR250Rでツーリングに行って参りました。途中、根府川で休憩です。GW後半、天気が良いので途中、西湘BPの大磯周辺の混雑が激しく、国道1号でノンビリ根府川まで走って来ました。
180504-08.jpg

神奈川県内でJRの東海道で木造駅舎、大変貴重な存在になりました。
180504-09.jpg

熱海の渋滞もなかなか抜けるの疲れました。(。-_-。)
旧道の錦ヶ浦で小休憩です。
180504-17.jpg

伊豆半島は、この東側の相模湾側も西側の駿河湾側もどちらも険しい海岸だらけですね〜〜(*^_^*)
180504-12.jpg

岩場に張り付くように建てられているアカオホテル、眺めは最高でしょうね〜
180504-13.jpg

風が相変わらず強いです。CBR250Rは至って快調.....
このまま宇佐美経由で山伏峠を越え、西伊豆の内浦湾を目指します。
180504-14.jpg

長井崎に到着です。富士山が珍しくよく見えます。
180504-01.jpg

92年に長井崎トンネルが開通してから旧道になった為、昔に西伊豆の雰囲気を色濃く残しております。
CBR250Rの向きを反転して、再度富士山との2ショットを撮影します。
180504-05.jpg

富士山の手前にある愛鷹山、10万年前から噴火していないようですが、富士山の裾野に飲み込まれているようです。
180504-02.jpg

この先、西浦経由で真城峠、戸田峠を目指します。
180504-06.jpg

戸田峠の手前、瞽女展望地で休憩です。
いつも、キャブのセッティングを西浦から真城峠:標高500mまでのスロットルを開けて確認します。12000〜18000rpmが全開域でとてもパワフルに吹け上がります。16年5月にインシュレーター交換時のキャブセッティング、メインジェット#90、フロート高さ7.5mm、パキュームピストンSP長126mmで現状、レギュラーガソリンですがフルスロットル加速とても4ストクォータとしてはパワフルで、パワーフィーリングバッチリです。
軽い車重もあり、ワインディング、実に楽しいです〜
180504-25.jpg

折角なので展望台を見物......
展望台までの木の床が所々補修してり、手入れはかなりしているようですね。
180504-26.jpg

戸田峠:標高700mまでの残りの登り、修善寺まで下り、再び山伏峠:標高500mまで登ります。
180504-28.jpg

5月で丸30年となるCBR250Rですが、ロングツーリングでの峠越えも、4000〜10000rpmでグイグイ登り、とても楽チンでした。(#^.^#)
180504-29.jpg

山伏峠から伊豆スカイラインに乗れますが、ノンビリツーリング?!なので今回もパスです。
180504-30.jpg

宇佐美から熱海まで相変わらずの激しい渋滞で体力奪われ、鴨宮のコンビニで休憩致しました。
180504-31.jpg

この先、鵠沼から七里ヶ浜まで、さらに渋滞でさすがGW後半4連休は県外ナンバーも含め車が多すぎます。
後ろから見ていても運転不慣れなドライバーが多く、余計な神経を使い続け、久々のロングツーリング、疲れました。
燃費は3週間前のチョイ乗りも含め湯河原までが21.0km/l、後半の湯河原〜西伊豆〜自宅までが25.3km/lでした。
走行距離86285kmで9万kmまで3700kmです。そろそろオイル交換かな〜
180504-32.jpg

全行程で257km、8時間半は走り応えありました。
180504-33.jpg

西伊豆はショートカット版の内海〜真城峠〜戸田峠のルートでしたが、車が少ない割に富士山の眺めも良く、また車が少なくてGWでも走りやすいです。
三浦半島周辺には無いアップダウン付きのワインディングなので、短いルートでも久々にとても満足出来ました。
180504-34.jpg

次回の西伊豆ツーリングは900で出撃しますかね〜(。-_-。)
箱根湯本 散策
本日はノアで湯本までドライブして来ました。ノアは駐車場に止めて歩いて散策です。
180502-04.jpg

街の中央を流れる早川の周りに大きなホテルが点在しております。
180502-05.jpg

一応平日なんですが、アジア系の外国人観光客がとても多かったです。
180502-06.jpg

2012年に湯本駅はバリアフリー化が完了し、以前の駅舎のあった風景から一変しましたね〜
180502-07.jpg

新しいロマンスカーの垂れ幕が設置された高い天井、観光地の駅舎らしいです。
180502-08.jpg

本日は、早川から須雲川沿いに湯本の温泉街を散策します。
180502-09.jpg

強羅方面から80パーミルの坂を登山鉄道が下って来ました。見たことない塗装ですね......
180502-10.jpg

明日小田原市内で行われる北條五代祭りの予行練習なのか、甲冑を着た方が居ます。
180502-11.jpg

早川を渡り須雲川方面に向かいます。
180502-15.jpg

萬寿福旅館、昭和初期からの旅館だそうです。
180502-19.jpg

独特な建屋ですね〜。
180502-20.jpg

須雲川沿いを畑宿方面へ少し歩いてみます。
180502-21.jpg

車はそれなりの通行量なのに道が狭いです。
180502-22.jpg

滝通りって書いてますが、湯本に滝ってどこにあるんでしょうか?
180502-23.jpg

須雲川沿いに登って行きます。
180502-24.jpg

良くも悪くも昭和の頃から変わっていないのか、道が狭い所が多くて歩道が部分的にしかなく、歩いて散策には不向きです。
180502-25.jpg

どうやら天成園というホテルの中庭に無料で見学出来る滝があるようです。
180502-26.jpg

元小田原城主の別邸があった所がホテルになっているそうです。アヒルやカモがいます。
180502-27.jpg

箱根の溶岩の下の岩の層を染み出して来た伏流水のようです。
180502-28.jpg

湯本にこんな滝があるの、知りませんでした。
180502-29.jpg

その昔、箱根越えをする旅人の喉を潤したそうです。
180502-32.jpg

須雲川沿いに登って来ましたが、ホテル岡田の前でUターンします。この辺りで標高150mほどです。
180502-33.jpg

須雲川沿いに下って行きます。
180502-36.jpg

湯本駅前まで戻って来ました。
180502-37.jpg

ここでロマンスカーを眺めながら用意して来たお弁当を食べて休憩です。
180502-41.jpg

このまま、駐車場に戻り、本日の散策終了です。
駐車場までの往復も含め、8km、12500歩、高低差80m程あり、2時間ちょっとの散策です。高低差があるので、思った以上に足に来ました.......(。-_-。)
いつもは車やバイクで一瞬で通り過ぎてしまう湯本も温泉街もゆっくり歩いてみると、趣のある昭和レトロな良い街でした。
次は泊まりで来たいですね〜(#^.^#)
三崎へプチツー
900は3週間火を入れてないので、時差ボケのリハビリも兼ねて三崎口方面へプチツーに行って参ります。
180501-03.jpg

250は留守番です。900は3週間振りですが、セル1発始動です。
180501-04.jpg

いつもの江奈湾で小休止です。
180501-05.jpg

連休前のトルコ訪問もあり、バイクに乗る時間もあまり無く、相変わらずのプチツーリングが続きます。
CBR900RRは至って好調です。
180501-06.jpg

ちょうど干潮のようです。三浦半島で自然の浅瀬が残る数少ない場所です。
180501-07.jpg

この江奈湾、これと言って特徴が無いですが、自然の海岸線が残る長閑な景色がお気に入りです。
180501-02.jpg

天気が良いので、そのまま三崎港までやって来ました。
180501-12.jpg

平日なんですが、GWの中日なのでこの三崎口周辺の道路も他県ナンバーの車が多いです。
180501-13.jpg

三浦半島は余り海沿いのアップダウンはないので、ワインディングと言えるものはなく、海沿いをノンビリ流すのがベストですね〜(*^_^*)
180501-14.jpg

いつもの荒崎海岸です。
180501-16.jpg

浜大根の花が咲いています。
180501-18.jpg

荒崎海岸も漁船が多く停泊してます。
180501-20.jpg

気温も25℃以上あり、箱根や富士山なの相模湾越しの眺めはイマイチです。
180501-19.jpg

走行距離は38448kmです。20年選手ですが、CBR250Rは10年間通勤マシンだったので距離は倍以上走りましたが、900は土日専門でした。
180501-21.jpg

連休後半は天気が怪しいです。そもそも連休はバイクでも海沿いの国道は何処も混雑が激しいので遠出がしんどいですね〜〜〜(´・_・`)
トルコ訪問2
Brusaは多くのメーカーがあり、大きな街です。
180423-33.jpg

近代的な建物も多く、現地で昼食です。
180423-34.jpg

スープ付きでトルコ料理を頂きました。前菜のサラダがどこでもキュウリとトマトが出ます。量が多すぎです。
180423-36.jpg

肉料理を頂きました。これも私には量が多過ぎです。
180423-37.jpg

街の少し郊外でもう一仕事です。トルコの建築物は、会社が違っても同じ地区の建物は同じコンクリート柱と壁の組み合わせで出来ているようで、作りがシンプルに見えます。
180423-38.jpg

現地のスタッフの運転で移動ですが、制限速度は罰金が安い為か守って走らない車も多いようです。
180423-39.jpg

最近出来たオスマン・ガーズィー橋、通行料が高いそうですが、眺めは良いですね。
180423-41.jpg

マルマラ海にはコンテナヤードなどがあり、商業施設も多いようです。
180423-42.jpg

ホテルの近くで夕食です。
180423-43.jpg

宿は郊外ですが、これで10TL、安過ぎます。
180423-45.jpg

翌日もふた仕事こなして夕方、イスタンブールに戻ります。
180423-52.jpg

行きと同様、チャーターしたタクシーで2時間掛けて空港に向かいますが、長距離の為か、運転手がトイレに寄りたいとのリクエストでSAにピットインです。私は変な所で降りるのが怖く、鍵の掛けられた車内で待っておりました.......(。-_-。)
180423-53.jpg

トイレに行く前は黙々と運転していた運転手ですが、トイレに寄った後はイスタンブールの渋滞も苦ともせず、客にお構いなくハンズフリーで電話をしまくっていました。この辺はお国柄なんでしょうね〜〜(°_°)
180423-56.jpg

帰りは少し時間に余裕はありましたが、イスタンブール市内に行くのは治安も荷物も不安で空港に直行した為、AM1時過ぎの出発時刻に対して4時間も空港に早着しちゃいました。
イスタンブールの空港に到着後、入り口でセキュリティーチェックをスーツケースごと始めに受けます。テロの影響のようですが、警備の人間が多いので逆に安心かも......
スーツケースが邪魔なので速攻でチェックインして預けました。
180423-58.jpg

トルコ料理、どうも私にはあわないので軽い夕飯としてハンバーガーを頂きました。これで32TL、850円ぐらいです。空港内は安く無いですね。日本のマクドナルドの1.3倍位でしょうか、キャベツが時間が経っているのかパサパサでイマイチでした。
180423-60.jpg

ハンバーガーを食べ終わったこの時点で、出発時刻の3時間前なので、どこの搭乗口になるか案内も出ていません。仕方ないので免税店周辺をお土産店を物色.........
お土産、どれも安いな〜っと思っていたら免税品&お土産の店舗は値札が€でした。これは引っ掛け??間違えて高いお土産を買う所でした.......(。-_-。)
180423-59.jpg

搭乗ゲートの表示が出たのが出発時刻の1時間前でした。イスタンブール空港の出発ゲートは電源が3ケ所/ゲート位しかなく、出遅れた私は電源を確保出来ず、パソコンの一仕事で出来ませんでした。(。-_-。)
180423-61.jpg

帰りの成田直行便はイスタンブールを深夜1:30に出て夜19:10に成田に到着しました。
夜にイスタンブールを出てユーラシア大陸横断中の昼間はワザワザ窓のブラインドを閉めて寝る時間にしており、成田に到着時は再び夜になる為とても損な気がしてしまいます。
180423-62.jpg

イスタンブール出発時点で30分程遅れていましたが、そのまま成田到着も30分遅れてしまいました。
180423-63.jpg

結局狙っていた成田エクスプレスは間に合わず、1時間後の便で帰る羽目になりました。
180423-64.jpg

成田発20時44分発の成田エクプレス、高尾と大船に行く6連×2編成で12両なんですが、正直、利益が出ているか?と思うほどガラガラです。
180423-65.jpg

行きの大船始発時もガラガラで貸切状態でしたが、帰りの成田発車時もガラガラです。
隣の第2ターミナルから数人が乗った位で、横浜でほとんど下車しました。
180423-66.jpg

帰りの車内でパソコン仕事するには成田エクスプレスは必須かも知れません。
高速バスではこのスペースと電源確保は無理でしょうし,,,,,
初めてのトルコ訪問でしたが、次回の訪問時はもう少しスムーズな訪問となるようにして行きたいと思います。